2006/11/26

今年を象徴・大分戦  サッカー(マリノス)

0−1の負けは必然の結果。大分の方がボールへの寄せが速かった。パスも正確。守備も堅い。
クリックすると元のサイズで表示します
ホーム最終戦2万4千人入った。新横パフォーマンス(黒船祭り)の人出もあり、相手が大分の割にはよく入った。でもこんな試合じゃファンは増えないよ。

松田を止めるチームメートがいない。勝手にキレてゲームをぶち壊した松田(退場)。まだ時間はあった。負けてる方が10人になってどうする。キャプテンマークを放り投げ、ヘアバンドも捨て、ユニフォームも脱いで引き上げていったナオキ。

呆然として写真を撮ることも忘れたよ。

まぁナオキの気持もわかる。まったくボールを収められないFW、貯めをつくれない中盤。攻撃に耐えるしかない守備陣。終了間際パワープレイに出たナオキにしてみれば、気迫の感じられないチームメイトは歯がゆくて、許せない気持だったのだろう。空回りする気持。

坂田も大島も駄目だったねぇ。それでも大島は競っていたし自分の役目がわかっていた。坂田はDFを抜くことがもうできないのか?久保はもう駄目かもしれない。飛べない、打てない。怖くない。

隼麿は相変わらずクロスが駄目。上野も消えていた。中西はもう限界。ファウルでしか止められない。狩野は前より走るようになったけれど、まだまだ。途中出場の若い大分・梅崎にも上を行かれちゃったんだよ。自分の位置を自覚しなくちゃ。

那須、山瀬、哲也は一生懸命さが伝わった。でも那須はロングボールの意図がチームメイトに伝わってないのか、ミスになることが多かった。山瀬は気の毒だよ。本当にもう二人山瀬がほしい。

「まだ天皇杯があるので、引き続き頑張る」と中澤が挨拶。本当はキャプテン松田が挨拶すべきだったと思うよ。水沼さんや左伴社長の挨拶はなし。
クリックすると元のサイズで表示します
厳しい表情の中澤選手。天皇杯、意地をみせてくれ。

最後、ピッチを一周してサポーターに挨拶。情けないシーズンだったね。
クリックすると元のサイズで表示します
チームメイトの後をうなだれて歩く松田。もういい歳なんだから、自覚しなくちゃ。良くも悪くもマリノスは松田の影響力が強い。水沼さんの指導力も問われている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ