2006/1/10

野洲優勝  サッカー(代表)

初めて高校サッカーの決勝戦を見た。高校サッカーにやみつきになりそう、と思った。それぞれの高校の特徴があって、多彩な攻撃があって、そして何より真剣でひたむきだった。

一番日当たりがよく暖かいホーム側バックスタンドに席をとった。ここは鹿実側の応援席。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿実が同点に追いつき喜ぶ観客達。

高校生だから、一度どちらかに流れが行くとそれをなかなか転換することができない。前半は野洲、後半は鹿実。どこかでその流れを断ち切って自分達の有利に運ぶことができれば、もっと強くなると思うのだけど。両校とも得点(失点)か前半後半の切り目でしか、ゲームを引き寄せることができなかった。

90分終わった時には鹿実の方が余力があるように見えた。延長前半耐えて、後半になった時野洲が計っていたように攻撃に出た。これは作戦なのか、最後の攻撃と思い定めてなのかはわからない。DF3番田中が久しぶりに駆け上がって大きなサイドチェンジ。14番乾がドリブル。その後2〜3人つないでゴール!3番は何度も削られて足を引きずっていた。14番は延長前、芝生に大の字になってノビていた選手だ。その二人が走った。

この時鹿実はひとり治療でピッチ外だったから一人少なかった。不運だった。まぁ試合全体としてエースが出場停止だったのも不運だった。

クリックすると元のサイズで表示します
試合終了。喜ぶ野洲イレブンと芝生に倒れこむ鹿実の選手

両チームは表彰式を終えて応援席に挨拶に来る。その後相手チーム応援席にも挨拶する。いかにも高校サッカーらしくていい風景だった。


0

2006/1/9

高校サッカー決勝  サッカー(その他)

始まります。ウラウラと暖かいです。(携帯)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/1/8

成人式  季節

明日は成人式だ。どうも第2週月曜日、というのはよくないよ。9日が休みだということを忘れそうになった。

やっぱり15日でないと成人式!という感じがしない。

スキーやスノボーをする人には楽しい連休かもしれないけれど、私達はあんまり関係ないし。

今からウン十年前の私の成人式。「振袖は着る機会がないから無駄」という母の合理主義で振袖はなし※。成人式も出なかった。冬休みが終わって、大学に戻ったばかりでまた田舎に帰るのは面倒くさい。高校から別の市に行っていたので、成人式に行ってもあんまり会いたい人もいなかった。
※(付け下げや紬の着物、アンサンブルなどは作ってくれた=それも無駄だったけど)

それに当時は今ほど派手に成人式はやらなかったんじゃないかな。私の周りに聞いても成人式に行かなかった人が多い。記念品は質の悪いアルバムだった。多分使わなかった。

横浜の成人式式典は
続きを読む
0

2006/1/7

キックオフマリノスなど  サッカー(マリノス)

本当は今日の高校サッカー準決勝第2戦について書こうと思っていたのだけれど、出かけたら帰りが遅くなってテレビが見られなかった(-_-;)

昨日のtvk「キックオフマリノス」は水沼さん司会者として最後の出演だった。

新しい司会者は鈴木正治氏。すごく緊張していたようだ。チームインフォメーション担当のマリノスクィーンの名前をちゃんと言えなかった。でも新しい「キックオフマリノス」に期待していますよ。

番組の中で水沼さんの現役時代のプレーが沢山流れた。J開幕戦の決勝点の起点となるシュートは良く憶えているよ。日産時代木村和司さんと天皇杯のトロフィーを上げる姿はまぶしい。マリノスでは天皇杯優勝がないからね、余計まぶしく感じる。

アトランタ五輪ブラジル戦の勝利に大喜びしている水沼さんの映像も流れた。あの時、Nさん(マリノスの試合を時々一緒に見る)も行っていたので、姿が映らないかしらと探したけれど、わからなかった。

水沼さんが最後に挨拶した時はいつもの軽妙な語り口でなく、すごく真面目に真摯に抱負を語ったので、コーチに賭ける意気込みを感じた。頑張ってください。

昨日のNHK「スタジオパークからこんにちわ・暮らしのニュース解説」
続きを読む
0

2006/1/6

初雪  季節

買い物に出かけたら、雪が舞ってきた。横浜は昨日が初雪だったらしいが、私は知らなかった。だから、今日が私にとっては初雪。

久しぶりの厳冬だ。空気がしんと冷たい。でも寒さに顔をさらしていると、この寒さは慣れ親しんだものだという感覚になる。こういう寒さで暮らしていた。

木造校舎では教室の板壁の隙間から冷気が入ってきた。寒かった。わが家は家の中でも息が白くなった。指がかじかんで字が書けなかった。

小学校の時、校舎北側の雪がアイスバーンとなって格好の遊び場になった。雪が踏み固められ、少し融けてまた凍ってスケート場(といっても運動靴で滑る)のようになった。始業前、放課後に遊んだ。多分ひと冬だけのことで期間も一週間くらいのことだったと思うけれど、面白かった。校長先生まで滑っていた。のんきな時代だった。

娘の小学校時代、珍しく雪が積もった。
続きを読む
0

2006/1/5

ヒデメール  サッカー(代表)

中田選手の「ヒデメール」に「結婚を決めました」とあって、「え?」と思ったら「すべて冗談です」だって。

ちょっと前のヒデメールで「大きな決断をします」と予告していて、その時家族で「結婚?」「ありえな〜い」というバカな会話を交わしたいたので、「あれっ」とは思ったのだが、やっぱり「ありえなかった」。

でも何故こんなつまらない話を書いたのだろう。中田もよっぽど追い込まれているんだなぁと同情してしまった。

日経新聞のインタビューで「代表の若い選手は自分を出さない、自分の意見を言わない。何を言っても糠に釘、のれんに腕押しという感じ」と言っていた。中田も「今の若いモン」はという年齢になったのかと感無量だよ(笑)。

ここまでの話はまぁほほえましい程度のことだけれど、次の言葉は??だった。

「サッカーは見るよりやる方が好きだし、『なぜ人々がサッカーファンになるかわからない』」=I don’t understand why people are football fans. I don’t like to watch any kind of sport’

こういう人ばっかりだとプロスポーツは成り立たないね。

サッカーは見るよりやる方がずっと面白いというのはよく聞く話なので、それは真実だと思う。

でも見る楽しさもあるよ。人々を熱狂に駆り立てるものがサッカーにはあるよ。そういうことに想像力が及ばない、「見る楽しみ」を持つ人々への共感能力がない。これが彼の一般人への「冷たさ」となって表れている。

下世話な言い方をすると、サッカーファンのおかげで食べているのに失礼な話だよね。





0

2006/1/4

昨年読んだ本  本・文学

昨年はあんまり本を読まなかった。

ベストセラーで言うと、「問題な日本語」くらい。「ダヴィンチ・コード」や「希望格差社会」は一昨年かな。

小説はほとんど読まなかった。幸田真音の作品や「デフォルト」(日銀の債務不履行の話)など、経済小説みたいのを読んだのが私としては新しい傾向だった。証券会社がどんな風に仕事しているのか、全然知らなかったから、まぁ興味深かった。

短い電車通勤の中で読むには新書や文庫がいい。新書は「ヨーロッパ中世史」が比較的多かった。ほとんど忘れてしまったから、再学習。でも読むそばから忘れていく。人名が頭に入らない。地図がそばにないと内容の理解もできない。

最近外国小説を読まなくなったのも、人名が憶えられないからだ。

昨年読んだ本の中で印象に残っているのは「ぼくもいくさに行くのだけれど」と「悪者見参」かな。

今年も新書や文庫が中心になると思うけれど、できれば名著といわれた本を読みたいと思う。頭があんまり呆けないうちにちゃんと読んでおきたいと思うのだ。でも眠くなってしまうからなぁ。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ