2006/2/22

インド戦  サッカー(代表)

自転車を飛ばして帰ってきたら、何か疲れた。だから簡単に印象。

最初から、私達なんだか脱力観戦。トリノ五輪の話をしながら、試合を見ていた。

一階席の一番前(前3列は空席)なので、遮るものはないのだけれど、日産の弱点、距離感がつかめない。前半はアウェイ側でプレーしているからホント良くわかんないんだよね。

日本はミスが多くて、ゴール裏の応援団からもブーイングがあった。三都主、加地のイージーミスが目立った。長谷部は頑張ってよく走っていたけれど、パスミスも多かった。

ジーコは「選手が固くなっていた」と言ったようだけれど、相手をなめていたような気がした。緊張感に欠けていたと思うよ。観戦する私も緊張感なかったから選手を責めては悪いような気がするけれど、でも選手はやっぱ緊張感を持ってプレーしなくちゃだめでしょ。

100ゴール目は小野。アウェイ側で遠かったので、キーパーチャージじゃないかと思ってしまった。インドDFひどいミスだね。

後半は5点取ったからいいのかな?久保は全然動けていなかったので、早く交代してほしかった。でも2点取った。ロナウドみたいなものか。

久保の1点目は巧かった。寿人のゴールもボールの受け方、シュートコースとも良かった。

クロスはインドに結構跳ね返されていた。もう少し工夫がほしい。

クロスを入れる以外の攻撃はないのかい?なんて思った。

それと相変わらずシュートのタイミングが遅い。寿人はあと2点、小笠原も1点、長谷部も1点くらい取れたんじゃなかろうか。

小野、小笠原にはよくボールが集まっていた。ゴール裏のブーイングを浴びてから、チームリーダーとしての責任感に目覚めたかのようなプレーぶりを見せたと思う。

でも、こんな調子ではやっぱりワールドカップ予選通過は厳しい。
0

2006/2/22

スタジアム  サッカー(代表)

応援が始まった。ゴール裏以外はまだガラガラ。夜になっても暖かいのでホッとしている。
クリックすると元のサイズで表示します
携帯から
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ