2007/11/27

Jリーグいよいよ最終  サッカー(その他)

日曜のJ2が終わった後、武藤文雄講釈師は慨嘆の、エルゲラさんは歓喜の記事だった。

この時期は悲喜こもごも。

武藤さんは仙台サポ。今年も昇格はならなかった。一方エルゲラさんはヴェルディ。ほぼ昇格を確定した。

ヴェルディは7連敗して、ラモス解任かと言われた危機をよく乗り越えたよね。J2は長丁場なので、一喜一憂せず、長い目で見る必要があるのだろう。

仙台は一時は良かったのにね。J2暮らしが長くなると、ベルマーレのようにすっかりJ2が定位置になってしまうから、用心用心。

札幌も昇格圏内。札幌の試合評は全く読まないので、どうして強いかわかりません。三浦監督の手腕なのだろうか。「白い恋人」をバネにしたのかな。

私はヴェルディというチームは好きじゃないけれど、昔からずっとヴェルディを応援しているサポーターは尊敬します。マスターが言うように日本で「クラシコ」と言えるのは「マリノス対ヴェルディ」だけ

最速で降格を決め、Jリーグのワースト記録を次々塗り替えている横浜FC。それでも応援を続けるサポーターも、私は偉いと思う。

最終節、多勢に無勢で応援するFCサポーター頑張って!判官びいきしちゃう。雲霞の如く湧き出るにわかレッズサポなどよりずっと偉い。(→これは私が言っているのでなくレッズコアサポが「にわかが多くて」と嘆いている現状を言っているのヨ)

マリノスは神戸戦。大島が得点して日本人得点王になりますように。

この時期は選手の移籍、引退記事も多くなる。

祐二をヴェルディが欲しがっているというけど、そういうみっともない真似はやめましょう。

外池選手が引退されるとの事。マリノスでも頑張ってくれた。地元横浜出身の選手。近くで何回か見かけた。お疲れ様そしてありがとう。

今年、マリノスは有望若手選手を次々獲得した。マリノスタウン効果かなとも思う。でもね、若手選手はこの環境で、浮ついたらいかんよ。

昨日の朝日新聞天声人語は「オシム監督」の快癒を祈る内容だった。いい文章だったので切り取っておこう。

ニュースによれば、オシム監督は容態も安定しているので、意識を回復する治療に入るとの事だ。

少しずつでも回復されますよう。

後任の人事も選考が進んでいるようだ。「岡田」説、「オジェック」説。岡田監督は私の中では微妙〜。岡ちゃんはもう引き受けないんじゃないだろうか。カリスマ性にかげりがあるし、オシム監督の後は気の毒だ。

ベンゲルがアーセナルを辞めるなら、一度日本代表の指揮を執ってもらいたいけれど。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ