2006/7/23

ひどすぎる福岡戦  サッカー(マリノス)

久しぶりのマリノスなのに。久しぶりのホームなのに。

退屈極まりない試合だった。まったく、何やってんだか。ふがいない。

ゴール裏の応援は、Jリーグ中断後最初のホームゲームだから、力が入っていた。だから終了後のブーイングは激しかった。

私だって、岡田監督が引っ込む時、「おかだぁ、ちゃんと仕事しろよ〜(W杯ばかり見てないで!)」と叫びたくなった。

「この1ヶ月何をしとったのかね」
7月19日の記事。安西先生のせりふ。

パスミス。シュートチャンスにすかす。クロス不正確。CK・FKはそれなり数があったのに、ことごとくはずす。ミドルシュートは宇宙開発。ゴールの枠がどこにあるかわかってないんじゃないの。およそシュートが入るように思えなかった。

もう感想を書く気にもならない。写真もあんまり撮らなかった。いいシーンがないんだもの。

久保もいつになったら、復調するんだか。(久保の尊敬する)奥が戻れば元気になるのかなぁ。

マリノスの選手よ。C・ロナウドとは言わない。でも永井雄一郎ぐらいのドリブルは見せてよ。今日スタジアムを沸かせたのは福岡・中村北斗だろ。

もう気持切り替えて、若手中心に行ってほしい。おじさんチームで負けたり引き分けたりするなら、若手の生き生きしたプレーを見たい。今日出場の狩野君もマイクももっと大胆に勇気を持ってプレーしなさい。ひたむきに。

ブーイングの中、松田は一歩前に出てサポーターに挨拶した。ふがいなさをきちんと受け止めていると考えたい。
0

2006/7/23

日本女子サッカー勝利  サッカー(代表)

日本対中国の試合を少し見た。すでにリードしていた。

全体的に遅く、パスもあんまり正確ではない。クリアボールがことごとく中国選手に拾われるのも問題。もったいないよね。
でも一生懸命見てしまった。

強豪中国に一歩も引かない戦いぶりだった。中国の選手は背が高くて、ごつい。身長差15cm位じゃないかと思った。

日本は1点を守りきって勝った。97年以来9年ぶりの勝利だそうだ。よく頑張った。

A組1位で通過して、27日に準決勝。勝てば中国でのW杯出場決定。負けると3位決定戦へ回る。ここで勝って3位になると、北中米カリブ地域3位とのプレーオフに回る。これに勝って初めてW杯出場となる。やっぱり27日に勝つことが何よりだ。

※追記:準決勝の北朝鮮対中国で中国が勝った場合、日本が3位決定戦で回っても3位以上が確定だそうだ。3位決定戦で勝てばW杯出場、負けてもプレーオフらしい。中国がホスト国で無条件で出場が決まっているからということらしい。

頑張れ、なでしこジャパン!
0

2006/7/23

体力勝負のイタリア旅行  旅・散歩

今回のイタリア旅行の目的は「ウフィッツィ美術館」だった。ずっとあこがれていた。行きたかった。

同行者(兼保護者)の希望はベネツィアとカプリ泊。でこのツァーを選んだ。が、きつかった。連日30度以上時には35度という猛暑、日程もきつかった。「合宿のような旅行」と若い参加者も言った。

現地到着まで24時間。家を午前6時前に出て、ミラノ着が現地時間24時(つまり日本時間午前7時)。飛行機で眠れない私は完徹したことになる。これが大きなハンデになった。

そして、ベネツィア。その日は途中ヴェローナに寄り、まず見学(運転手の休憩時間のためか?)。このヴェローナはカットして、ベネツィアをゆっくり見たかった。

その後ベネツィアへ。ベネツィアはバスが入れない。ジェット船でサン・マルコ広場近くの船着場へ。この船が蒸し風呂だった。船酔いする人、頭痛を起こす人が出る(この段階では私は元気)。船着場でしばらく待たされる。暑い、揺れる。

下船。レストランに急ぐ。添乗員の女性は体格が良く、大またで早足だ。運河上の橋の階段を上がる、下りる、階段を上がる、下りる、上がる、下りる、上がる、下りる。運河を4本渡り、サンマルコ広場へ。日陰のない、人のごった返す広場を対角線上に必死で歩く。細い路地へ。添乗員の姿を見失わないように、小走りに路地を歩く。橋の階段を上る、下りる、路地を曲がる。漸く着いた。昼食はもう3時。添乗員も焦っていた。

サンマルコ広場見学。炎天下、広場を歩く。石畳は熱を反射する。風もない。サンマルコ寺院の中に入る。歩く。ドゥカーレ宮殿に入る、階段を3階(?)まで上がる。中を見る、歩く。ためいき橋を渡る、牢獄を見る、宮殿内を歩く。外に出る、サンマルコ広場を歩く。ベネツィアグラスの店へ案内される。路地を歩く、橋の階段を上る下りる。店ではまず4階まで上がる。買い物して自由時間。ミネラルウォーターを探して歩き回る。集合時間に送れそうだ、炎天下を走る。

クリックすると元のサイズで表示します
ベネツィアの運河。ゴンドラから写す。

集合後、ゴンドラ乗り場へ歩く。ゴンドラに乗ってやや落ち着く。でも運河の水は少し臭うね。ゴンドラ遊覧の後、下船。ここからまた船着場まで戻る。添乗員は相変わらず早足。後ろを振り向くこともしない。必死で付いて行く。橋を4つ渡る。階段を上る下りる、を4回繰り返す。ハァハァ息が切れる。疲れた。そして、また蒸し風呂ジェット船へ。暑い。

ようやくバス駐車場へ到着。よく歩いた。炎天下、必死で歩いた。日本ではこんな暑い時間帯に出歩かない。早足ウォーキングもしない。

夕食時、みなぐったりしていた。20代の人でさえ参ったとのこと。

どこも暑かったけれど、このベネツィアは別格。スケジュールのタイトさもあって、ぐったりしてしまった。きれいな美しい都市だったのだけれど、ゆっくり味わうことはできなかった。

この後も炎天下の見学とキツイスケジュールが続いた。まさに体力勝負のツァーだった。中高年と新婚カップルにはこの時期のこのツァーはお奨めしません。もっともこの旅程を8日で回る過激なツァーもあるそうだ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ