2007/12/13

予定調和レッズ・ミラン戦  サッカー(その他)

筋書き通りの展開で、一安心。

周りの人がみな優しい日本人なので、「浦和を応援します!」なんて言ってるから、「冗談じゃないよ、何のために高いお金出して、早々とチケット取ったのさ」と毒づいていた。

ミランとボカの試合を見たいからに決まってるじゃん。

だから、今日は、まぁまぁいい試合だったし、0−1ならレッズファンも満足でしょう。八方丸く収まったと言うわけ。

ミランはあんまり調子よくなかった。ていうか、今シーズンのミランはあんなもの?わからない。俊輔が離れてから、セリエAを見なくなってしまった。

一番面白かったのは、山田のシュートをジダが取り損ねてCK。その直後ガットゥーゾとジダがすごい形相で言い合いをしていたところ。これはテレビでないと見られないシーンだった。

ジラルディーノはゴールなし。練習中も彼に全然ボールが入らなかったし、ゴールも見なかった。
(というか、そもそも彼に限らずミランの練習であんまりゴールがなかった。セットプレー練習でネスタのゴールを見たかな。)

インザーキに交代してまもなくゴールが生まれたのを見ると、力の差かなと思いつつ、それ以上にネームバリューとかオーラの差かしら、などと考えてしまう。

ゴールの瞬間、スタジアムが大喜びで、浦和サポよりミランファンの方が多いように感じた。スタジアム周辺を歩いた人の話でも、ミラニスタ(にわかも含めて)が多かったとのことだ。

浦和サポが2階一番前のフェンスにまたがって、身を乗り出して応援していた。偉いと言うか怖い。高所恐怖症としては、見ただけで身がすくむ。

ミランのマリノスタウンでの練習が追加になった。余程気に入ってくれたらしい。明日も明後日も、特に明後日15日はすごい人出だろう。早くに行かないと入場制限になると思う。私はもう十分に練習を拝見したので、行かない。あとは決勝戦を待つのみ。

昨日のボカも楽しかった。始めのうちは動きが固くて重くて、大丈夫かなぁと思わされたけれど、やっぱりボカはボカだった。あのゴール。絶妙のアシストとゴール。ため息が出た。

ボカのサッカーは面白いよね。のらりくらり。そう走りぬくわけではないのに、スペースに必ず人がいる。わずかなステップで相手を置き去りにする。ひょいと前に出てボールを掠め取る。ペナルティエリアに侵入されても全く慌てない。いい時間帯に絶妙な形でファウルを受けて、時間稼ぎ。

サイドからの崩しもクロスを上げるだけでなく、短いパスあり、ドリブルあり、変化に富んでいる。ワンパターンじゃない。マリノスの選手も学んで欲しいとつくづく思ったよ。

オシム監督がいたら、どんな感想をいうのかな?

今日の試合、テレビで岡田監督の言葉も紹介され、監督の予想通り、0−1の試合だったけれど、なんかもう、岡田監督の言葉に感心することがなくなってしまった。「ごもっとも」なんだけど、「へぇ!そうなのかぁ」と驚かされることがない。

オシム監督に決勝を見せてあげたいなぁ。会話が増えたと聞いてとても嬉しかったけれど、それでもやっぱりオシム監督の不在は心に穴が開いたようだ。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ