2006/5/26

ジーコジャパンどこまで  サッカー(代表)

今日の朝日新聞に「三者三論 ジーコジャパンどこまで」という記事があった。「三者」は岡田監督、清宮克幸氏、後藤建生氏の3人だ。それぞれごもっともの意見。でも一番共感したのは後藤氏。

後藤氏「3戦全敗でもベスト8でも驚かない」。
まさにその通り!勝つとしたら、ロスタイムサッカーか(笑)。いや、選手の潜在能力とジーコの幸運で勝ち進むだろう。

「日本が4年前と比べ成長しているのは明らかだ。だが、もっと成長し、W杯でかなり活躍できるチームになっていたのではないかと思う。ちょっと残念だ」。これはサッカーを見続けてきた者共通の思いだ。本当に残念でならない。

「『黄金世代』のピークと言える今大会。悪く言えば過去と将来を食いつぶして作られたチームである」

同じ事をトルシエも言っている。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ