2007/11/18

鶴見川晩秋&千葉戦  旅・散歩

サハラ杯水戸戦を小机でやっているのは知っていたが、今日は「関口知宏の中国鉄道大紀行」の最終回だったので、そちらを優先した。今回は最終回で特別拡大版だった。

終わってから、鶴見川〜新横浜方面へ散歩に出かけた。

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉が散る新横浜公園。桜の葉の落葉。

新横浜を歩いていると、サッカー観戦としか思えぬ人々とすれ違った。(日産スタジアムでは横浜FC対新潟戦がある。)

でも、ユニフォームとか、マフラーとか身につけていない。横浜FCグッズを身につけるのはもはや恥ずかしい?

最初に見たマフラーはマリノスだった。トリコロールの太鼓も持っていたから、サハラ杯を応援した人たちだね。雰囲気が明るかったから、きっと快勝だろうと思った。

その後、次々に会ったのは新潟サポーター。彼らはユニフォームやマフラーを身に着けていたよ。FCサポには全く会わず。
クリックすると元のサイズで表示します
ススキが揺れる鳥山川・鶴見川とワールドカップ大橋。

(夕方は風が出てきて、夕焼けに富士山のシルエットがきれいに見えた。)

途中、携帯が鳴って、今日の試合のメンバー発表を知った。

シーズン最初の頃は、間違えて相手チーム紹介メールを先に開けてしまった。するとよく負けた。それで、注意深く受信メールを見てマリノスを先に開けることにした。しばらくはマリノスの勝ちが続いたのだけれど、最近このジンクスも通じなくなっていた。

今日はたまたま千葉の方を先に開けた。一瞬「まずい!」と思ったけど、「いや、ジンクスを変える方がいいかも」と思い直した。

ジンクスを変えてよかった。

例によって、テレビ観戦はゆっくり見ることができず。私が見たのは勇蔵のレッドとPK。1−1で前半終了。後半始まってから、ちょっと席をはずして戻ってくると、どういうわけか2−2になっていた。いつの間に?あっけに取られた。

その後はハラハラだった。隼麿のシュートが決まって、勝ち越した後もハラハラ。「まだ試合終わらないの〜」。「あぶなーい!」などと叫んで、家族に「うるさい」と言われてしまった。

断続的にしか見られなかったが、いい試合だったよね。勝ったから言うわけではなくて、選手の想いが伝わる試合だったと思う。

中澤の
「俺が代表に復帰しようと決めたのは
オシム監督が俺のことを必要としてくれたから。
でも今は、俺がオシム監督を必要としている。」

のメッセージにウルっとしてしまった。祐ニは「だから勝ちたい」とその後に続けている。その通りになった。

千葉サポの記事も読んだ。
「レッズやフロンターレ、ガンバよりもマリノスの方が敵にしてイヤなチーム」(「いぬを追いかけて」さん)だそうだ。買いかぶりすぎだよ〜。

試合後、両チームで「オシムコール」をしたとのこと。千葉サポのblogにも感謝の言葉があった(テレビのスポーツニュースでは伝えていなかったけど→そう、久しぶりにNHKのサンデースポーツもやべッちも見たのだ)。

右に「オシム監督の回復を祈るバナー」を置いたが、意味がわかりません。どなたか教えてください。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ