2007/11/13

クレジットなんでも110番報告  政治

このblog11月6日に紹介した「クレジット何でも110番」が11月10日(土)11日(日)に実施され、このほど結果(速報)がまとまったそうです。

⇒こちら「クレジット何でも110番結果報告(速報版)

相談件数は187件。高齢者の家族から「次々と商品を販売され、不要な商品を大量に抱え、高額多額な支払いに困っている」「悪質勧誘による契約を取り消せないか」「親の被害にどう対処すればいいか」などの相談があり、特に、次々販売の相談では被害額が大きく高額で深刻なケースが見受けられたとのことです。

現在、経済産業省では23年ぶりに「割賦販売法」の改正に取り組んでいます。法改正については、十一月末に経済産業省の審議会が最終答申を出す見通しです。

「消費者のための割賦販売法改正実現会議」は被害根絶のため、
*利用者の支払い能力を超えた契約を結ぶ「過剰与信」の防止
*信販会社に悪質業者と共同責任を負わせ、支払った代金を返還させる

などの規定を求めて運動を続けています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ