2006/8/31

代表メンバーなど  サッカー(代表)

アジアカップ・サウジ戦メンバーが発表された。DF陣を手厚くするのかと思ったら、ここは前回と変わらなかった。日本はMFの人材が豊富というが、ちょっと多すぎないかと思う。DF陣(CB)はあれでいいのか?

大分の選手が二人選ばれたのは、新鮮な感じがする。大分のユース育ちだというから、大分やその周辺でサッカーを支えてきた人たちには大きな喜びだろう。よかった。

二川が選ばれたのも、良かったと思う。各年代で一度も代表経験がないそうだ。そういう選手でも活躍すれば代表に選ばれるというのは、Jリーグに対して、選手に対して大きなメッセージだ。

19歳の選手が選ばれた(大分だけれど)のも、よかった。

10代の選手が選ばれたり、それまで代表に縁のなかった人たちが選ばれたり、新しい井戸だったり、古い井戸だったり。選手選考はこれが当たり前なんだと思う。やっぱりジーコの4年間は普通じゃなかった。もったいないことをした。

先日、久しぶりに下らないサッカー記事を目にした。
続きを読む
0

2006/8/30

お笑い甲府戦  サッカー(マリノス)

今日はいろんなことがあった。

めったに眼にしないチョンボ「オウンゴール」。笑ったよね。

3点のうち2点が相手ミス。松田は奥に代わってPK100%男、PK職人になるかも。
クリックすると元のサイズで表示します
松田のPK決まる。3−0。喜ぶゴール裏とマリノスケ。

相手のCK、シュートの方が多いのに完封した。

一試合2人退場。奥のプレーはレッドとは思えなかったけれどなあ。イエロー2枚目だった?1枚目がわからなかった。甲府の退場もイエロー2枚目、これはわかった。

奥退場後の久保が心配だったけれど、今日は頑張っていた。よく走ってたし、ヘディングでも競っていた。ドリブルからシュート、相手をかわしてミドルシュート、ボレーシュートとバラエティがあった。一週間前とは大違い。そろそろ復活でいいかな。

交代が吉田、平野。今までだったら文句を言う所だけど、練習ではシュートが一番決まっていたのは吉田。平野も決めていた。一人少なくて守らなくてはならない時はベテランが頼りになる。だから納得。前節使わなかった二人を使うなんて水沼さんさすがの人心掌握術。

達也が今日はプロに見えた。相手GKが・・・。

周りはマリノスサッカー教室の小学生達。やっぱり勇蔵や坂田などユース出身者がごひいき。山瀬に辛口だったね。

自由席は完売。あきらめて帰る人もいた。でもメインはガラガラ。バックスタンドSB席はもっと狭くしてもいいと思う。そうそう修学旅行生が観戦していた。

帰り道は皆、ご機嫌。笑顔だった。自然と笑みがこぼれてしまう。

帰り、バス停〜横浜駅まで若い男性とサッカー談義をしてしまった。いろんなことがあるね。


0

2006/8/29

KLM航空(2・帰路)  旅・散歩

帰りはようやく新しい型式の飛行機に乗れた。足元は行きに乗った飛行機よりは広いし、何しろ、テレビが個人用だ。今さら何を言うかと言われるかもしれないが、一つ一つの座席にテレビモニターが付いている飛行機に乗るのは初めてだった。

最初は使い方がよくわからなかった。映画は1本だけ見た(「トリスタンとイゾルデ」)。その他はひたすらクラッシックを聴いていた。でもあまり眠れなかった。斜め前の人がずっと「テトリス」をやっていて、これが上手。私もずっと眺めていた。

私達の座席は窓際3列のうちの通路側と真ん中。一番窓際はオランダ人女子学生。離陸間際に友人と二人慌てて乗り込んできた。友人とはバラバラの席だ。

飛行機に乗ってからは熱心に何かノートに書き付けていた。彼女はベジタリアンで機内食も別のものを頼んでいた。そういうことにも航空会社は対応するんだね。

彼女はTシャツ1枚。そのうち肩を丸めて腕をこするようになった。娘と顔を見合わせて「so cold」と言い合っていた。飛行機の中は寒い。フリースを着ている人がいたくらいだ。備付のブランケットはベッドカバーの薄いようなもので、あんまり温かくなかった。

ふと思いついてバッグを見ると、スカーフが1枚あった。こんなものでも多少役立つかなと思って、「どうぞ」を渡した。そしたら、ちょっとびっくりしたような顔をしたが、「Thank you」と言って肩にかけた。

トイレに立つ時、行きの飛行機では通路側の人がとても面倒くさそうな不機嫌そうな顔をしたのが私はとても嫌だったので、私はあんな顔をしない、と決めていた。だから彼女がトイレに行く時はいつも「どうぞ」とニッコリした。彼女は戻ってくると「thank you」と言いながら私の肩を抱くようにした。

成田に着くと、彼女がスカーフを「Thank you so mach」を言いながら、私に返してくれた。その時丸い缶も一緒だったので、「え?」とびっくりすると「for you」と言う。オランダゴーフル(お菓子)の缶だった。
クリックすると元のサイズで表示します
私のために機内販売で買ってくれたらしい。

思いがけないことで驚いたが、でもとても嬉しかった。
彼女は日本に2週間滞在予定で1週間を東京で、もう1週間を大阪の友人宅で過ごすそうだ。日本に来るのは2度目だとか。大阪は暑くなかったろうか。日本でいい思い出を沢山作ってくれたらいいけれど。

職場でこの話をすると、山登りをする同僚が、「そういう時はスカーフよりも新聞紙ですよぉ」と言うので、「なるほど」と思ったけれど、新聞紙を渡したら、日本人を誤解するよね。


0

2006/8/28

KLM航空(1)  旅・散歩

今回の旅行の飛行機はKLM航空だった。行きはアムステルダムまでと乗り継ぎでミラノ。帰りはローマ〜ミラノまでがアリタリアで、ミラノ〜アムステルダム〜成田はKLMだった。

行きの飛行機は古い型で、とても窮屈。テレビも通路にブラウン管モニターが取り付けてあるタイプで見づらかった。食事は比較的美味しかったと思う。

アムステルダムからミラノへの空路。ずっと雲の上だったが、何気なく下を見ると、青黒い山塊と氷河が眼に入った。雲の間からアルプスが見えている。「氷河」はほんとに「河」だね。そのうちに三角のピークが見えた。でも周りの山に比べると低いから、違うだろう、と一度はそう思った。だけれど、少し離れるとさっきよりずっと高く見えて、それはやっぱり「マッターホルン」なのだ。私は上からマッターホルンを見たんだ、と信じたいのだが。

クリックすると元のサイズで表示します
KLMの飛行機

帰りもアルプスが見えた。機長も「アルプス」と放送で言っていたと思う。でも今回はあんまり目立つ山塊はなかった。アルプスや山地を過ぎると田園地帯が現れた。

まるでパッチワーク。緑や黄色や茶色やその中間の色のパッチワークだ。四角形が整然と並ぶ形ではない。カタツムリ型、円形くし型。だから、これが「三圃制」(古過ぎ)というものかな?などと思ったりした。飛んだ場所はフランスとドイツどちらか微妙な辺りと思う。

機内にある飛行ルート図は大雑把なものだったので、どこを飛んでいるのかよくわからない。もっと詳しい地図がほしいと思った。
(イタリア旅行備忘録)
0

2006/8/27

10番が帰ってきた京都戦  サッカー(マリノス)

ちょっとドキドキしてキックオフを迎えた。初めのうちはまだちぐはぐの感じがした。

久保の得点で、ちょっと安心した。山瀬のパスは上手かった。DFを十分引き付けておいて、絶妙のタイミングで久保へ出した。久保もいい具合に走りこんでいた。しばらくこういうプレーを見なかった。久保も落ち着いていた。サテライトではああいう感じだった。どうして公式戦ではだめななのか不思議な感じがしたけど、今はジャンプより足元にもらってシュートの方がいいみたいだ。

2点目、すごいシュートだった。山瀬はすごいね。その前の上野のシュートもよかった。両方とも思い切りがよかった。

3点目。最初のPKは何故やり直し?奥のPK決定率100%の記録が途絶えちゃう。結局、山瀬のゴールでなく、奥のゴールになった。奥は何かしたのかな?ただ身体に当たっただけ?でもあのタイミングであそこで打つ山瀬は偉い。

4点目。山瀬。もう言葉はいりません。感服。

マリノスの10番が漸く帰ってきた。長い中断、潜伏期間だった。マリノスの10番を背負うものとして、山瀬くん、これからもお願いしますm(__)m

続きを読む
0

2006/8/27

カンツォーネ&レストラン  旅・散歩

(イタリア旅行備忘録)

ローマではカンツォーネレストランへ行った。かなり広いレストランで、団体客が何組も入っていた。カンツォーネが始まると、フロアは日本人客だけになった。

カンツォーネ歌手は男女二人。ご夫婦かな?男性がギター、女性がキーボードとダンスを担当する。女性はきれいな声、男性は渋い声だった。
クリックすると元のサイズで表示します

彼らは本当にプロだった。観客を乗せるのが上手だった。

歌は最初イタリア民謡。教科書にも載っている「オーソレミオ」「サンタルチア」とか「帰れソレントへ」。この辺までは若いツァー仲間も知っていた。その後、「頬にかかる涙」(ボビー・ソロだったよね)、「ラノビア」、そして、ジリオラ・チンクエッティ「雨」とか、知っているのは私と同世代3人くらいだった。

昔はカンツォーネもヒットした。サン・レモ音楽祭の優勝曲はすぐ日本にも紹介された。日本人歌手も音楽祭に参加したりした。今はイタリアのヒット曲が紹介されることはほとんどない。今は日本人の曲で皆満足しているのかな。

60〜70年代は普通にアメリカヒット曲ベストテンなんかをテレビでやっていたし、フランスやイタリアのヒット曲も入ってきていた。衛星中継やインターネットがない時代の方が意外に外国のことに詳しかったりして?

最後は「上を向いて歩こう」の合唱になったけれど、若い人が歌詞を知らない。この歌も60年代の曲。もうそろそろ新しい日本のヒット曲が世界に知られてもいいよね。「世界に一つだけの花」とか?

ところで、久しぶりに中村俊輔応援サイト「アダッチーのサッカー☆カムカム」の「レッジーナ観戦記」つまりイタリア旅行記を読んだ。私が感じたイタリアの魅力があふれていた。02年俊輔セリエAデビューを応援するためにイタリアに飛んだアダッチーさん。旅行記のイタリア上陸からレッジョカラブリア到着辺りまで、ぜひご一読を。http://soccerkamkam.com/framepage2.htm
0

2006/8/26

イタリア旅行のホテル  旅・散歩

(イタリア旅行備忘録)

イタリアで宿泊したホテルは全部で5つ。

※まずミラノ。「ミラノ トレ クラブ リゾート」
ミラノ郊外、車で30分くらいかな。ホテルの前に地図があって見ると、いろいろな施設や公園があるようだった。リゾートの宿泊施設なのかな?周りを探検する時間はなかったのでわからない。部屋は広くて、赤基調のインテリアもおしゃれだった。キッチンやダイニングセットもあった。部屋は旅行中で一番よかった。
クリックすると元のサイズで表示します
ベッドとソファ。写っていないけれど、ソファーの手前にダイニングテーブルと椅子もあった。

※ベネツィア郊外トレビソ。「パーク ホテル ボローニャーヴィラ パーチェ」
森に囲まれたホテル。ホテル全体の雰囲気は広々してよかったけれど、部屋は今ひとつ。シャワールームしかなくて、しかもシャワールームの間仕切りが割れていた。部屋の鍵がかからなかったり、開かなかったり。

※フィレンツェ近郊プラト。「ホテル プレジデント」
市街地にある。すぐ前にスーパーマーケットもあるので便利。フィレンツェからは電車。プラト駅は徒歩10分くらい(だったと思う)。普通のシティホテル。クーラー冷え過ぎ。微調整が効けばいいのに。

※カプリ島。 「ホテル ラ プルニガール」
アナカプリにあるプチホテル。このホテルが一番良かった。部屋は狭くて、バスタブはなくシャワールーム。クーラーもなかったかな(カプリは涼しい)。でも瀟洒で、手入れが行き届いて居心地がよかった。庭の花もきれいだった。朝食も美味しかった。
クリックすると元のサイズで表示します
ホテル入り口付近から庭を見る。

クリックすると元のサイズで表示します
ホテルロビー。実際はもっと明るい。正面向こうがダイニングルームでそれなりの広さがある。


※ローマ。「プレジデント ローマ」
地下鉄A線マンゾーニ駅(テルミニ駅からチネチッタ方面2番目)が目の前で便利。日本人観光客の利用も多い。ごく普通のシティホテル。
エレベーターが旧式で自動ドアでなく、ちょっとまごついた。
さすがローマらしく深夜まで車の往来があり、騒ぐ若者あり、ちょっとうるさかった。
私達が行った時は駅工事中で地下鉄駅が使えなかった。ひとつ前の「ヴィットリオ・エマヌエーレ駅」で降りて一駅歩いた。歩いた辺りは中国人街のようだった。

どのホテルも朝はコンチネンタルのブッフェ形式。前も書いたけれど、カプリの朝食が一番美味しかった。次はミラノかな。後は大同小異で大して美味しくはなし。

市内に泊まれたのがローマだけだったので、もしもう一度行くことがあれば、ミラノもベネツィアもフィレンツェも市内に泊まりたい。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ