2006/1/10

野洲優勝  サッカー(代表)

初めて高校サッカーの決勝戦を見た。高校サッカーにやみつきになりそう、と思った。それぞれの高校の特徴があって、多彩な攻撃があって、そして何より真剣でひたむきだった。

一番日当たりがよく暖かいホーム側バックスタンドに席をとった。ここは鹿実側の応援席。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿実が同点に追いつき喜ぶ観客達。

高校生だから、一度どちらかに流れが行くとそれをなかなか転換することができない。前半は野洲、後半は鹿実。どこかでその流れを断ち切って自分達の有利に運ぶことができれば、もっと強くなると思うのだけど。両校とも得点(失点)か前半後半の切り目でしか、ゲームを引き寄せることができなかった。

90分終わった時には鹿実の方が余力があるように見えた。延長前半耐えて、後半になった時野洲が計っていたように攻撃に出た。これは作戦なのか、最後の攻撃と思い定めてなのかはわからない。DF3番田中が久しぶりに駆け上がって大きなサイドチェンジ。14番乾がドリブル。その後2〜3人つないでゴール!3番は何度も削られて足を引きずっていた。14番は延長前、芝生に大の字になってノビていた選手だ。その二人が走った。

この時鹿実はひとり治療でピッチ外だったから一人少なかった。不運だった。まぁ試合全体としてエースが出場停止だったのも不運だった。

クリックすると元のサイズで表示します
試合終了。喜ぶ野洲イレブンと芝生に倒れこむ鹿実の選手

両チームは表彰式を終えて応援席に挨拶に来る。その後相手チーム応援席にも挨拶する。いかにも高校サッカーらしくていい風景だった。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ