2006/12/23


サッカーマガジンを久しぶりに買った。「我が心の『高校選手権』」特集だ。覚えているのが少ない。川口、俊輔、雪の決勝戦とか、国見とか。

天皇杯は浦和ー磐田を所々見た。磐田は頑張った。PK戦酒井のやり直しは磐田にかわいそうだった。サッカー協会の営業策かと思ってしまった。でも勝負のついたPK以外はみんな決めたわけだから浦和、磐田とも選手は偉かった。

マリノスの試合は明らかに力負け。攻撃力がない。工夫がない。それ以前に基本的な技術がないんじゃないかと思った。この点差は仕方ない。ベスト4へ行く力はなかった。

今年のマリノスは終わった。淋しい年だった。成績も駄目だったけど、フロントの不手際が目立った。この年末はなお一層寂寥感がある。戦力外選手、移籍の選手、引退の選手。奥がマリノスに残る可能性はあるのだろうか。横浜FCに行くのは嫌だなぁ。

榎本達也の移籍は納得。惜しむ声もあるようだけれど、私は全然ない。自分のミスで負けても「取れるときに点を取らなかったことが敗因」とか言っちゃうし、なんであんなに自信たっぷりなんだろうと不思議だった。発言もそうだけど、プレー中の判断力がないのはあんまりサッカー的に賢くないんだろうね。DFからの信頼もなかったように見えた。

来年はどういうサッカーをするつもりなのか、わからない。監督も早野さんという信じられない話もあるし、どういう方向で行くのかわからない。

年間チケットは迷った挙句結局買った。買ったんだよぅ〜!マリノスの補強のため、ユースの選手のために、今年は買うしかないと思った。でも来年はわからない。行こうと思った試合だけしかチケットは買わないかもしれない。

だから、来年頼みます。こんなつまらない、基本技術さえおぼつかないサッカーでは嫌だ。スピード感ある、走りぬく、ひたむきなサッカーを見たい。臆病な、怠けた、停滞したサッカーはもうごめんだ。

サッカーマガジンの高校サッカー特集、今年最注目選手は「乾貴士」だった。マリノスに入団したらすぐにレギュラーを取ってしまえ!18歳のレギュラーなんて世界じゃ当たり前だもの。その他、山本郁弥、石原卓も注目選手に載っていた。みんな、若々しいマリノス再生に頑張ってね♪

こんな文章を読みました。
希望の国とGNC」佐藤清文(どういう人か知りませんが)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ