2007/6/17

ユースの試合を見に小机へ  サッカー(マリノス)

マリノスユースの試合があるというので、散歩を兼ねて行って来た。

見たのは後半から。メンバーもスコアも分からず見るのは毎回のこと。

クリックすると元のサイズで表示します
後半開始。円陣。相手は鹿島ユース。

日陰を探したが、全くない。見事にない。観客はみな炎天下で見ている。でも湿度は低く、風もあった。こんな昼下がり、爽やかな風に吹かれながら、サッカー観戦するのは贅沢ぜいたく。

クリックすると元のサイズで表示します
バックスタンド・土手側。サポーターはいつもは土手の中段に陣取るけど、今日はピッチに近い柵の所(YOKOの文字のある辺り)だった。

ずっと応援歌を歌い、選手コールをし、手拍子をしていた。サポーターの熱心さには頭が下がる。ユースの歌っていいね。元気が出る。

クリックすると元のサイズで表示します
何点目だろう。喜び合った後守備位置に戻る選手達。

2点目はDFから1本のパスで、選手が抜け出して、GKと1対1。GK交わしてシュートを打った。ゆるいシュートだったので、どうか?と思ったが、コロコロとゴールイン。後ろで見ていた人が「ああいうゴールがキーパーにとって一番くやしいよね」と言っていた。

その後も2点。見事なシュートでした。15番だったよね。

後半4−0。終始マリノスが押していた。ボールが前に出ると3〜4人が一斉にゴールに向かって走る。気持いい。こんなサッカーをトップでもみたいよ〜。

前半は0−0だったそうなので、後半観戦は大正解。楽しかった。

みんなドリブルとか、とにかく足元が巧くてびっくり。足も早い。18番の選手は細身だけど巧いね。途中から入った26番の選手も迫力だった。みんなが「パリス」「パリス」と呼んでいた選手・2番は中島ファランパリス選手だね。これはわかった。

コールでは「たかく」「かめや」が聞こえた。他にもあったけど忘れた。

考えてみれば、レギュラー5人が韓国遠征に行っている。残りのメンバーでこれだけの試合ができるんだから、強い。鹿島は10番、22番、3番が印象に残った。ていうか、背番号が見えた選手ってことだけど。

日産スタジアムではフリーマーケット。

クリックすると元のサイズで表示します
東ゲート広場。家族連れでにぎわっていた。出展者は日陰もなく暑そうだった。日陰で食事したり休む人が多かったが、ちょっとマナーが悪いね。ごみが散らかっていた。

日産ウォーターパークは、入場者が多くて「入場制限」になったそうだ。暑い時はプールに限る。午前中は駐車場も満車だったらしい。

日産フィールド小机からの帰り、初めてスケボー練習場を通った。子どもから大人まで、多くの人が楽しんでいた。

日差しは強く、暑かったが、真夏の暑さとは違う。風が気持ちよかった。日産スタジアムはフリーマーケット、サッカー、スケボー、ローラーブレード、ジョギング、犬の散歩、プールなど人々が休日を様々に楽しんでいた。

スタジアムは国際試合の時は非日常空間だけど、今日の様子を見ると近隣住民の日常にしっかりと溶け込んでいるなぁと思った。
0

2007/6/16

読んだ本など  本・文学

今日は出かけていて、Jリーグは見られなかった。携帯へのメールで、経過と結果を知った。負けなくてよかった。まだ、映像は見ていない。勇蔵が退場だったようだ。

今日も那須が使われて、隼麿はベンチスタートだった。よくわからない。
次節は勇蔵が出場停止になるが、松田は使われないのだろうか?見たいよ松田。

さて、先日「バーチャルってわからない」という話を書いた。そしたら、新聞の新書紹介に「ウェブ仮想社会『セカンドライフ』」(浅枝大志著・アスキー新書)が載っていた。本屋に行くと目に付くところにあったので、買ってきた。

「セカンドライフ」とはオンライン上に構築された3Dバーチャルサービスのひとつで、リンデン・ラボというアメリカの会社が提供している。今年3月現在でユーザーは400万人、今年末には2,700万人に達するだろうといわれている。

ユーザーはバーチャル世界「セカンドライフ」の中で経済活動をする。例えばバーチャル洋品店を作り服をデザインして売る。専用通貨は「リンデン・ドル」だ。「リンデン・ドル」はアメリカドルと両替ができる。

以前の記事でオンラインロールプレイングゲームでアイテムが仮想通貨で売買される話をちらっと書いた。が、この儲けた仮想通貨を実際の通貨に替えることは利用規約で禁じられているそうだ。だから、アイテムの売買で儲けるのは利用規約違反になる。

この「セカンドライフ」では禁じられていない。

著者はこの「仮想社会」は大きなビジネスチャンスだという。日々発展を続ける「セカンドライフ」はインタネット黎明期のような状態だそうだ。可能性がある。

詳しくは、本書を読んでいただきたい。
続きを読む
0

2007/6/15

ヤマモモ  季節

ヤマモモの実が色づきはじめた。熟すと甘い。樹についている時はきれいだけど、地面にボタボタ落ちてつぶされると、ちと見苦しい。
クリックすると元のサイズで表示します
(携帯から)
0

2007/6/14

紫陽花  季節

昨日午後4時頃、ふと西をみると、くっきりと富士山が見えた。風が強かったからかもしれない。6月の富士山もきれいだった。

一転今日は曇り→雨。梅雨入りかな。梅雨には紫陽花がよく似合う。

クリックすると元のサイズで表示します
青系統の紫陽花が好きだ。

クリックすると元のサイズで表示します
ガクアジサイ

子どもが小さかった頃、福音館書店の「こどもの友」を毎月取っていた。絵本とは別に親向けに「こどもの友だより」のようなものがついていた。その中に詩人の岸田衿子さんのエッセイだったか、インタビューだったかがあった。憶えているのは「好きな色」について。

梨の花びらの白から薄紅へ移る色合い
ツユクサや桔梗の露にぬれた青紫

あ〜、そうだよなぁ、きれいだなぁと思った。詩人の繊細な感性に共感。

花は青紫が好きだ。パンジーも、紫陽花も朝顔も青紫を選ぶ。クレマチスも青紫だ。

クリックすると元のサイズで表示します
シモツケ草。もうそろそろ花はおしまい。

新聞に「女性の品格」の広告が載っていた。ベストセラーだそうだ。その一部引用を読むと、「お礼状が書ける」とか「型どおりの挨拶ができる」とかあって、ふむふむと思い、「贅肉をつけない」「姿勢を正しく保つ」を見て「無理」。

でも「花の名前を知っている」という点は、まずまずかな。

それにしても「女性の品格」って、自分のことを書くわけだから、坂東さんって・・・。さすが高級官僚出身。

0

2007/6/13

ダービーポスターなど  サッカー(マリノス)

マリノスが刺激的なポスターを作った。「8.11横浜ダービー」のポスターだ。

横浜F・マリノス公式HP参照
「最後の横浜ダービー」だもんね。こんなに挑発して大丈夫か?心配性の私は、選手が必要以上に緊張するんじゃないかと不安になるよ。

(ポスターデザインあんまり評判よくないね。中澤の背番号22を隠すな!って)

会社がすごい頑張っちゃてる割に、チケット相変わらずまだ4800枚位しか出てないんだね。年チケ保持者の人数と同じ程度。年チケ、トリコメンバーで営業活動している人は一部ってことなんだろうか。

あと2ヶ月のうちになんとか、5万人以上、できれば6万人以上行ってほしいよね。

明日からU17日本代表の韓国遠征だ。マリノスからは5人選ばれている。


続きを読む
0

2007/6/12

バーチャルってわからない  政治

今日のNHK「クローズアップ現代」は「膨張!仮想社会」だった。

よくわからなかった。バーチャル社会での土地や建物の売買で現実の商売が成り立つ。

以前にもクローズアップ現代で、オンラインゲームのアイテムの売買の話をやっていた。ロールプレイングゲームの武器で手に入りにくいものがあるらしい。それを持っている人がほしい人に売る。バーチャル通貨での売買だ。そしてバーチャル通貨を現実の通貨に替えることができる。

ここがわからない。バーチャル通貨が現実の通貨になる⇒金もうけになること。

それだけの市場とシステムがあるんだよね。

以前にもこの番組では同じようなテーマを取り上げていて、ゲーム内の売買にからんで、中国人留学生が逮捕された、と伝えていた。うろ覚えだけど、中国で組織的にゲームに参加して、バーチャル通貨を貯めて、それを換金する役目がこの留学生で、違法送金だったか、不法滞在だったか、そんな話じゃなかったかな。

不思議な事件だと思った。それを摘発する、ということは日本の警察もその実態をよく知っているということだよね。

知らない世界があるなぁと思った。

続きを読む
0

2007/6/11

温暖化に関する講演会  政治

温暖化に関する講演会へ行った。以下メモのようなもの。

ゴアさんの「不都合な真実」やハイリゲンダムサミットでも取り上げられた問題。もう何度も聞いて、よくわかっていたような気になっていた。

でも、講演会で、具体的な数字や現象を示されると、事態はここまで、と改めて驚かされる。

★CO2は既に430ppmを超え、政策目標の550ppmに抑えられると考える科学者はいない。

石油消費は90年代一日6600万バレル、2020年は約2倍の1億1500万バレルになると予想されている。

グリーンランドではかつては犬ぞりレースのスタート地点に行くのに氷原を行ったが、氷原が融けてなくなり、今は船か飛行機で行く。グリーンランドの南の方ではジャガイモ栽培、今はブロッコリー栽培もしている。グリーンランドになりつつある?

中国では1週間に1基の割合で火力発電所が稼動開始。

「汚い石油」(土砂に埋もれている原油)と言われる「非在来型」石油開発が大手石油資本によって開発されつつある。これはクリーンエネルギーよりも開発のピッチが早い。

★一方、人口爆発、飢餓、貧困が人々を苦しめている。

国連は人口を半減することを目標にしているが、むしろ増加している。

一方食糧は減りつつある。穀物生産量は85年がピーク。アフリカでは何と67年がピークだった。漁獲量は00年がピーク。

IMFの計算では最も豊かな20カ国と最も貧しい国20カ国の格差は、1980〜2000年の20年間に30:1から100:1に広がった。3倍以上だ。

★今後、経済発展の著しい新興国(BRIC諸国など)で大消費ブームが起きる。

地球温暖化を乗り越えていけるか、破滅に向かっていくか、ターニングポイントにある。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ