2006/7/2

ビートルズ来日40周年  音楽

ビートルズ来日40周年だそうだ。

あの日、1966年6月29日。ビートルズは台風の影響で羽田到着が遅れた。アンカレッジ経由だったと思う。到着は午前3時。

私は毎日6時29分初の電車に乗るので、もう起きていた。NHKの6時のニュースでビートルズ来日の映像を見た。折角ハッピを着て、飛行機から降りてきたのに、朝早いのと厳重警備でファンはいなかった。

高校へ着くと、いつもより朝の職員会議が長かった。朝のHR、担任教師が真っ先に言ったことは「今日ビートルズが来たようだが、東京には出かけないように」。

あの頃の大人というのは本当に頭が固くて、「若者文化」など認めていなかった。

公演はテレビ(日テレ)で見た。茶の間で見ていたら、急な来客。うちのテレビは隣の部屋に置いてあって、ふすまを開けて茶の間から見るようになっていた。で、テレビは回転台の上に置いてあったので、台を回転させて、ふすまを閉めれば来客があっても、隣の部屋でテレビを見ることができる。

その部屋で、妹と二人で見た。

当時日本で一番売れていた「ロックンロールミュージック」から始めたのは日本のファンへのサービス。でもまだあんまりビートルズの曲を知らなかったので、知らない曲が半分くらいあった。選曲が地味だったと思う。

翌日学校では「ビートルズの公演」の話で持ちきりだった。ところが、行田市の友人たちは停電事故が起きて見られなかったそうだ。
(行田市は昨日昼頃のテレビでジャニーズの「嵐」が訪問していたね)

当時日曜日に徳川無声とか、サトウハチローとかご意見番みたいな人達4人が時事問題や世情についていろいろ語り合う番組があった。
続きを読む
0

2006/7/2

イングランド  サッカー(その他)

ベッカムもルーニーもフィーゴもいない中で、PKが始まった。

イングランドの守備をほめるべきなのか、ポルトガルは一人多いにもかかわらず、攻め手を欠いた。

両チーム、選手は良く頑張っていたと思うけれど、決定力不足。見ていて歯がゆかった。

2日続けてPK戦とは、疲れてしまう。試合の決着がPK戦というのはせつないし辛い。

ランパートとジェラートが失敗。奇策に出た選手(名前?)が失敗。

今、C・ロナウドが決めた。ポルトガル勝利!

(これを書き始めたときはPK戦前。題名を「イングランド」としたのはイングランドが敗れるような気がしたから)

8年前のベッカム退場、PK負けがダブる。イングランドはランパート、ジェラートのビッグネームがPK失敗してしまったのだから、どうしようもない。

次、デコがもう一度見られるわけだ。私の予想の一つがはずれた。ベッカムの負傷交代とルーニーの退場は予想外だった。ルーニーは戦犯扱いだろうか。

イングランドサポーターが今夜は暴れるだろう。ドイツ警察頑張ってください。

ブラジルーフランスは到底無理。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ