2007/12/5

入れ替え戦など  サッカー(その他)

京都対広島の入れ替え戦をBS1で見た。

今日は比較的ゆっくり見ることができた。どっちが勝ってもあまり関係ないからかな。

気持ちで言うと、広島を応援していた。だが、広島は京都の勢いに飲まれていたような気がした。

2点取った田原って、あの田原でしょう。01年マリノスが降格危機時の期待の大型FWだったと思うけど。馬力はあるけど、スタミナがなかったような。何となく「鈍重」というイメージが残っている。

今日のヘディングは見事だった。強くて高かった。マリノスにいた時よりも貪欲さを感じた。

同じ紫がチームカラーなので、時々京都なのか広島なのかわからなくなった。

見ていると、この2チームの中に、戸田とか森岡とかいるんだよね。二人は元清水?桐蔭?時は移り変わる。

2−0じゃつまらないと思っていたので、2−1になって満足だ。

京都の加藤久監督はかなり大きな身振り手振りで指示していた。あんなに感情を表す人だっけ?

京都にいるのは、京セラの稲盛和夫氏に心酔したかららしいね。「サッカー批評」でその記事を読んだ時、稲盛氏に一喝されて涙が止まらなくなったなんて書いてあって、「そんな単純でよいのか?」と思った。でも逆に、勝負の世界はそれくらい厳しいから、何かに頼りたくなるのかなぁと考え直したりした。

次の試合も楽しみだ。広島はいい選手もいるし、若手も有望選手が多いし、フェアプレーだし良いチームなのにいつも降格争いなど苦労している。頑張って欲しいなぁ。

セルティックが欧州CL予選リーグを突破したそうだ。俊輔が出ないとなるとこんなに関心が低くなってしまうのか。試合をしていること自体知らなかった。

何なのだろう?このところ欧州サッカーへの関心も少し低くなってしまった。早起きしてみようとか、あんまり思わなくなった。選手が小粒になっているような気もするのだ。

でもまぁ、トーナメントになれば、また違うだろうけど。
0

2007/12/4

FC対浦和の記事など  サッカー(その他)

数日経って、横浜FC対浦和の記事がアップされるようになった。

このblogにもコメントをいただく「新横君」さんの記録が面白かったです。写真も沢山あるし。リンクしてもいいかなぁ?

「@新横浜」の「ブログ@新横浜」12月1日ともう一つ特別編日産スタジアムが赤く染まった日

試合後の「そそくさ」に笑いました。

あと、「From backstand 蹴球間々記」の「最終節 横浜FC対浦和レッズ」(12月2日)。

「卑しくもここは横浜FCのホーム、しかもバックスタンドはホームのものと不文律で相場が決まっている。それを堂々とビッグフラッグを掲揚するとは、人の家で勝手に冷蔵庫を開けて好きなものを食ってしまうようなものだ。」と批判している。

数を頼んだ傍若無人ぶりは、またしても、だ。昨年3月25日の出来事(マリノスの弾幕がレッズサポによって落とされた)を思い出す。

昨年のその試合の日、高校時代の友人(熱心な浦和サポ)と再会した。私に会いにマリノス側まで来てくれた友人は、だが、浦和のユニフォームを着ていなかった。「相手側に行く時は脱ぐのが礼儀でしょ」と言った。

そういう良識あるサポーターも大勢いると思うけどね。

湯浅健二さんの「トピックス」でもそういうサポーターのことが書いてある。

とにかく、悪貨が良貨を駆逐するでは困る。

ところで、オシムさんが家族と交わした会話というのが、ニュースにあった。「試合は?」が最初の言葉だったとか。具体的な様子がわかると、ホッとする。毎日回復を祈っています。

0

2007/12/3

なんだか微妙  サッカー(代表)

岡田武史氏がサッカー日本代表監督に正式に決まったようだ。岡田監督の言葉が全くないので、今ひとつピンとこない。近く記者会見もあるのだろうが。

決まったことがピンとこないだけでなく、代表監督としてのイメージもピンと来ない。オシム監督の個性というか、存在そのものが大きすぎるからとは思う。

岡田監督は日本代表をどのように率いていくのか?つまらないサッカーをするのではないかと言う危惧がある。ジーコの時とは違う、リアリストとしての、或いは理詰めのつまらないサッカー。

イマージネーション豊かなサッカーにはならない気がする。

オシム監督にはその繰り出す言葉の豊穣さから、どんなサッカーを見せてもらえるのだろうと期待した。或いは今はこんなサッカーでも、チーム作りのどの段階で、次はどうなっていくのか?今の到達点から、次はどのようにチームが変化進化していくのか?と想像する楽しみがあった。

それともう一つの心配は、ある程度岡田監督を知っている選手も多いので、選手の側に緊張感が薄れはしないかということ。そんなことを言うのは選手に失礼か。

どうしても「微妙〜」という感覚が抜けない。

マリノスの新監督も微妙だ。よくわからん。どういうサッカーを目指すのか?コーチ陣も一新されるようだし、どうなっていくのだろうか。

水沼さんは、次の監督候補として、マリノスにはずっといるのかと思っていた。息子の入団も関係しているのか?他へ武者修行に出るのかなぁ。それともテレビの世界に戻るのか。軽妙な話術は魅力だけれど。

選手構成も気になる。若手がすごく多い。でもまだ非力だよね。世界を見渡せば10代でトップ(攻撃面)というのは珍しくもないけれど、日本ではなかなかね。だから、きちんと強化を図って欲しい。

でもマリノスのことだから、期待もあるけれど、「また同じだろうなぁ」というあきらめ感も強い。微妙な気持ち。来年も我慢の年になるのか?

他チームの監督人事や戦力外選手の話を聞いていても、訳分からない。その監督でいいの?とか、そんなに早く見切りを付けちゃうのかとか。選手にしても、え?あの選手が?とかそんなに多くの選手をクビにしていいのか?とか。

サッカーの人事は毎年、変化多すぎ。この辺どうなのか。微妙な感じ。

J2が15チームになるというのもどうだろう?偶数にはならないの?J1も含めてチーム数は難しい問題だ。年間スケジュールのことも考えると、チーム数の適正についてそろそろ考えてもいいんじゃないのかなぁ。

まだ、天皇杯があるのだけれど、この時期って微妙〜だよね。
0

2007/12/2

ボーンの共演者からとりとめもなく  映画

「ボーン・アルティメンタム」の共演者達のことについて11月30日に書いた。今日は共演者ジュリア・スタイルズの出演映画から考えたこと。

(→家族から、何かにつけ《下らない事でも》「考える人だね」と指摘される

彼女は「ボーン・アイデンティティ」では出演場面は多いものの、せりふはあんまりなかった。第3作になると、彼女の存在が大きくなる。

ハリウッド期待の若手女優というから、最初はチョイ役に見えて、実は重い役でのキャスティングだったのだろう。

彼女の出演作では「モナリザ・スマイル」を見た。旧「みゆき座」で上映していた。ジュリア・ロバーツ主演の小品。

ヒラリー・クリントンの出身大学でもある名門女子大の美術教師と女子学生の話だった。

進歩的な考えを持つ美術教師にジュリア・ロバーツ。
同僚の気のいい女性教師をマーシャ・ゲイ・ハーデン(アカデミー助演賞受賞者)

明るく優秀な学生リーダーがジュリア・スタイルズ。
優等生だが、同窓会長でもある母親の保守的な価値観に押しつぶされそうな学生をキリスティン・ダンスト。
奔放でいわゆる不良学生だが、本質を見抜く力のある女性をマギー・ギレンホール。

ダンストは「スパイダーマン」の恋人MJだし、「マリー・アントワネット」で主演、とハリウッドを代表する女優になった。
マギーは、「ワールド・トレードセンター」等で存在感ある演技を見せている。弟は「ブロークバック・マウンテン」に出ているジェイク・ギレンホール。

大物女優と売り出し中の若手女優を組み合わせた映画は、もちろん映画会社の「興行」狙いだとは思うが、一方で、若手を育てる意味も大きいと思う。

作品自体、教師が女性の先輩として、若い学生達を励ます内容だった。価値観や視野を広げる重要性を身を持って示す。それは生き方を押し付けるのではない。自分で考えることの大切さを教えたのだ。

スタイルズ演じた女子学生は、学問の道に進むこともできたが、自分の意志として「結婚」を選ぶ。それをまた美術教師も祝福するのだ。

その映画を思い出した時に、「猿橋賞」のことも思い出した。


続きを読む
0

2007/12/1

鹿島優勝?!  サッカー(マリノス)

今日は、午後ずっと出かけていた。

優勝の行方が気になって、携帯で速報サイトを見た。

後半数分過ぎだったかな。横浜FC−浦和は1−0だった。鹿島−清水は2−0だった。

マリノスからの速報メールは先発メンバー紹介以後、全然送られてこなかった。つまり0−0。

試合もそろそろ終盤と思い、また携帯で経過を見た。後半42分だった。FC−浦和は変化なし、鹿島は1点追加の3−0になっていた。それからサイトの更新がない。

マリノスからも何のメールも届かない。

建物の中だったので、ワンセグは視聴できないかな?と思いつつ、ワンセグにしてみた。映ったのは、喜ぶオリヴェイラ監督だった。

真赤なスタジアムだけど、それは鹿島スタジアムだった。

その時、メールが来た。マリノスからの「本日の試合結果」だった。つまり得点なしということ

帰り、渋谷駅に着くと、東横線から浦和サポが続々と下りてきた。東横線渋谷行きはレッズ専用列車みたいだった。さすがに皆沈痛な表情だったねぇ。

テレビで試合を見ていた夫は「ビリと1位のチームの試合とは思えなかったよ。ベテラン勢が気迫のプレーだった」と言っていた。

マリノスサポの間では「日産スタジアムで浦和の優勝か、鹿島の10冠か、究極の選択」と言われていた。どっちも嫌だと。

浦和の優勝も新横浜以外だったら別に気にならならなかったのだけどね。

それにしてもマルキーニョス逆転優勝の場に2度も居合わせたんだね。しかも1点目はPK獲得、3点目ゴールでしょう。マリノスに置いておかなかったのは本当にもったいなかった。

そういえば、契約満了の選手の中に、「上野良治」選手がいた。やはり、24日のセレモニーで上野のコールを特別にやったのは、リーダーが何かしらを知っていたんだね。上野さん、寂しい。

「アレ!うえのよしはる」のカッコイイコール、私はとうとう、手拍子を覚えることができませんでした 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ