2006/12/3

サハラ杯マリノス対トリプレッタ  サッカー(その他)

歳暮を買うため横浜へ出かけた。ついでに一駅足を伸ばして、新高島駅・マリノスタウンへ行ってみた。Jユースサハラ杯決勝トーナメント2回戦があることを知っていた。

着いた時、もう始まっていた。自由席はかなりいっぱい。年チケ席へ行く(こういうことがあるから来年も年チケを買おうかなと思ってしまう)。

相手のトリプレッタはどういうチームなのだろう?純粋の地域クラブチーム?アウェイ席もかなり応援客が入っていた。

フェンス際にはチームメイトらしき若者達が沢山陣取ってにぎやかに応援していた。ちょっと高校サッカーの応援っぽい。「プレッシャー、プレッシャー、前線で、中盤で、最終ラインでかっさらえ!」(五七五調)。
クリックすると元のサイズで表示します
MM21練習場。今日は暖かく観戦日和だった。

試合は一方的な展開。前半で4−0。個人技やスピードに優れるマリノスが相手DFやGKを翻弄した。ドリブル、フェイント、ループ、股抜き、ルーレット、多彩な攻撃を見ることが出来て楽しかった。トップ昇格が決まっている斉藤陽介君2点。PKはずさなければハットトリック(トリプレッタ)だったのに。

守備も安定。中盤でボールをカットするから危ないシーンはほとんどなかった。

関係者席を見ると水沼監督がきれいな女性二人と観戦していた。下條さんもいた。

ユースの選手背番号表を配ってくれる人がいるので、もらった。選手の名前もだいぶ覚えてきた。

後半もマリノスペース。次々とゴール。端戸君はたびたびオフサイドトラップにひっかかっていたけど、シュート決まってよかった。幸田が飛び出して決めたシュートも見事だった。本当に技の数々が堪能できた。ただ、もっと点は取れたね。ゴール前、自分で打たないでパス・パス・パス3本つないで、最後のシュートをふかす、みたいなのはもったいなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
斉藤学君のゴール。ゴールの真ん中辺りにボールがある。

トリプレッタの選手も頑張っていたよ。GKもあのシュートの嵐をよく止めていた。まぁいいようにかわされてのシュートもあったけど。

長谷川アーリアシャスール君も途中出場。鎖骨骨折からようやく復活だ。ドリブルで数十メートル独走、追いすがる相手選手を引きずるようにして走った。格の違いという感じ。でもその後はちょっと大人しかった。

終盤、選手が代わって連携が悪くなったのか、疲れなのか、トリプレッタに攻め込まれた。でも枠がよく守ってくれて(笑)、失点しなかった。

8−0で終了。次は準々決勝、フクアリで強豪広島ユースと戦う。
クリックすると元のサイズで表示します
サポーター席に挨拶。光がふり注いでいる。

(周りの人がいいカメラで撮影しているので羨ましかった。)
0

2006/12/3

恩師  

今年の10月中旬、高校時代の友人から電話があった。

恩師が末期ガンで余命1〜2ヶ月。私達教え子に会いたがっているという。

驚いた。昨年5月に初めて横浜で開いた同窓会には元気に出席してくれていた。

私達は卒業からもう30年以上経っている。40年以上の長い教員生活の中で、私達のクラス「3年2組」の教え子に会いたいという。

近くに住む同級生たちは代わる代わるお見舞いに行った。ある人は私達の写真を大きく引き伸ばし名前を入れて先生にプレゼントした。とても喜んでくれたと言う。

私は行けないので、手紙を書くことにした。それがなかなか書けなかった。ようやく書いて投函した日の夜、訃報が届いた。読んでもらえなかった。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ