2006/4/19

ミラン対バルサ  サッカー(代表)

いつもよりちょっと早起きして「ミラン対バルサ」を見た。もう0−1になっていたから、後半の30分くらいを見ただけ。でもロナウジーニョのポールに当てたシュートは見た。

その後、スカパーの再放送とHDD録画を少しずつ見た。

選手入場時のサンシーロはきれいだった。いつもスタンドの赤黒は縦縞だけど、今日は赤、黒、白の横縞だった。発炎筒が焚かれると異様に盛り上がるね。

選手一人一人を映すと、やっぱミランの方が断然カッコイイ。バルサは相当ユニークな面構えが多いよ。

バルサの得点。ロナウジーニョの絶妙の縦パスもすごいけれど、あそこに斜めに走りこんで、無理な姿勢から身体をひねってあの角度、速さのシュートを打つジュリもすごい。うなってしまう。ミランのDF、GKもどうしようもなかった。

それにしても、いつも見ているサッカーとは随分違うなぁと思った。選手が結構自由にボールを扱っている。隙間がある。

Jリーグでよく見るように、前線からボールを持つ相手に厳しくチェックに行き、2人3人で囲むというのではない。バイタルエリアっていうの、その辺りになるとさすがに厳しいチェックになるけれど、それまではかなり自由にボールが回っている。それは、守備側がチェックに行こうにも皆選手がうまくて、サッサとボールを回してしまうからなのか。判断とパスの速度が速いからなのか。

違うなぁと思いながら試合を見ていた。

ロナウジーニョが守備まで戻っていたのが印象的だ。

終わりの方になってマルディーニが出てきたので、あれ?と思ってしまった。まだミランでは現役なのに忘れていた。カフーも終わりの方に出てきた。カフーって、今どうなんだろう?

ミランはいい所まで行くのだけれど、最後の詰めが甘かった。なんで、あれが決まらないの、と思うようなシュートが多かった。

バルサが優位に立った。次のカンプノウが楽しみ。でもミランだってまだまだ可能性がある。

今晩のアーセナルとビジャレアルはまぁどうでもいいや。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ