2006/12/13

風前の灯  政治

教育基本法が「風前の灯」となっていることに危機感を持って、いろいろなblogを読み始めた。知らないことも知った。

きっこの日記12/11」には驚いた。トヨタ・キャノンなど輸出企業は消費税の戻し税を受けているそうだ。

この件について詳しい法律なども掲載したblogも見つけたのだけれど、今はどれだったかわからなくなってしまった。

発足して3ヶ月弱安倍内閣は何をしてきたか」も参考になる。これから、一体生活はどうなってしまうのか真剣に考える必要がある。

また以前、私が教育基本法「改正」で一番危機感を持つのは「市民的自由」がなくなることだ、と書いた。それは「萌え萌え研究日誌」(この題は私などは抵抗があるケド)さんの次のような言葉と一致する。
************
「精神・言論・表現の自由を守るのに右も左もない」
教育基本法が政府案に改悪されたら、右も左もありません。「愛国心」が「評価」されるということは、いくら自分なりに「愛国心」を持っていたとしても、「評価者の期待する愛国心」に合致していなければ切り捨てられたり、不利益な扱いを受けかねないです。政府与党のあからさまな売国行為であっても、それを無批判に支持しなければ「愛国心が無い」と評価されかねないのが、この法案の危険なところです。
 それに、「態度を評価する」ということは「評価者の恣意」が入りかねないことにも気をつける必要があります。右寄りで、日の丸・君が代大好きな方であっても、「評価者」に気に入られないばかりに低い評価をつけられてしまうことも十分にありえます。このようになったら悔しくて泣くに泣けないですね。

************

この前のヒューマンチェーンで偽安倍首相が「ゆとり教育から、国のゆうとおり教育」と言ったけれど、この「国」という言葉は私達の郷土や文化、或いは生命生活を守る「国」ではない、その時の権力者たちと考えた方がいい。権力は常にチェックされなくてはならないし、そのための「自由」は何よりも大切だ。

時々、メルギブソンの「ブレイブハート」の場面が頭をかすめる。「Freedom!」と叫ぶシーンだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ