2006/2/16

冬季五輪種目  

パシュートとか、スノーボードクロスとかトリノで初めて知った。長野の時はスケルトンとカーリング。札幌の時はリュージュとボブスレーだったかな。

ウィンタースポーツはオリンピックで初めて知るものが多い。欧米では様々な方法で冬を遊んでいるんだなと思う。

日本の不振は経済的な基盤がないからだと言われている。と言うことは逆に、強い国はウィンタースポーツで食べていけるということになる。つまりウィンタースポーツの層が広くて厚い。

日本は積雪量では世界トップクラスだし、寒冷地もある。ウィンタースポーツを楽しむフィールドはあると思うんだけどなぁ。

地元開催以外で好成績が残せないんじゃつまらない。どうにかならないものかね。ホリエモンも30億円の自家用機を借りるより、弱小スポーツのスポンサーになる方がまだ残すものがあったんじゃないかな(しょせん無理な話だけど)。

今日見ていたスノーボードクロスは面白かったなぁ。今後やる人が増えるんじゃないかと思う。勝ち負けがわかりやすいし、スピードもあり、駆け引きもあり、格闘技もどきのぶつかり合いもある。何より開放的。

スピードスケートのことを「水すまし」と言って顰蹙を買った県知事がいたけど、言いたくなる気持ちはちょっとわかる。同じ所を回るだけだし、室内だし。選手のトレーニングも難行苦行という感じがする。橋本聖子さんも清水さんも岡崎さんもすごくストイック。素晴らしいことなんだけどちょっと息苦しい。

アウトドアスポーツの方が気持ちがいい。気持ちよく滑るし、跳ぶし飛ぶ。
ジムで自転車をこぎながら、スノボードクロスを見るのも悪くないと思った。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ