2006/5/24

花の植え替え  

ちょっと前まで花がいっぱいだったベランダだったのに、あっという間に花枯れになってしまった。

フリージャやシクラメンはとっくに終わったし、シンビジウムもそろそろ終わり。パンジーはへたってしまった。クレマチスもあんなに咲いていたのに、もう花は一つもない。

咲いているのはゼラニウムとローズゼラニウムとラベンダーのみ。
あ、あとタネがこぼれて芽が出たペチュニアがひっそり咲いている。

夏の花を植えようかどうか迷っている。

ベランダを整理して、すっきりさせようかとも思う。夏になると水遣りをひんぱんにしなくてはならないけれど、出勤前は結構忙しいのだ。

ペチュニア、サフィニアとか最近決まりきった花ばかりなのも、気が進まない理由。

NHK「趣味の園芸」でも立ち読みして、何かヒントをもらおうか。

そういえば、たまたまテレビを見たら「趣味の園芸」をやっていて、ゼラニウムを特集していた。

ゼラニウムは雨に当たると花が傷むそうで、雨のかからない所に置くようにとアドバイスしていた。うちはベランダの一番外側に置いているので、花が柵から顔を出している。確かに、いつも花が真ん中辺りから黒ずんてしぼんでしまっていた。アドバイスに従ってゼラニウムを少しベランダの内側に入れた。すると、大きくきれいな花が咲いたのだ。なるほど、プロの言うことは確かだなぁと思った。

そうだなぁ、バジル、ミント、しそなどハープ系を植えようか。食べられるし、育てる楽しみもあるし。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ