2006/9/9

う〜ん完敗川崎戦  サッカー(マリノス)

2位と9位の力の差を感じた。

でもさぁ、得点は2点とも外国人選手だろ。外国人が点を取って勝つ。だから日本ではFWが育たないんだよ。と八つ当たり。

マリノスはとても下手になった。貴重なFK・CKで、とんでもない方向に蹴っちゃうなんて本当に勿体ない。GKもそのまま外へと言うのが2〜3本あったよね。これはいつもの達也だから驚かないけれど。

大体、ミスパス多すぎる。トラップも下手だ。クロスの精度も悪い。

基本的な技術がマリノスはこんなに下手だったっけ?勝てない間に基本的技術も退化したしまったのか。ていうか、ドゥトラも歳で筋力・体力が衰えてきているのかもしれない。吉田も、久保もね。

今日最初の方は奥がクレバーなプレーを再三見せてくれた。相手のわずかな隙を見逃さず、ボールを奪う。相手がパスしようとした瞬間に咄嗟に足をあげてカット。細かなちょっとしたことが、「さすが」なのだ。若い選手はああいうプレーをぜひ盗んでほしい。(全盛期ジュビロは選手達が皆こういうプレーが出来ていたと思う。だから強かった)。

マリノスはセカンドボールがほとんど拾えなかった。相手の攻撃を跳ね返すだけで、それが次の攻撃になかなかつながらなかった。これはどうすれば解決するのだろうか?

それとボールへの寄せが川崎の方が一歩早かった。攻撃のテンポも川崎の方がよかった。マリノスは遅い。もっと早くボールをゴール前まで運んでほしい。もっと早くシュートを打ってほしいよ。ドリブルでブッちぎりみたいな選手はマリノスにはいないのかのぉ。
クリックすると元のサイズで表示します
深々と頭を下げる選手達。左端の中澤がことに深く頭を下げているのが印象的。

でも、悪いことばかりではない。那須が元気になりつつある。シュートを積極的に打ったのは那須だった。

それと前半は控えめだった中澤が後半ぐんと動き始めた。中澤の積極さを見ると,03,04年の負けていても、最後まであきらめないでひたむきに走っていた中澤の姿を思い出す。そうだよ、誰かが退場になっても、負けていても、誰に文句を言うでもなく、最後まで真面目に走り続けた中澤や奥。その雰囲気が戻ってきつつあるのを感じた。

マリノスはあともう少し。あともう少しで「あきらめない」マリノスになれると思う。

今日は負けたけれども、福岡戦やセレッソ戦、大宮戦のようなどうしようもない停滞ではない。

動きの重かった隼麿も功治も次は走るだろう。次こそ期待。
(今回も観戦記は書きません)

0

2006/9/9

オシム?ジーコ?  サッカー(代表)

娘が合宿から帰ってきた。合宿中につきイエメン戦は見ていない。

「でもさぁ」と代表の話を始める。中東まで連れて行ったのに、隼麿は出さないし、山瀬はベンチにも入れない。使わないなら連れていくなって話だよね。ベンチにも入れないんじゃジーコの松田への仕打ちと同じじゃん。

そうそう。私も相槌を打つ。日程がきついから、ターンオーバーを使うと言いながら、結局駒野以外同じメンバーだったしさ。DFが薄いのも同じ。W杯では田中誠がOUTになったら、ハワイから茂庭を呼び寄せるなんてドタバタをしたよね。今度だって坪井が足攣ったらどうしたんだろうね。

加地と三都主が好きなのも同じ。

試合前にシュート練習もしたしなぁ。

またサッカー好きの人が「ジーコが最初に秋田と名良橋を呼んだ時、何だよと思ったけど、オシムも巻と羽生を呼ぶわけだから、自分のよく知ってる選手を使うのはおんなじだな」と言ってたっけ。

それに、ロスタイムサッカーも同じか(>_<)

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ