2006/4/29

勝った!広島戦  サッカー(マリノス)

広島は守りを固めてきた。マリノスは圧倒的に押していたのに、先に点が入ったのは広島。さすが寿人だね。

マリノスは少しは連動性が見られた。でも前半途中から、グダグダサッカーになってしまった。狩野くんがセンスあるパスを出しても感じる人がいない。ワンタッチのパスに反応してくれ〜。(狩野贔屓。これを上野がやると、プレーが軽いとか批判しちゃうんだよね)

大島が入ったのは正解。かれは骨身惜しまず走り、ジャンプする。活性化した。

狩野君は疲れたから大島と交代は仕方ないし、FWが増えたら中盤はボールキープできる人(マグロン)が必要なのはわかる。でも私はあの時、代えるのならマグロン!と言いたかったね。

その後、マグロンを交代したら、やっぱり点が入ったでしょ。マグロンはいいパスも出すけれど、基本的にボール持ちすぎで視野が狭いから、リズムを崩す。なまじキープできるから皆マグロンにボールを渡す。そこで、止まっちゃう。(⇒私はどうしてもマグロンがいいとは思えないのだ)

マイクは2点にからんだ。あの高さは脅威だ。試合後サポーターから「マイク!マイク!」とコールされて応えていた笑顔が10代の少年らしく初々しかった。

松田がPKを蹴ったのはキャプテンの責任感だろうと思う。偉い!決勝点を吉田が決めたのはご褒美だ。あんなに走り回った選手はいない。

試合終了の瞬間、GKの哲也が倒れこんだ。DFでも誰かがグラウンドにひざまずいた。みんな必死だったんだな、重圧と戦っていたんだなと思った。試合は吉田が「最悪」と言った通りダメダメだったけれど、選手の頑張りは感じたよ。それと狩野、山瀬弟、マイク、と次のマリノスが少し見えて嬉しかった。
クリックすると元のサイズで表示します
挨拶する選手と拍手で迎える観客(2階席から)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ