2007/11/22

サウジ戦風景  サッカー(代表)

今日になって、サウジ戦評を幾つか読んだ。朝日新聞は「甘い」評価。日経は大人の書き方で戦いぶりを評価。結果を出したからね。

後藤建生さんの戦評を読むとプロはこういう風に試合を見るのかと勉強になる。勉強といってもそれを今後に生かそうなんて気は全然ないけど。

昨日は国立に着くのが遅くて、もう試合前練習が終わる頃だった。「勝ってオシムに良い報告を」の弾幕はちょっとしか見られなかった。

クリックすると元のサイズで表示します
試合前の練習。柏木と水野かな

観戦仲間のYさんは先に着いていた。彼女は五輪代表戦はずっと見ている。「じゃ、シドニーのあの俊輔がFKを決め、『きのう死んだじいちゃんのためにも・・・』と涙ぐんだあの試合も見たの?!」。羨ましいなぁ。Yさん、この記事見てますか?日本リーグの時代からのサッカーファンだものね。当然だよね。

今回は奮発して(笑)カテ2を取った。(五輪代表戦はA代表より少し安い)。見やすい良い席だった。

回りの観客も面白かった。

「その席、私の席じゃないでしょうか?」と言われて、焦る後ろの人たち。声かけた人の勘違いだったが、「驚いた。あのダフ屋インチキチケット売りつけたのかと思った」。ダフ屋で買ったのかぁ。

ちょっと上の方には元気のいい女性がいて、大きな声でコーチングしていた。「左だよ左、大きくチェ〜ンジ!」「そうそう、それでいい!」(上から目線なのがすごい)

選手発表。まだ、どこのチームの選手?って聞いてしまう。

そういえば、君が代は藤井フミヤだったね。大画面に映ると「老けたなぁ」が感想。

国立に向かって歩いている時は厚着だったので汗ばむくらいだったのに、試合が始まると風が強くなって、寒くなった。

サウジの選手はほとんど長袖だったが、半袖もいた。日本の寒さに負けないとは。でもしっかり手袋はしていたけどね。日本は水野が半袖だったね。

最初はサウジが積極的に攻めてきた。勝たないと北京がないから、まず先取点だよね。

私たちの目の前は本田がいる。本田は何度か前線へ駈け上がりクロスを上げた。「水野が上がらないね」と言っているところで、水野にボールが。でも技巧を弄しているうちに奪われて、最大のピ〜ンチ!あれはよく防いだ。

誰が防いだのかわからなかった。後ろの人たちは「西川〜!何やってる」と怒っていた。

サウジが攻勢だった時、周りの人々は「セカンドボールを拾え〜」或いは「本田、守備サボるなぁ」と叫んでいた。

続きを読む
0

2007/11/22

最低限の仕事サウジ戦  サッカー(代表)

帰宅しました。遅いので簡単に。(と言いつつ簡単にならないんだなぁ)。

なんか最後までこのチームらしさ発揮!でしたね。

まぁでも、とにかく、北京に行けてよかった。選手の涙、爆発する喜びよ!重圧から解き放たれた反町監督の表情。よかった、よかった。

一方、起き上がれないサウジの選手達は、やっぱり可哀想だった。サウジのサッカー協会のお偉いさんが、選手を抱き起こしていたね。

柏木のMOMは納得。運動量が多い。金髪をなびかせて、走り回っていた。帰りの道で、「北澤タイプだな」「いや、技術は上だって」という会話が聞こえた。

私は山瀬功治みたいと思ったよ。前線へ飛び出す、最後尾まで走って守備をする。

一方、本田と水野へは厳しい声が多かった。「本田、走れよ、サボるなよ」「水野、サッカーは独りでやるもんじゃないぞ〜」

サウジのGKを見ていると、かつての名選手、誰だっけ?を思い出す。手足が長くてしなやか。「点が取れそうな気がしないなぁ」と回りの人たちが言っていた。

最後の方はハラハラした。1点入れられたら終わりだもんね。反町監督の選手交代は遅すぎた。

最後、観客はエキサイトしていた。「大きくクリア!」「高く蹴り上げろ」。また、「選手交代で時間を使え〜」「なにやってる反町!」「遅すぎるぞ〜」

拮抗した試合だから、バランスが崩れるのを避けたかったのだろうけど、そう思うより、反町監督は「固まっていた」に違いないとつい考えてしまう。

代表を応援したくて、ゴール裏サポーターに合わせて手拍子をするんだけど、回りはほとんどやらない。あの手拍子はマリノス文化なのだろうか?

最後選手がグラウンド一周している時、「ひでなり〜」「こうき〜」「おかちゃ〜ん」などと声がかかるけど、誰にも声をかけられない、マリサポはとても悲しかったのだ

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ