2006/2/8

ゲド戦記  本・文学

「影との戦い ゲド戦記T」を読んだ。

娘が借りてきていたのだが、返さなくてはいけないというので大急ぎだった。

「影との戦い」を読むのは3度目。

でもほとんど忘れていた。大筋は覚えているけれど、細かいエピソードはほとんど記憶になかった。

ゲドがいつも小動物を連れていたことなんて全く忘却のかなただった。そういえばナウシカが「テト」(だったっけ?)をいつも懐に入れていたね。

宮崎駿さんがベッドサイドにいつも「ゲド戦記」を置いておいて、事あるごとに読んでいた、と言っていたけれど、こんなところにもそれが表れているのかな、と思った。

自然の描写や人物の言葉にも意味が込められている。含蓄があるというか、何度読んでもまた発見がある。ゲド戦記全部に当てはまることだ。

一話として読んでもさりげない伏線がいくつもあって、「ああそうか」と後になってわかったりする。

やっぱり面白い。

続きの第2巻も3巻も読まなくては、と思うけれど、図書館の本は全部貸し出し中。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ