2007/12/2

ボーンの共演者からとりとめもなく  映画

「ボーン・アルティメンタム」の共演者達のことについて11月30日に書いた。今日は共演者ジュリア・スタイルズの出演映画から考えたこと。

(→家族から、何かにつけ《下らない事でも》「考える人だね」と指摘される

彼女は「ボーン・アイデンティティ」では出演場面は多いものの、せりふはあんまりなかった。第3作になると、彼女の存在が大きくなる。

ハリウッド期待の若手女優というから、最初はチョイ役に見えて、実は重い役でのキャスティングだったのだろう。

彼女の出演作では「モナリザ・スマイル」を見た。旧「みゆき座」で上映していた。ジュリア・ロバーツ主演の小品。

ヒラリー・クリントンの出身大学でもある名門女子大の美術教師と女子学生の話だった。

進歩的な考えを持つ美術教師にジュリア・ロバーツ。
同僚の気のいい女性教師をマーシャ・ゲイ・ハーデン(アカデミー助演賞受賞者)

明るく優秀な学生リーダーがジュリア・スタイルズ。
優等生だが、同窓会長でもある母親の保守的な価値観に押しつぶされそうな学生をキリスティン・ダンスト。
奔放でいわゆる不良学生だが、本質を見抜く力のある女性をマギー・ギレンホール。

ダンストは「スパイダーマン」の恋人MJだし、「マリー・アントワネット」で主演、とハリウッドを代表する女優になった。
マギーは、「ワールド・トレードセンター」等で存在感ある演技を見せている。弟は「ブロークバック・マウンテン」に出ているジェイク・ギレンホール。

大物女優と売り出し中の若手女優を組み合わせた映画は、もちろん映画会社の「興行」狙いだとは思うが、一方で、若手を育てる意味も大きいと思う。

作品自体、教師が女性の先輩として、若い学生達を励ます内容だった。価値観や視野を広げる重要性を身を持って示す。それは生き方を押し付けるのではない。自分で考えることの大切さを教えたのだ。

スタイルズ演じた女子学生は、学問の道に進むこともできたが、自分の意志として「結婚」を選ぶ。それをまた美術教師も祝福するのだ。

その映画を思い出した時に、「猿橋賞」のことも思い出した。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ