2006/7/22

久米宏のジーコ番組  サッカー(代表)

JFA推奨番組ですか。JFA検閲番組ですか。

久米宏も批判精神を失ってしまったのか。仕事がないのか。

何も鹿島アントラーズ創設の話をすることはないじゃないか。ジーコジャパンの話だろう。他に話がなかったのか。

あきれるばかりの内容だった。今のテレビではこんな番組しか作れないのか。テレビは無用の箱だね。

ジーコジャパンの真実なんて、鈴木通訳の話を聞くんじゃ、たいした話は聞けないよ。まぁその中でも幾つか。

小野を送り出した時に、何の指示もなかったということ。選手の受け止め方はそれぞれ違った。そして、あの混乱が起きた。

俊輔は発熱のため、出場辞退を申し出たこと。発熱の俊輔の方が他の選手よりもいい、とジーコは判断したのだ。あきれるね。

柳沢がシュートをはずした時。鈴木通訳もショックを受けた、何故あれが入らないんだ、自分だったら簡単に入れるのにとジーコは嘆いた、と言う。久米さん、ここで黙っていたらいけないよ。はずすのは柳沢だから。シュートが決まらないのは今に始まったことじゃない。しかも、骨折上がりで、1試合もしないで代表に選出された。足痛で直前のマルタ戦も出場を回避している。

そんな選手を選んだジーコに責任はないんですか?と久米宏は何故聞かない?決定力を求めるのなら、せめて佐藤寿人を選べ。

そして、相変わらず「がんじがらめのトルシエ」「選手の自主性のジーコ」。このせりふの出てくる番組や記事はそれだけで駄目。

オシムジャパンが発足した。相変わらずこんなスタンスのスポーツ報道やこんな報道しか許さないJFAじゃ、日本のサッカーの将来は暗い。オシムさんが「暗黒ジーコ時代が終わって差し込んできた一筋の光」ではあるのだけれど、そのオシムさんの足を引っ張るのではJFAの体質とマスコミだろうと思う。

追記:鈴木通訳の話が聞けて面白かったという意見も読んだ。そういう意見を読むと、私はジーコジャパンに対してすっかり関心を失っていたんだなぁと改めて感じる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ