2007/1/7

初詣  旅・散歩

師岡熊野神社に初詣に行ってきた。

昨日の悪天候から、今日は冬らしい晴天。熊野神社の初詣客もそろそろ一段落、混まないだろうからと散歩を兼ねて出かけた。

人はスムーズに流れていたが、車は大変。綱島街道から入ると神社前を直進して、どこかでUターンし、戻ってくる。その車の列が先が見えないくらい並んでいた。師岡熊野神社は大倉山駅からもそれ程遠くないので、電車でのお参りをお奨めします。
クリックすると元のサイズで表示します
熊野神社本殿。平成の大修理を終えた。石段がバリアフリーになっていた。

サッカーお守りを買おうと思ったら、品切れ。「入荷まで一週間」と書いてあった。今回は家族のことしかお願いしなかったので、もう一度サッカー祈願(代表・マリノスの必勝祈願)に来よう。その時にお守りを購入すればいい。

携帯ストラップも購入。クリスタルヤタガラス。足の神様でもあるので、健脚を祈っての購入だ。

今年も良い年でありますように。

0

2007/1/7

スポーツ総合誌苦境  サッカー(その他)

6日朝日新聞夕刊のトップ記事は「スポーツ総合誌 苦境 2誌休・廃刊」だった。

他に大きな事件がなかったから、スポーツ文化がトップに来たんだね。

休刊・廃刊は「VS(バーサス)」と「SPORT YEAH!」。老舗の「Number」も苦戦中だという。

原因は「独W杯の惨敗」だという。スポーツ総合誌が売れ行きを伸ばしたのはフランスW杯日本出場。中田が強烈な個性を発揮し始めた頃だ。

ドイツで日本は惨敗。カリスマ中田も引退。キラーコンテンツのサッカーが不振でスターもいない。総合誌が苦境に陥るのも仕方ない。

私ももう随分長いこと「Number」を買っていない。無駄に写真が多いのと金子達仁張りの気取った文章が多くて嫌になった。サッカー以外はそんなに興味がないので、「Number」を買うより、サッカー誌を買うほうがいい。

サッカー誌は好調だそうだ。国内サッカーは抜群人気の浦和が優勝したから、浦和特集をしていれば売れるだろう。もちろん私は全然買わないけれど。

一方ワールドサッカーマガジンも売れているそうだ。記事によれば、国内サッカーとワールドサッカーでは購買層が住み分けているという。それは「クラブW杯」を見に行くと実感できる。普段のJリーグや日本代表と客層が全く違う。本当に違う。驚くよ。

評論家の二宮清純氏が「ネットの普及で読者の方が情報収集で作り手の先に行っている面もある。」と言っている。確かにそうだ。例えば、バルサの日本滞在中の様子もネットの方が詳しかった。バルサが負けた時、スペインのスポーツ紙の表紙を飾った泣く少年の話はネットの方がずっと詳しかった。

サッカー評論だって、プロ評論家よりもネットでサッカー評論をしている素人さんの方がレベルが高かったりする。また、スポーツ紙記者ではサッカー協会やスポンサーなどに遠慮して書けないことも素人なら書ける。

ジーコ監督問題では、スポーツ総合誌もサッカー誌もスポーツ新聞も一般紙スポーツ欄も全く真実が書けなくて、「大本営発表」ばかり書いていた。サッカーファンはそれらを信用しなくなったね。川淵ヤメロデモもあんまり報道しなかったし、その正当な言い分を伝えることもなかった。

記者がもっと勉強しないと、本当に売れなくなるよ。

話は変わるが、さっきスカパーを偶然つけたら、中田プレーバックとかいう番組をやっていた。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ