2007/11/24

勝ててよかった新潟戦  サッカー(マリノス)

今日は友人3人と観戦だ。「友人2人を連れて来てください」キャンペーンに応えたわけだ。

そのうち一人は日産スタジアムで敗北を見たことのない「勝利の女神」デス。
クリックすると元のサイズで表示します
「よさこい」の人たちとコーヒールンバ共演。

でも傘を開けだの閉じろだの指示がうるさかったね。

アディダスともお別れ。今日は「ジャイアントジャージ全部出し」だった。
クリックすると元のサイズで表示します
ゴール裏、ビッグフラッグとジャージ計6枚の共演。

今日は1階バックスタンドに席を取った。その方が暖かいと思ったからだ。でも暑くて、日焼けが心配なくらいだった。

試合は後半途中まで、友人たちに申し訳ないような試合だった。周囲も手拍子はあるものの、割に静かな観戦。五輪代表戦の熱い観客席を思うと、物足りなく退屈だった。

ボールが前線に収まらない。哲也が目立っていた。GKが目立つのはあんまりいいことじゃない。

申し訳ないけど退屈なので、「浦和vs鹿島」をワンセグ携帯でチラチラ見ていた。新井場が退場になってしまって、0−0とはいえ、鹿島に勝ち目があるとは思えなかった。

ハーフタイム。折鶴の場所を探しに行く。試合前は友人たちと模擬店見物をしたりしたせいもあって、折鶴の場所がわからなかった。が、折紙は予定枚数終了していた。とっても残念だった。

後半も結構危ないシーンがあった。こんなで勝てるのかな?ラストゲームがこんなのでいいのかなと思っていた。

乱闘っぽい騒ぎがあってから、バックスタンドも俄然盛り上がってきた。手拍子も大きくなった。

クリックすると元のサイズで表示します
そしてついに、決勝ゴール!相手が詰めてきたので、河合は打つタイミングを逃したかと思った。

バックスタンドにいると、コースがよく分からない。「ア〜はずれた」と思った瞬間ネットが揺れた。みんな待っていたんだよね。我慢していた。だから、本当に一斉に飛び上がった。

その後タイムアップまで長かった〜。勝った瞬間はホッとした。
クリックすると元のサイズで表示します
挨拶する中澤。

昨年ラストゲームは松田の退場があった上に負けだったから、とても厳しい表情だった。それに比べるとだいぶ明るかったね。

「いい時と悪い時の差が大きかった。これが今のマリノス。でも来年はもっと強くなる。そのために練習を頑張る」と言っていた。

ピッチ一周する選手達、若手がいっぱいいてそれがマリノスの希望だ。

「勝利の女神」の友人は前回観戦が8.11だ。彼女が来ると「勝つ」ジンクスは生きていた。またもう一人の友人は日産スタジアム初観戦。サッカー観戦はJリーグ発足2〜3年前の天皇杯決勝以来だという。「やっぱり、テレビより全然いいよね」と言ってくれた。

マリノスファンを増やしたかな。

クリックすると元のサイズで表示します
ゴール裏に挨拶。「♪アレ、うえのよしはる」が繰り返されたのはなぜ?戦力外の可能性があるのか?そういう時期だから気になる。

首位決戦は鹿島が勝利。来週、新横浜が浦和サポの勝利の歌で包まれるのは嫌だな。FCも意地をみせてよ。
0

2007/11/23

師岡熊野神社で祈願  サッカー(代表)

「困った時の神頼み」で、師岡熊野神社に行った。家族親族のことでお願いがあった。

天気がよくて、散歩日和だった。

神社に行くと七五三の家族連れが次々訪れていた。ウチもここで七五三のお参り(参拝のみ)をした。あの頃は夫も若くて、着物で階段を昇れない娘を抱いて階段を軽やかに上がったものだった。

社殿奥のイチョウはまだ緑が残っていて、真っ黄色ではない。
クリックすると元のサイズで表示します

師岡熊野神社はJFA公認お守りや絵馬を頒布している。境内には絵馬架けがある。

こんなのを見ているうちに(11/26写真をはずし言葉のみにしました)
「広島絶対J1残留」
「中澤祐二選手の『夢』がかないますように」

私も祈願しようと思った。

宗教が違ってもサッカーの神様なら、願いをかなえてくれるはず。生まれて初めて絵馬を買って(800円のお納め)奉納。

「オシム監督が一日も早く元気になりますように」と書いた。心から願っている。明日はスタジアムで千羽鶴も折るつもりだ。


さて、日産スタジアムでは「新横浜パフォーマンス」が開催されている。
クリックすると元のサイズで表示します
岸根囃子。東ゲート橋入口のイチョウはすっかり黄色。

クリックすると元のサイズで表示します
ちびっ子たちがシュートゲームをしていた。「この街には横浜F・マリノスがある」の弾幕がちょっと隠れてしまった。

明日はラストゲーム。友人を連れて観戦しますよ。
ぜひ勝利を!

0

2007/11/22

サウジ戦風景  サッカー(代表)

今日になって、サウジ戦評を幾つか読んだ。朝日新聞は「甘い」評価。日経は大人の書き方で戦いぶりを評価。結果を出したからね。

後藤建生さんの戦評を読むとプロはこういう風に試合を見るのかと勉強になる。勉強といってもそれを今後に生かそうなんて気は全然ないけど。

昨日は国立に着くのが遅くて、もう試合前練習が終わる頃だった。「勝ってオシムに良い報告を」の弾幕はちょっとしか見られなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
試合前の練習。柏木と水野かな

観戦仲間のYさんは先に着いていた。彼女は五輪代表戦はずっと見ている。「じゃ、シドニーのあの俊輔がFKを決め、『きのう死んだじいちゃんのためにも・・・』と涙ぐんだあの試合も見たの?!」。羨ましいなぁ。Yさん、この記事見てますか?日本リーグの時代からのサッカーファンだものね。当然だよね。

今回は奮発して(笑)カテ2を取った。(五輪代表戦はA代表より少し安い)。見やすい良い席だった。

回りの観客も面白かった。

「その席、私の席じゃないでしょうか?」と言われて、焦る後ろの人たち。声かけた人の勘違いだったが、「驚いた。あのダフ屋インチキチケット売りつけたのかと思った」。ダフ屋で買ったのかぁ。

ちょっと上の方には元気のいい女性がいて、大きな声でコーチングしていた。「左だよ左、大きくチェ〜ンジ!」「そうそう、それでいい!」(上から目線なのがすごい)

選手発表。まだ、どこのチームの選手?って聞いてしまう。

そういえば、君が代は藤井フミヤだったね。大画面に映ると「老けたなぁ」が感想。

国立に向かって歩いている時は厚着だったので汗ばむくらいだったのに、試合が始まると風が強くなって、寒くなった。

サウジの選手はほとんど長袖だったが、半袖もいた。日本の寒さに負けないとは。でもしっかり手袋はしていたけどね。日本は水野が半袖だったね。

最初はサウジが積極的に攻めてきた。勝たないと北京がないから、まず先取点だよね。

私たちの目の前は本田がいる。本田は何度か前線へ駈け上がりクロスを上げた。「水野が上がらないね」と言っているところで、水野にボールが。でも技巧を弄しているうちに奪われて、最大のピ〜ンチ!あれはよく防いだ。

誰が防いだのかわからなかった。後ろの人たちは「西川〜!何やってる」と怒っていた。

サウジが攻勢だった時、周りの人々は「セカンドボールを拾え〜」或いは「本田、守備サボるなぁ」と叫んでいた。

続きを読む
0

2007/11/22

最低限の仕事サウジ戦  サッカー(代表)

帰宅しました。遅いので簡単に。(と言いつつ簡単にならないんだなぁ)。

なんか最後までこのチームらしさ発揮!でしたね。

まぁでも、とにかく、北京に行けてよかった。選手の涙、爆発する喜びよ!重圧から解き放たれた反町監督の表情。よかった、よかった。

一方、起き上がれないサウジの選手達は、やっぱり可哀想だった。サウジのサッカー協会のお偉いさんが、選手を抱き起こしていたね。

柏木のMOMは納得。運動量が多い。金髪をなびかせて、走り回っていた。帰りの道で、「北澤タイプだな」「いや、技術は上だって」という会話が聞こえた。

私は山瀬功治みたいと思ったよ。前線へ飛び出す、最後尾まで走って守備をする。

一方、本田と水野へは厳しい声が多かった。「本田、走れよ、サボるなよ」「水野、サッカーは独りでやるもんじゃないぞ〜」

サウジのGKを見ていると、かつての名選手、誰だっけ?を思い出す。手足が長くてしなやか。「点が取れそうな気がしないなぁ」と回りの人たちが言っていた。

最後の方はハラハラした。1点入れられたら終わりだもんね。反町監督の選手交代は遅すぎた。

最後、観客はエキサイトしていた。「大きくクリア!」「高く蹴り上げろ」。また、「選手交代で時間を使え〜」「なにやってる反町!」「遅すぎるぞ〜」

拮抗した試合だから、バランスが崩れるのを避けたかったのだろうけど、そう思うより、反町監督は「固まっていた」に違いないとつい考えてしまう。

代表を応援したくて、ゴール裏サポーターに合わせて手拍子をするんだけど、回りはほとんどやらない。あの手拍子はマリノス文化なのだろうか?

最後選手がグラウンド一周している時、「ひでなり〜」「こうき〜」「おかちゃ〜ん」などと声がかかるけど、誰にも声をかけられない、マリサポはとても悲しかったのだ

0

2007/11/21

始まります。  サッカー(代表)

決戦は久しぶり。冷静なつもりだったのにドキドキしてきた。携帯から
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/11/20

価値観の相違  サッカー(その他)

新横浜プリンスペペ1Fの「musee de pea」(ミュゼ・ド・ポゥ)に行った。ドラッグストアというか化粧品屋さん。広々としている。荒川静香さんをここで見かけたという話もある。

この店は、「FIT CARE DEPO」の系列だから、ポイントカードは共通。まとめて化粧品を買ったら、ポイントが貯まったのか、2000円割引券をもらった。これ結構嬉しい。

(以前、「HAC」ポイントカードを持っていたが、磁気が壊れて、しかも2回!ポイントがパーになった。HACの悪口を言いたいのではないけど、ポイントがパーになった悔しさはある。みみっちい話でごめんなさい

この日、店員さんと話している時にふと目に入った美容クリーム。5万数千円もする

年間チケットペア」が買えるじゃん!

新聞によると最近は数万円の高級美容クリームが大変に売れているのだそうだ。でも今さら10代や20代の肌に戻れるわけでもなし〜、自然に老いていけばいいのだ

こういうのを価値観の相違というんだね。

若い頃、「価値観」という言葉は新しかった。意味を知っても、今ひとつピンとくるものがなかった。

今はよくわかる。

昔の知り合いだけど、主婦でアニメCD・ビデオ・DVD蒐集に大枚はたいている人がいる。今でこそ「オタク」だの「アキバ系」だの世に認められているけれど、家族の食事をほっといてもアニメごときに夢中になる感覚は理解できなかった。価値観の相違というのを実感したきっかけ。

季節柄話題になり始めた「福袋」。あれも分からない。何が入っているかわからないものに、何時間も前から並んで、争奪戦をして、数万円を支払うわけでしょう。商品はちゃんと吟味して選びたくないのかなぁ。価値観の相違。

「韓流」もわからないし。
先日も地下鉄で60〜70歳代のご婦人方が熱心に「チュモン」だの「ヘシン」だの語り合っていて、しばらくして、「あ、韓流ドラマだ」とわかった。DVDを全部買ったと言っていた。この歳にして、はぁ〜。

でも、中国や韓国、アジアの旅によく出かける知人に、「余裕(=お金)があるねぇ」と羨望の眼差しで言うと、「あなたがサッカーに費やしているお金で十分まかなえます」と言われた。

そうかもしれない。

(本当はサッカー観戦を兼ねた国内・海外遠征が夢なんだけれども)

消化試合になるかもしれない、無駄な出費だったかもしれないと恐れた五輪代表戦は、北京出場を賭けた大勝負となった。

これは価値ある出費だったよね。

キックオフ時間も予定通り。明日は寒そうだけれど、しっかり防寒用意をして試合に臨もう。

高級美容クリームよりサッカー観戦

0

2007/11/19

ジンクスとか迷信とか  生活

昨日、「先発メンバー発表をどちらのチームから読むか」という「ジンクス」を書いた。前にもゲン担ぎの話を書いたことがある。

ジンクスとか、おまじないとか、ゲン担ぎとか、気の弱さだよなぁ。

というより、迷信深いんだと思う。

神社、お寺、教会、行けばどこでも拝んでしまう。真っ白な富士山だってかしわ手を打って拝みたくなる。

道端のお地蔵さんにも手を合わせてるし。

神社やお寺で買った破魔矢とかお札とかお守りもゴミとしては捨てられない。旅行先でもらった「観光バス乗車記念・熊野神社那智詣」の木札も捨てられない。夫が別所温泉の旅館でもらった「招き猫」も飾るにはダサいと思いつつ、粗末にはできない。

景品の「DR・コパ」の風水財布も捨てられなかった。これは新年会のオークションに出して引き取ってもらった。

家に小さな蜘蛛が入ってきて、嫌だなぁと思って、つぶした。すると、娘が「お母さん、蜘蛛を殺すと地獄に落ちた時にお釈迦様に助けてもらえないよ」(親が地獄に落ちると思っている子どもって・・・)。でも、それ以来、蜘蛛を見つけるとシッシッと追い払うだけにしている。

福沢諭吉はこういう因習を笑い飛ばしているのだけど(福翁自伝)。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ