2006/10/15

サハラ杯マリノスユース  サッカー(マリノス)

横浜F・マリノスユース対東京ヴェルディ1969ユースの試合を見に行ってきた。
最初メインスタンドで観戦しようかと思ったが、西陽を真正面から受けるので、バックスタンドというか土手で見ることにした。

クリックすると元のサイズで表示します
バック側に陣取るサポーター。「生まれながらのトリコロール」の弾幕。メインスタンド側には「死ぬまでトリコロール」弾幕が貼ってあった。

前半、2点。端戸だったそうだ。彼はまだ細いけれど、動きは俊敏で上手かった。シュートの時も、相手に囲まれた時も落ち着いたプレーぶりだった。

後半開始。
クリックすると元のサイズで表示します
サポーターは後半開始直後から「♪ダレダレ」を歌っていた。風が強くて、旗を振る人は大変だ。私も立っているだけで風にもっていかれそうになった。この風では選手も苦労したろう。

後半も2点。斉藤だったそうだ。以前もらった選手一覧のビラを持っていけばよかった。サポーターがコールするので、少しは名前がわかるけれど、わからない選手もいる。

ヴェルディの10番が早いなぁと思っていたら、U17アジアカップ決勝戦の延長に2ゴールあげた河野選手だった。速くてうまかった。でもマリノスのDFが粘り強く守備をしてゴールを許さなかった。

ヴェルディはトップチームと同じく守備に問題があるのじゃないだろうか。得点はGKが前に出てきて、はずされてゴールという形。DFがもっと守らないとGKがかわいそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
4点目かな。GKの手の下にボールがある。ゴールするたび、サポータが土手を駆け下りてフェンスによじ登るのが面白かった。

4−0で試合終了。
クリックすると元のサイズで表示します
前も書いたけれど、試合の挨拶が終わった後、それぞれ対戦チームのベンチに挨拶するのがユース(高校も)らしくていいね。最後にサポーターに挨拶だ。

トップチームもこんなスカッとした試合をしてくれるといいのに。一服の清涼剤だった。
(マリノスのオフィシャルHPには試合結果が出ないんだね。どこかに載っているのだろうか。わからない。不親切だ。ヴェルディは結果と出場選手が出ていたのに。)
0

2006/10/15

マリノスユース  

小机にサハラカップを見に来た。後半30分4ー0でリード。
(携帯から)
0

2006/10/15

俊輔すごい!他  サッカー(代表)

セルティックの試合は早い時間だったんだね。11時くらいからだと思っていた。
だから、YAHOOニュースで「俊輔ハットトリック」の文字を見たときは驚いた。

テレ東とスーパーサッカーで3得点を見た。ゴール前に詰めている積極性が生きた。俊輔の意識改革だね。俊輔は、だから面白い。本当に成長する。

初めて俊輔を見た時から見ると、別人だよ。何回も脱皮を繰り返している。

最初俊輔はプレーの巧みさで目を奪われたのだが、その後はその言説が面白かった。俊輔のサッカー話は面白い。風貌でだまされるけど、かなり辛らつな話をする。今はまた俊輔のプレーが面白い。

02年の代表落選がステップアップの機会となり、06年の不調がまた次のステップアップになっている。

オシムの動向・言動が俊輔の刺激になっているのかもしれない。だとしたら、オシム監督は深謀遠慮の人だね。

今日のJリーグでもインド遠征組が活躍した。ふがいない試合だったが、選手達はあの試合の中で何かを掴んだのかもしれない。成長のきっかけになったのだとしたら、やっぱりオシムは名監督かな。

ところで、マリノスはまた勝てなかった。まぁ格上(と書かなくてはならないことが悲しい)の2位ガンバとアウェイで引き分けだから、まずまずと言うべきか。

昨日は出かけていてテレビ観戦も出来ず、携帯への速報メールで経過と結果を知った。

帰ってからマリノスサイトの戦評を見ると、選手達は頑張った・気持が感じられたとするものが多かった。ニュースでも見たけど山瀬のシュートは素晴らしかったね。才能のある選手だと思う。これで、久保が全盛期だったら、と思わずにはいられない(→つまり、私には久保はもう全盛期を過ぎたのかなという疑心がある)。

松田が負傷で那須が出場した。那須が出る試合は勝率が高い。彼は気持を出す選手なので、皆が影響されるのかもしれない。絶対にレギュラーになってほしいと思っている。

次のホーム鹿島戦は観戦できない。鹿島は昨日「レオナルド様」が観戦していたのに、千葉に0−4で負けた。そのショックを引きずるかもしれない(甘い予測)。だから、絶対に勝って、ナビスコの借りを返してもらいたい。何より順位を一桁にしたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ