2006/5/9

ブルガリア戦  サッカー(代表)

いつもより積極的で面白いなぁと思いながら見ていた。

ブルガリアは個人技もあり、フィンランドやエクアドルよりレベルが高いと思った。だから、試合が活性化したのだろう。

巻も玉田も意欲的で良く動いていたけれど、空回り気味でもあった。小野と小笠原が入って攻撃が多彩になり、得点は時間の問題だと思った。小野のパスやシュートはさすがだった。

でも、同点になった後、日本の攻撃は沈滞してしまった。後ろでボールを回すことが多くなった。

日本お得意の「ロスタイムサッカー」をブルガリアにやられてしまったわけだ。FKはストイチコフの指導?

それにしてもあの守備じゃまずいんじゃなかろうか。中澤はベストの時に比べるとやっぱり調子悪いよね。精神的なものだとしたら、松田がそばにいた方がいいと思うよ(マリノスファン)。

セルジオ越後さんが言うように、グループの中で一番得点能力の低い日本は守備が命。今さら新しい選手を呼ぶわけにはいかないんだから、しっかりして下さい。

「玉田は当確」という話が試合前に出ていて、スタメンを見たら久保が先発からはずされていた。久保は本命から当落線上に後退したのかと心配になった。そしたら試合後の久保の笑顔。どうなってんだろう。どうなるのだろう。

それにしても村井が気の毒。こんな時に怪我してしまうなんて。大怪我でないことを祈ります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ