2007/6/9

陰の主役は線審千葉戦  サッカー(マリノス)

MOMはGK哲也だったけど、退場さえなければ吉田だったよね。退場を含めても主役だったことは間違いない。功罪独り占め。

でも、線審が陰の主役だった。ゴールのオフサイド判定ふたつ。

後半「出た」と思ったボールをINの判定にされて、栗原が怒った怒った。執拗な抗議、ゴール裏を煽るようなジェスチャーもした。

それが結果的に功を奏した?と思うくらい、ロスタイム、ジェフのゴールオフサイド判定には救われた。

ずっとマリノス不利の判定だったのが、最後に辻褄合わせしてくれたのかと思った。

バーに嫌われたゴール2本。
クリックすると元のサイズで表示します
前半のFK。セットプレーがようやく決まるかと思ったけど・・・。

マリノスがずっと押していた。ジェフの攻撃は淡白な印象。それにジェフのFWは怖くない(巻だもん)。

でもジェフのことばかりは言えない。坂田も大島も献身的に走り回っている。それは認めるよ。でも坂田はトラップが相変わらず下手。シュートは枠に打て。大島ももっと力強くシュートが打てないと。

前半の終わり頃、勇蔵が味方の誰かを突き飛ばした。味方同士のぶつかり合いなんて見たことない。何が起きたのだろう?遠いのでよく分からなかったが、那須を突き飛ばしたらしい。

なりふり構わず、味方にも当たるということはそれ位気持が入っていた証拠かな。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴール!喜ぶ観客席。

小宮山のクロス?シュート?がよかった。吉田が押し込む。

小宮山は要所要所では見せ場を作っていた。水野に勝っていたように思えた。でも、前任者(ドゥトラ)の迫力ある攻守の動きを思い出すと、まだ不満はあるよ。

吉田は退場になったけど、1枚目も2枚目も大したファウルじゃなかった。その他のイエロ判定もちょっと主審は神経質すぎたんじゃないかと思う。

10人になってからは、ヒリヒリした試合展開だった。選手達、身体を張っていた。(ちょっとやられすぎのような気もしたけど)

クリックすると元のサイズで表示します
挨拶に来る選手達(中澤先頭)を迎える。

選手達も嬉しそうだった。中澤は今日も奮闘した。すごい選手だと思う。

今日は湾岸対決(野球・サッカーとも横浜千葉対決)だったので、ロッテのキャラクターやベイのホッシー君?達も来ていた。サポーターの応援もいつも以上に熱が入っていたと思う。サポーター達の声も大きかったし、観客の手拍子も響き渡っていた。

クリックすると元のサイズで表示します
1階のトリパラ、2階にもトリパラ。

今日は、選手をスタジアムが後押ししたと思う。ホームで勝たなくちゃ、ホームで勝たせなくちゃ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ