2006/12/14

緊急告知 国会前へ!  政治

緊急告知です。 【転送歓迎】

【緊急】明日、委員会採決の危険! 国会前に駆けつけて下さい!

全国連絡会です。明日の参議院教育基本法特別委員会で、与党が教育基本法改悪法案の強行採決に踏み切る危険が極めて高くなっています。
与党は明日の午前中に安倍首相出席の上での総括質疑を行い、審議を打ち切ることを決めました。そうなれば、与党の意向次第でいつでも強行採決ができる状況になります。
明日は、9時から座りこみ、18時から国会前集会を行います。この行動にどれだけの人が集まるかが最後の決め手となります。国会前に駆けつけて下さい!国会を取り囲む人々の連帯で、なんとしても強行採決をとめましょう!

※転送大歓迎
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
教育基本法の改悪をとめよう!
国会前すわりこみ&12.14国会前集会のご案内
http://www.kyokiren.net
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

国会情勢が緊迫してきました。
14日午前9時〜12時まで、3時間にわたって、首相出席の
もと、締めくくり総括質疑が行われます。
その後、動議がだされ、参議院特別委員会での採決の
可能性も高まっています。

国会の会期はあと2日。
延長の可能性もありますが、まずはこの会期中の採決を、
何としてでも食い止めましょう。

国会にこられる人は、ぜひ国会へ!
こられない人も、持てる力をすべて、国会へぶつけていき
ましょう!!

格差の痛みを子どもにまで広げないために
戦争しない未来に生きるために
今、わたしたちが、がんばりましょう。

-----------------------------------------------
教育基本法の改悪をとめよう!12.14緊急国会前集会
http://www.kyokiren.net/_action/061214
-----------------------------------------------
♪【日時】12月14日(木) 18時〜19時 
      終了後首相官邸前まで移動&抗議行動
♪【場所】衆議院第2議員会館前
      (地下鉄「国会議事堂前」「永田町」駅下車3分)
♪【発言】国会議員、全国連絡会呼びかけ人、全国各地から
♪【参加】場所へ行けばどなたでも参加できます。

************************
そして、あんち・アンチエイジングメロディさんからの提案

やはり民主党を励ましましょう。特に小沢代表にファクスを!」
ファクス番号は、こちらです。
小沢一郎事務所
03-3586-6161

民主党役員室
03-3595-9911

************************

日本人としての誇りをもって教育基本法改悪反対!
0

2006/12/14

第4波ヒューマンチェーン  政治

雨の中ヒューマンチェーンに行って来た。

5時ジャストくらいに国会議事堂前に着いた。前回一緒に参加した友人と一緒だ。今回は端の方に立っていようと決めていた。でもなかなか場所がなくて、比較的すき間のあった場所に入れてもらった。キリスト者という幟があった。

傘を差しているせいなのか、歩道はかなりいっぱいの人だ。私達のいた辺りは前回はガラガラだったと思うけれど、今日は3重くらいの人垣になった。最後に主催者から4000人と発表があった。

今日はTBSや新聞社の取材陣が来ていた。前3回はなかったから、少し進歩?いや、採決が迫っているからなのかな。

私達のすぐ前で、「市民メディアJANJAN」の若い記者さんがビデオインタビューを始めた。国会の公述人を務めた学生さんだった。うろ覚えだけれど、「公募の公述人は17人で全員教育基本法改正には反対だった」と言っていた。しっかりとした口調で自分の意見を話していたので、JANJANにアップされたらぜひ見てください。

クリックすると元のサイズで表示します
ライトアップされた国会議事堂。傘差してキラキラライトを持っていたので写真をとるのは難しい。唯一の写真。

「徹底審議を求める」緊急ネット署名には4日間(その間サーバーダウンも数回あった)で18,084人になった。私は一万人行くかどうかと思っていたので、すごいなぁと思う。

政府与党は、未来の子どもに関わる重要な法律なのに「やらせ」などと言う醜悪な方法を取った。9.11選挙で教育基本法は争点ではなかった。「郵政選挙」だったではないか。その選挙で得た議員数で、強引に成立させようとしている(→しかも反対した議員も復党させている)。こういう卑怯な方法、ご都合主義、これで未来の教育を語れますか?

教育基本法には南原繁氏らの教育、未来への理想が込められている。それを上回る、それを超える理想が今回の「改正案」にはあるだろうか。ない、と私は思っている。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ