2007/1/12

カイロプラクティック体験  

最近よく身体が傾いていると指摘される。一度、整体とかカイロプラクティックでみてもらうといいよ、とアドバイスもされた。

でもどこへ行けばいいんだろう?

腕がいい、と聞いたのは「箱根」とか「行田」とか遠い場所。近くて「戸塚」。
やっぱり通える所でないとね。

で、耳寄り情報。クーポンのついている無料雑誌、広告チラシで、近所の整体・カイロプラティックを調べて、そこへ行ってみる。クーポンがあれば、1回は割安で診てもらえる。お試しでやってみて、気に入れば通えばいい。

なるほどね。それでコンビニで「ホットペッパー」をもらってきた。該当する診療所が見つかったので、早速行ってみた。

自分の症状や既往歴などを記入。治療者からの質問にも答える。

壁に向かって立ち、身体の傾きをみる。また歩いて、歩き方の特徴をみたりする。

その後、診療台にうつ伏せになる。肩甲骨の高さが左右で違っているそうだ。首〜背中〜足の筋肉や関節、足裏など、診察器具で触ったり叩いたり診察しながら、マッサージをする。

自分では余り感じてなかったが、腰はかなり凝っていたらしく痛かった。首筋もかなり凝っていると言われたが、もうこの程度は普通・常態だ。それと足(膝から下)もコリコリ、固いと言われた。中国人の整体師にも「硬yingイング」と言われたっけ。

関節も動かすといろいろ不都合なところがある。「右足の親指だけを上に持ち上げて」と言われたが出来なかった。

アドバイスは筋肉がかなり落ちているので、筋肉をつけなさい、だった。簡単な鍛え方も教えてくれた。スクワットや腹筋などのキツイ運動は無理してしなくていい、簡単なトレーニングをとにかく継続すること、とのこと。う〜ん、それが難しい。

今まで筋肉関節関係では、鍼灸、健康保険のきく整体、中国気功整体、に行ったことがある。鍼灸は左肩の五十肩がひどかった時。鍼灸が効いたのか、自然に治ったのかよくわからない。整体は右肩が五十肩の時。身体をマッサージしてもらうととにかく気持はいい。でも保険でかかっていた整体は右肩の痛みがなくなった時点でやめた。中国整体はお金が続かなかった。それと言葉の壁があったね。

今回が一番説明が詳しかったと思う。身体(骨や筋肉)がどうなっているのか、診察しながら説明してくれたので、わかりやすかった。

帰り道、心なしか足が軽いようにも思えた。

一回目の施療の後は、疲労感だるさが出るので、飲酒・入浴は避けるようにと言われた。本当にそうだった。9時過ぎるとだるさが襲ってきて眠くて眠くて仕方なかった。

続ける方がいいのだろうけれど、1回5000円以上。8回券なら1回4000円だが、これを購入すると3万2千円。マリノスの年チケより高いよ〜。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ