2006/5/15

代表メンバー選出  サッカー(代表)

仕事中だったので、外からのメールで久保落選を知った。「普通だったら久保は選ばないでしょう」なんてことを、同僚に言ったばかりだった。「でもジーコだから選ぶだろう」という無意味な楽観があった。

「やむをえない」と思いながら、久保や中澤の心中を思うと悲しかった。

スコットランド戦でちゃんとしたパフォーマンスを見せないと危ないよ、と思っていた。最初のジャンプで久しぶりに久保らしい高さを見せたので、今日は行けるかな?と思ったのもつかの間、相変わらずボールが足につかない。パスが来てもボールを失うことが多かった。途中で腰を押さえるしぐさがあった。やっぱり痛いのかなと思った。

Jリーグ開幕戦とナビスコ東京戦は久保らしいプレーだった。それ以外は全く動けなかった。競らないし、走らない。臆病だった。

W杯を考えて無理しなかったのか、本当に動けないのか、よくわからなかった。

もし選ばれたら、プレッシャーから解放されてケガも恐れず、大胆にプレーするかもしれない、との期待は正直あった。

でももう、みんな空しい思いとなった。

4年前も、俊輔はトルシエの言動やケガの状態から選ばれないだろうとの覚悟はあった。でも実際に発表されると自分でも驚くほど気落ちした。代表は応援したけれど、それ以外の代表にまつわる話題は見たくも聞きたくもなかった。「6月の歌を忘れない」(だっけ?)なんか論外。

久保は前回の落選の時所在不明になったと聞いていたので、今回もショックが大き過ぎるのではないかと気がかりだった。でもインタビューではしっかり話していたので、ちょっと安心した。

マリノスに戻って、03年の鹿島戦、ガンバ戦、そして雨の磐田戦のような超絶プレーを見せてほしいと思う。

サングラスの中澤。コメントが4年前の松田のコメントを思い出させるよ(涙)。

あ〜ぁ、ジーコ後が楽しみだ。何と矛盾した感情に弄ばれた4年間だったろうか。もうすぐ、解放されるのだ。W杯よりもその方が楽しみとは情けないね。

娘は現地時間の15日に発表されるアルゼンチン代表が気がかりのようだ。一次メンバーは発表されたので、今度で全員が決まる。アイマールが選ばれなかったら、暗黒のW杯。イタリアも大変なことになっているし、もし有力選手が欠けるようなことになったら、つまんないな。

ところで、オランダの代表選手、名前が難しい人が多い。
ファンニステルローイやファンデルファール、ファンデルサル、ファンブロンクンホルスト、と来て、極めつけはフェネホールオフヘセリンク(早く言おうとすると息が抜けて最後まで辿り着かない)。水泳のピーターファンデンホーヘンバンドもびっくりだよ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ