2007/12/19

CWC今年の思い出  サッカー(その他)

毎日毎日ミーハーネタで、なんと暇なおばさんでしょうか。でも勢いで、今日もCWCについて書いてしまう。

試合のことではいくつか。
*ネスタの2点目。あれ、練習でやっていた通りだったよ。ピルロが右から入れて、一人前に出て後ろにネスタ。練習でもネスタが決めていた。

*ジダは試合中、年がら年中体操をしていた。手足を閉じたり開いたりのジャンプ、後ろキックとか。よほど寒かったんだろう。ミランが攻めている時、ふっとジダを見るといつも体操しているんだよ。冷えるとケガもしやすいし。

試合後、ピッチを一周する選手達、ユニフォーム姿だったから、寒かったみたい。肩をすくめたり、腕をこすったりしていた。

*カカの入れた3点目。DFに詰められたので、シュートのチャンスを逃したと思った。シュートしたけど、入るとは思わなかった。え〜!だったね。

*え〜っはボカの1点目も同じ。電光石火の得点だった。「え?入っちゃった、何がどうなったの?」あのタイミングでミランのDFを出し抜いてヘディングを決めるって、やっぱりボカの選手はすごい。みんなが言ってるけど、リケルメのいるボカを見たかった。

*ミランのサポーターの中にいた、日本人。「そんなの関係ねぇ」を教えていた。イタリア人サポも喜んで「そんなのかんけーねぇ」とやっていた。小島よしおは万国共通?

ミランの練習を見に行って、もちろん、見るもの全て新鮮だったけど、その中で印象に残ったこと。

*マルディーニだったかな?ネスタだったかな。

ヘリコプターのプロペラ音がした。その音の方を探してヘリを見つけると、ずっとその後を目で追っているんだよ。ヘリコプターなんて珍しくもないだろうにね。眺めている姿は無防備で、すごく普通の人に見えた。親しみを感じた。

*スタンドで私がイタリア優勝Tシャツを掲げると、選手の一人が手を振ってくれた。「今の、このTシャツを見て、手を振ったんだよね」と家族に言うと、冷たく「誰か、手を振った人に応えたんじゃないの」。「すぐ自分に都合よく考えるんだから」。そうかな〜

*ミラン公式サイト英語版にToday's YOKOHAMAという記事が毎日あったんだけど、まず、天気のことが書かれていて、「sun and bluesky」だった。ほぼ毎日本当にいい天気で、気持ちよかった。

宿泊地が「みなとみらい」だから尚更だ。海が見えるし、空は広い。朝晩はきっと富士山もくっきり見えたろう。「みなとみらい」は、夜は夜で夜景がきれい、特に12月の今は。

と最後はYOKOHAMA loveで締めました。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ