2006/7/1

アルゼンチン〜(涙)  サッカー(その他)

アルゼンチンが負けてしまった。

実は延長後半に入ったところで、胃の調子の悪さや眠気で気分が悪くなってしまった。限界だった。見るのをやめて寝た。

家族は見ていたけれど、しばらくして静かに部屋に引き上げた。「あ〜負けたんだなぁ」と思った。(後で聞いたら、カンビアッソがPKが失敗した瞬間、泣いてしまったそうだ。日本代表が負けたときより700倍悲しいというが、・・中途半端な数字だ)

朝、録画を早回しで見た。PK戦負けか。PK戦に入れば、第一キーパーが負傷退場したアルゼンチンは不利に決まっている。仕方ない。

アルゼンチンは2点目が取れなかったのが痛かった。「打て〜」というタイミングで打たなかった。リケルメは球離れが悪かったし、クレスポへのマークは厳しかった。テベスは周りとの連携がイマイチだったけれど、ボールを持つと3人くらいに囲まれてしまうから、それも仕方ないのかな。守備にも奮闘していたね。

リケルメの交代とか、クルス投入とか、よくわからない采配もあった。

クローゼの膝蹴りはわざとじゃないけれど、結果として、これが一番効いた。

そして何と言ってもホームアドバンテージ。これはどうしようもない。審判がドイツ寄りになるだろうし、応援もすごい。ドイツ有利と予想していたのは地元の利があるから。アルゼンチンもメキシコ戦を見ると、攻撃が湿りがちだった。

この結果はだから必然だったかな。がっかりだけれど。

試合後もめていたのは何だったのだろう。

次はドイツーイタリアか。イタリア頑張れ〜。といいつつ、応援に力が入らないよ。アルゼンチンは一番応援していたから。
0

2006/7/1

ドイツ寄り審判  サッカー(その他)

延長に入った。ハラハラして興奮しつつ、一方で眠気とも戦う変な感じ。

やっぱり審判がドイツ寄りだ。「ドイツが韓国に見えてきた」と家族。
アルゼンチンはGKが負傷退場したのが誤算。フィールドプレーヤーの交代が一人分少なくなった。

でもアルゼンチン、頑張れ〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ