2006/2/6

久保のインタビュー  サッカー(代表)

先週土曜日の「スーパーサッカー」は久保へのインタビューだった。面白かったね。

久保伝説はいろいろあって、スパサカでも取り上げていたけれど、
〜20歳の時、10年後の事を聞かれて「トラック運転手になりたい」〜
は、ほんとすごい発言だ(笑)。今回も「今でもトラック運転手になりたい」。「田んぼもやりたい」。「田んぼをやりながら、運転手。兼業農家だ」。で「あ、免許がない」。聞き手の加藤さんびっくり?!「違反とかいろいろやって」ということらしい。

ハンガリー戦のゴールを忘れているのも久保らしい。

でもACL「城南一和」との試合の印象は強烈だったという。「親善試合じゃ本気じゃないから」「あの試合は気合が違った。本気だった」。やべっちFCでその試合の模様が出たけれど、栗原がやり合っている映像ばっかりだった(>_<)。

(マリサポのますたろうさんがヴェルディサポに招かれた会でACLについてアドバイスしたことは「ACL仕様の武闘派が必要。マリノスの場合は栗原」。)

そういう本気の試合が出来るからW杯に対して強い思いがある。最後の色紙に書いたのは「でたい。」。久保らしく素朴で率直だ。

久保の話は奥選手夫人佐伯日菜子さんのHPにも良く出てくる。

奥ご夫妻の長女カリンちゃんが2〜3歳の頃?の話。久保が「カリンコ、たっちゃんって呼んで」。カリンちゃんが「たっちゃん」、すると手を上げて「はーい」。これを何度も繰り返したそうだ。その様子を想像すると本当におかしい。

アメリカ戦は日本時間の11日。楽しみだ。代表戦も久しぶり。

ところで、友人がドイツに行けることになった。私とは執念が違ったと思う。精一杯応援してきてほしい。楽しんできてほしいと思っている。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ