2006/4/30


HP「新横浜界隈」の中のサッカー観戦記を更新しました。「横浜F・マリノス対サンフレチェ広島」です。すぐに書かないと忘れてしまうので、早目に書きました。ガンバ戦はまだ途中です。何とか連休中に書き上げたいと思っていますが。

***************
今日の朝日新聞のサッカー欄は「埼玉ダービー」より「マイク」が大きく取り上げられていた。だから、前に「マイクが得点を挙げたら絶対ニュースになって観客が増えるよ」と書いたでしょ。彼の存在は間違いなくニュースになるんだって。注目の的だ。

あるスポーツ紙は「オリンピックは平山とマイク1m90cm級のツインタワーになる」って書いていた。武藤文雄さんも「単なる高さではない、位置取りの確かさがあっての高さだ」と絶賛していた。

これで狩野がFKを決めたら、また注目だ。だから、ケガしているおじさん選手達、ゆっくり休んでいて下さいね。

いくつかのマリサポサイトを見たけれど、「采配とプレー」について語っているものが多かった。4年目でも結局、放り込みサッカー、パワープレーしかできないのかという批判が多かった。ビルドアップが遅い、攻守の切り替えが遅い、というのは皆一致している。何をしたらいいのか選手がわからなくなっているという強烈な批判もあった。

浦和戦の選手起用、大宮戦の無策、甲府戦の4バックをはじめ、采配のミスを指摘する記述も多かった。「気持ち」「精神力」を言うだけじゃ行き詰まる。

今は若手がチームに活気をもたらしているけれど、もしレギュラーがケガしなかったら、監督は彼らを使ったのだろうか。昨年広島戦で若手がいい試合をしたのに、その後彼らの出番はなかった。選手層を厚くしたのにターンオーバー制は使わなかった。その頃から、岡田監督の采配に疑問を持った。

段々岡田監督がジーコに似てくるよ(>_<)

あと2試合。少しはましな試合を見せてくれるのだろうか。
0

2006/4/29

勝った!広島戦  サッカー(マリノス)

広島は守りを固めてきた。マリノスは圧倒的に押していたのに、先に点が入ったのは広島。さすが寿人だね。

マリノスは少しは連動性が見られた。でも前半途中から、グダグダサッカーになってしまった。狩野くんがセンスあるパスを出しても感じる人がいない。ワンタッチのパスに反応してくれ〜。(狩野贔屓。これを上野がやると、プレーが軽いとか批判しちゃうんだよね)

大島が入ったのは正解。かれは骨身惜しまず走り、ジャンプする。活性化した。

狩野君は疲れたから大島と交代は仕方ないし、FWが増えたら中盤はボールキープできる人(マグロン)が必要なのはわかる。でも私はあの時、代えるのならマグロン!と言いたかったね。

その後、マグロンを交代したら、やっぱり点が入ったでしょ。マグロンはいいパスも出すけれど、基本的にボール持ちすぎで視野が狭いから、リズムを崩す。なまじキープできるから皆マグロンにボールを渡す。そこで、止まっちゃう。(⇒私はどうしてもマグロンがいいとは思えないのだ)

マイクは2点にからんだ。あの高さは脅威だ。試合後サポーターから「マイク!マイク!」とコールされて応えていた笑顔が10代の少年らしく初々しかった。

松田がPKを蹴ったのはキャプテンの責任感だろうと思う。偉い!決勝点を吉田が決めたのはご褒美だ。あんなに走り回った選手はいない。

試合終了の瞬間、GKの哲也が倒れこんだ。DFでも誰かがグラウンドにひざまずいた。みんな必死だったんだな、重圧と戦っていたんだなと思った。試合は吉田が「最悪」と言った通りダメダメだったけれど、選手の頑張りは感じたよ。それと狩野、山瀬弟、マイク、と次のマリノスが少し見えて嬉しかった。
クリックすると元のサイズで表示します
挨拶する選手と拍手で迎える観客(2階席から)
0

2006/4/28

サッカーという名の神様  本・文学

本屋で平積みになっていたので買って読んだ。

スポーツカメラマンとして訪れた世界各地のサッカー風景が描かれている。ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、トリニダード・トバコ、ジャマイカ、日本、韓国、モルディブ、スリランカ、北アフリカ、ケニア、ロシア、オランダ、スペイン、イタリア、イングランド。

幾つかのエピソードは印象に残った。モルディブの小さな島(サッカーではなく島が印象的)。それまではどちらでもなかったけれど、0−6で浦和に負けた時に大宮を応援しようと決意した人の話。

あとイングランドサポーターの話。
続きを読む
0

2006/4/27

バルサ対ミラン  サッカー(代表)

バルサ対ミランの試合があった。LIVEは後半の25分程を見た。0−0でそのまま終了。入ったかと思ったシェフチェンコのゴールは取り消された。それ以外はあんまり印象がなく、インザーキが出てるなとか、カフーが出てきたとか(カフーはいい攻撃を見せた)。両チームとも定規で測ったようなパスを出すなぁといういつもの感想。選手のいる所いる所へスパッスパッとボールが出て、ピタッと止めてまたスパッとパスがつながって行く。うまいなぁと思って見ていた。漠然とした感想しかない。眠かったからね。

その後、録画していた試合の最初だけを見た。選手入場の時のカンプノウはサンシーロに劣らず、きれいだった!大音声のバルサの歌も流れる。こんな雰囲気で戦えるチームは幸せだね。「バルサ」「バルサ」の歌が終わると、今度は格調高いCLテーマ曲の女声合唱だ。ひょっとしたらW杯よりも盛り上がってる?トヨタカップよりは格段にすごいことは間違いない(比較する方がおかしい)。それぞれのホームで試合をするわけだから、第3者スタジアムより盛り上がるのは当然だ。きっとサンドニはこれほどにはならないだろうなぁ。

決勝戦はアーセナルvsバルセロナ。アーセナルは初めて。バルセロナは12年ぶりだそうだ。その時はミランに0−4で敗れたとの事。随分メンバーも変わったろう。私はあんまり外国のクラブチームについての知識はなくて、せいぜいテレビ放送が始まってからになる。その私が知っているバルサだって随分変わった。クライファートとかフィーゴ、リバウド、ルイスエンリケとか。今のチームは多分世界一だと思うので、決勝では絶対勝って欲しい。トヨタカップ(じゃない世界クラブ選手権)に来てね。
0

2006/4/27

体調不良の日  

今日も寒かった。もうじきゴールデンウィークだというのに、どうしたことだろう。

4月13日(木)に今年初めてツバメを見た。コンビニ入り口の古巣に戻ってきた。暖かくなったなぁと思ったのに、この寒さではツバメも辛かろう。

体調不良。いきなり胃腸をやられた。前日まで何ともなく、風邪の症状もない。こんなのは久しぶりだ。何年か前、横浜美術館で、セザンヌ展かゴッホ展をやっていた時。美術館に着く直前に、いきなり腹痛が始まった。展示を見ずに美術館の休憩室でずっと休んでいた。これも原因不明。前の晩のスパークリングワインが良くなかったのでは?と思い、それ以来飲むのが怖い。

その前の酷かったのは美ヶ原高原。この時は原因ははっきりしている。高原牧場の絞りたて牛乳があたったのだ。美ヶ原高原美術館の風景と共に激痛が思い出される。あ〜二つとも美術館がらみだ、今気がついた。

0

2006/4/26

ナビスコ東京戦  サッカー(マリノス)

スカパー739で見た。最初の点は塩川の突破から。中央に送ったクロスは早さといいコースといい見事だった。何故こういう良い選手を使わなかったのかな。2点目は松田のDFとは思えない「巧」なループシュート。ドリブルで持ち上がって(これはいつものことだけど)、今日シュートを打ったあの辺で、いつもスピードを緩めて相手に取られたり、イージーなパスを出してポシャッちゃうのだけれど、今日は違った。思わず「うぉー」なんて声出してしまった。素晴らしいシュートだった。

ガンバ戦の地を這うようなミドルシュートといい、今日のループシュートといい、松田のシュート技術はたいしたもんだ。これから、ミドルシュートの松田と言おう。

でも後半すぐ1点返されたあたりからしばらくは本当に押し込まれた。FK、CKの連続。よく守った。ていうか東京も雑?

だから、決していい出来ではなかった。まだチグハグだけれど、とにかく勝ててよかった。

狩野くんが先発フル出場だった。パスやクロスは若いのに上手だね。奥の調子がいまいちだから、こういう選手は貴重だ。

俊輔がトヨタのCMに出るなんて信じられないことをするから(何考えてんの!)、しばらくは狩野くんを応援することにします(ミーハーひとすじ)。

ところで、ビルバオ対バレンシアの試合を見た。ビジャがハットトリックをした試合と思って見ていたが、前半0−0、後半も30分過ぎまで0−0。ビルバオの方がチャンスが多かったので、別の試合なのかな、と思い始めたその時、DFからの1本のロングパス、足元でピタリを押さえたビジャがDFをかわし、GKの股抜きシュートを決めた。これぞFWというプレーだった。その後立て続けに2点。10分で3点だった。驚き。

こういうFWがいたらどんなに楽だろうか。

この試合にアイマールは出ていない。髄膜炎(?)で入院。もう退院したらしいけれど、大丈夫だろうか。W杯に選ばれるか微妙と言われている。元気になって、ドイツでアイマールの華麗なプレーを見たいと思っている。

そういえばマリノスの狩野くんは「静学(静岡学園)のアイマール」と呼ばれていたそうだよ。

0

2006/4/25

香港  旅・散歩

香港旅行から。マカオです。中国に返還されてから、マカオはとても安全になったとか。観光客でにぎわっています。
クリックすると元のサイズで表示します

霧の香港。割に珍しい風景だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ