2006/12/16

得たもの  政治

今日は「敬愛なるベートーベン」を見てきた。年末、ベートーベン、第九ということで映画館は満席。でも作品は中途半端な出来だった。脚本が良くなくて俳優の熱演も生きなかった。でもベートーベンの音楽だけはよかった。

第九を聞きながら、素晴らしい文化はどこの国で生まれたかに関係なく、人類共通の財産になっていくのだと感じた。

今日は教育基本法のことを考え出してから知ったいろいろのblogを読んだ。格調高い文章が多くて感銘を受けた。
 「気まぐれな日々」で紹介された辺見庸さんの言葉。
 「あんち・アンチエイジングメロディ」静かなる夜明け
 「はにかみ草」これからの決意!にある牧師さんの言葉

今回のことで、やむに止まれぬ気持から友人達にも呼びかけたり、署名をお願いしたりした。そのことで、今まで政治について話さなかった人たちから思いがけないありがたい気持を沢山頂いた。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ