2006/12/12

クラブW杯第2戦他  サッカー(その他)

昨日は全北現代(韓国)対クラブアメリカ(メキシコ)の試合があった。

食事や家事をしながらチラチラ見た。途中からテレビの前に座った。C・ロベスとブランコ。懐かしい名前だ。

まぁ面白かったんじゃないかな。アメリカがのらりくらりサッカーで、普段見ないサッカーだから、興味深かった。数年前のボカを思い出した。

細かいパスがつながり、大きい展開のパスもピタリと決まる。狭い所を通すパスはさすが。アメリカが押していたけれど、点が取れない。シュートだけが下手だった。後半は持久力に勝る全北がカウンターを中心に攻めたけれど、ゴールには至らない。

結局、おなかで押し込むようなゴールが決勝点になった。全北は韓国らしいしつこさがあんまり見られなかった。ファウルだけは多かった。それも危ないファウル。アメリカのリズムがわからなくて、後出しファウルになったのかな。

韓国のファウルと言えば、U21で中村北斗の足をひっかけた8番はひどかった。明らかにすれ違いざま、わざと足をひっかけた。北斗は靭帯断裂だよ。ひどすぎる。

クラブW杯の解説は岡田武史氏だ。岡ちゃんの声は久しぶりだ。解説もわかりやすい。元気そうなのでホッとした。残り時間が少なくなった時「全北は1点ビハインドなのだから、パワープレイに出ればいいのに」と言ったのは、ちょっと苦笑。マリノスの時はいつもマイク投入、松田上がりっぱなしだったもんね。

ところで、昨日バルサが来日。横浜市内のホテルに宿泊というがどこだろう?ミーハー丸出し。練習は等々力競技場。日本のソシオ会員は練習を見ることができたようだ。バルサから駆けつけたサポーター達も見学して、大きな声で歌と歌ったりしたらしい。

バルサは巨大フラッグも持ってきたというから、スタジアムで見るのが楽しみだ。サポーターの歌も聴きたい。

準決勝のチケットが取れなかったのが本当にくやしい。ネット販売初日、早々と14日横国のチケット(私の買えるチケット)は完売。コンビネーションチケットも17日&14日は駄目。泣く泣くコンビチケット「15日&17日」を買ったのだった。でも翌日だったか数日後だったか忘れたけど、17日&14日コンビチケットは復活した(余席あり)。そんな〜(泣)だった。

等々力で出待ちをした人たちはいるのかなぁ。レアルが来た時、友人達は寒い中、スタジアムの外で選手の出待ちをした。私にはそんな情熱はない。でも小机で練習している、なんていったら、絶対に見に行っている!

追記:スポーツニュースで、「今日のロナウジーニョ」をやっていた。昼間の練習はマリノスタウンだった。工事のおじさんたちが工事用シートの間から練習をのぞいていた。明日も昼間はマリノスタウンかなぁ?

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ