2006/4/6

俊輔おめでとう&バルサ  サッカー(その他)

今朝は早くに目が覚めたので、起きてサッカーを見た。

CL準々決勝「バルサ対ベンフィカ」と「セルティック優勝か」。両方を代わりばんこに見た。

後半からだったので、両方とも1−0だった。俊輔を見たいと思い、最初はセルティックを見ていたが、バルサ対ベンフィカの方が断然面白い。

で、結局「バルサ対ベンフィカ」中心に見た。

(でも気になって、セルティックの方にチャンネルを替えてみたら、もう俊輔はいなかった。)

ベンフィカの守備は堅かった。ロナウジーニョもボールをキープできなかった。あのバルサがボールがなかなかつなげなかった(それでもつないでいたけど)。ベンフィカにもう少し決定力があったら、どうなっていたかわからない。

ベンフィカが1点取って引き分けなら、ベンフィカが準決勝進出になる。バルサは1点では安心できない。ヒリヒリするような試合だった。バルサのDF、プジョルなんかすごい緊張感で戦っていた。

セルティックは優勝決まったかな?とチャンネル回して、また戻したら、バルサに2点目が入っていた。なんだよ〜。エトーのゴール見逃した。

セルティックの優勝の瞬間、監督がすごく嬉しそうだった。少し前から、緑の観客席は歌声でいっぱいだった。俊輔は控えめに、喜びを表していた。それにしても40回目の優勝とは、歴史が違うよ。

CL準決勝は、バルサとミラン。これも楽しみだなぁ!

バルサの試合は解説がFC東京前監督の原さんだった。原さんというと、レバノンアジアカップの時も解説だった。ゴールの瞬間「お〜」と言う声が特徴的で、今回もそれが聞けた。というか解説者が誰だか気にしていなかったが、その「お〜」で、「あ、原さん」とわかった。

カンプノウもセルティックパークも超満員。熱狂的サポーターで熱かった。あの雰囲気は羨ましい。選手も幸せだ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ