2008/2/29

演劇を見てきた  政治

今日、「歌わせたい男たち」(永井愛作・演出 戸田恵子主演)を見てきた。

クリックすると元のサイズで表示します
三谷幸喜さんから戸田恵子さん、近藤芳正さんへのお花。下のほうにはベッキーの名前も。(携帯写真)

クリックすると元のサイズで表示します
堺正章さん、ブラザートムさんから。(携帯写真)

中上雅巳さんも出演しているので、妻の「山瀬まみ」さんからの花もあった。

写真はごく一部でロビーには花があふれていた。今日が初日で、満席だった。

今回は再演。05年に上演され、その年数々の演劇賞(朝日舞台芸術賞グランプリ・秋元松代賞、読売演劇大賞最優秀作品賞・最優秀演出賞・最優秀女優賞)を受賞している。

この演劇は、東京都の「日の丸・君が代強制」問題を描いている。最初から笑い声の絶えない舞台だ。だが、見終わった後は重い苦いものが残り、「あ〜なんて時代に生きているんだろうか」とため息をついてしまう。涙が出るといった方がいいかな。

俳優陣が素晴らしい。平日夜はまだ残席があるそうなので、ぜひご覧下さい。(3月23日まで)

この演劇を見るために、新宿・紀伊国屋ホールへ行った。紀伊国屋ホールは一体何年ぶりだろう。20代初めに行ったきりだから、はぁ〜古い話だ。

黒テント(68/71黒色テント)が小川真由美を客演に迎えた舞台だった。テントでなく、ホール公演だった。清水紘治や斉藤晴彦などおなじみのメンバーが出演していた。どういう劇だったか忘れた。「阿部定もの」だったかな?

続きを読む
0

2008/2/28

阿蘇の写真ほか  旅・散歩

家族が九州旅行中です。携帯写真を送ってきたので、掲載。
クリックすると元のサイズで表示します
阿蘇中岳。今日は特別白煙が多いそうだ。雪景色だ。

ところで今日は私の誕生日です。

今年元旦は「一年の計」を立てなかった。この歳で「一年の計」もおかしいけれど、一応、今年の目標とか立てるのだ。

だが、今年は昨年末からの疲れというか、一大イベントが終わって気が抜けた状態だった。何ということもなく、新年を迎えた。

で、自己抑制も何もなく、体重を気にして食べ物を控えるとか、運動不足解消を考えるとか、お肌の手入れとか、な〜んも気にしなかった。

お菓子も食べたい時に食べたし、動きたくなければ動かないで家でぬくぬくしていた。やりたくないことはしなかった。

すると、「ストレスレス」だねぇ。ほんと、楽だった。

そんなに体重増えたわけではないし(減らないけど)、こんな生活も悪くない。

でも今日は誕生日だ。新しい歳を重ねるわけだから、何か決意しなくちゃ。

そうだなぁ、中国語をもう少し真面目に勉強しよう。挫折したイタリア語をもう一度、やってみようかな。せめてローマ字を見て発音できるくらいにはなりたいなぁ。

なんて、少し考え始めたんだけど、今日、スギ花粉飛んでませんでしたか?今まで花粉症とは無縁だったのだが、今年は目のかゆみや鼻のムズムズを感じる。今日は鼻づまりだ。夜になって段々ひどくなってきた。風邪なのか、花粉症なのかわからないけど、不快。

何かを考えるのが面倒くさくなった。というわけで、今日も面倒なことはせずに、終わり。

まぁ、毎日ブログを書いているから、それでよしとしよう。お気楽ブログを読んでくださる方がいて、コメントを下さる方もいる。実はこれが何より「ストレスなし」の元なのだ。ありがとうございます。
0

2008/2/27

サッカー馬鹿につける薬  本・文学

「サッカー馬鹿につける薬」を今読み終わった。

以下雑な感想。

この本のことは前から知っていた。毎日「サポティスタ」を開くたびに目に入るからね。

でも表紙の絵が嫌だった。どうしてあんなイラストを表紙にしたのだろう。おばさんにはとても抵抗がある。



でも本屋で手に取って1〜2ページ読んだところで、レジに並んでいた。「カバーはどうなさいますか?」「もちろんかけてください」

読んでとても懐かしかった。「そうだったなぁ」とか「そうそう」と思いながら読んだ。

最初の話がJAWOC更新中止、スポナビのYAHOO移管、「isize sports閉鎖」だからね。

あの2002年の熱い日々を思い出した。深夜W杯チケットサイトで「メロン」「みかん」だの言いながらネット申込を必死でやったっけ。朝4時から5時が狙い目だとか、裏ワザを教えてもらったり。全滅だったけど。

ジーコに失望し続けた4年間。勝利を祈る一方で、ジーコ解任のためには敗北が必要、と気持ちを切り裂かれた日々。

「規律のトルシエ、自由のジーコ」なんて川淵キャプテンの嘘をヨイショし続けるマスコミに苛立った。

トルシエ解任論批判論の時も、私の考えははネットの大多数と同じ「トルシエ支持」だった。ジーコ批判もネット大多数と同じだった。

サッカーサイトへののめりこみはこの頃からなんだなぁ。既存のマスコミは信用ならなかった。



続きを読む
0

2008/2/26

第80回アカデミー賞  映画

昨日アカデミー賞の授賞式があった。仕事中だったので、家族からのメールで受賞者を知った。

見ている映画が少ないし、顔ぶれが地味なので、「誰それが受賞した」と聞いても「ふ〜ん」という感じ。

夜9時からの再放送(字幕版)を見た。でも途中、気がついたら居眠りしていた。盛り上がりがいつもよりなかった。

例年、歌やパフォーマンス、映像特集があり、言葉が分からなくても楽しめたのだが、今年は司会者の言葉に頼る所が多かったような気がする。ジョークが分からない。

1年の物故者「追悼」は、(こんなことを言ってはいけないかもしれないけれど)いつも楽しみにしている。スザンヌ・プレシェットやデボラ・カーが亡くなっている。ミケランジェロ・アントニオーニやイングマール・ベルイマン監督が亡くなっている。そうだったねぇ。映像の最後は「ヒース・レジャー」だった。

助演・主演男優賞はともに大本命が受賞。助演賞ハビエル・バルデムの演技はすごく怖いらしい。「海を飛ぶ夢」の俳優さんだよね。あの演技も複雑な演技だった。尊厳死を望む四肢不自由な男性を演じたわけだけど、可哀想な人じゃなくて、強い人で、ちょっと冷笑気味な所もあり、怖い感じもした。

ダニエル・デイ・ルイスは100%間違いなしと言われていた。壇上に上がった彼はとても柔和で、映画の印象と随分違うと思った。

「シッコ」(長編ドキュメンタリー候補)は残念。マイケル・ムーアのスピーチを聞きたかったな。ジュリー・クリスティ(主演女優賞候補)も残念。でもあの若い女優さんが「ロサンゼルスには『天使(エンジェル)』がいる」と言ったスピーチはよかった。

(ジュリーの役は認知症の女性役なんだけど、それにからめて、司会者は「夫も分からなくなったヒラリー・クリントン」とジョークを言った。ヒラリーはいつもからかわれる。もっともオバマさんもミドルネームが「フセイン」で「オバマ」は「オサマ」に似てるなんて嫌味を言われていたっけ)

「ノーカントリー」が主要な賞を取ったと言うべきなんだろうけど、なんか賞を分け合ったという気がする。

ドキュメンタリー作品や歌曲賞、作品賞、外国語映画賞などを見ると、ハリウッドはインディーズ系にも光をあてるのだなぁとその懐の深さに感心する。(日本のアカデミー賞の哀しさよ、特に今年)

私として嬉しかったのは「ボーン」が3部門(編集、録音、音響編集)を取ったこと。「オスカーノユクエ」の管理人さんも「ボーン」は主要部門で賞を上げてもいいくらいクォリティの高い作品と書いていた。同感。

今年の作品は見たいと思うのが少ない重いのや残酷なのが嫌で、ガールズ映画が好きだから「ジュノ」くらいだね。


0

2008/2/25

俊輔決めた!  サッカー(その他)

すごい。さすがエース!俊輔にしては簡単なFKだったかもしれない。あっさり決めた。

自分でもらったFKを自分で決めた。

セルティックの試合を見始めた時、どう見ても俊輔がいなかった。あんまり面白いサッカーをやるわけではないし、俊輔がいないのじゃ意味ない、と見るのを止めた。

寝る前にちょっと気になったので、スカパーをつけてみた。0−0で、セルティックは押されていた。ボールをすぐに失っては攻められていた。GKの好セーブでなんとか防いでいた。

俊輔の顔がアップになった。「あ、交代で入る」。

俊輔が入ってから、ボールキープが出来るようになり、セルティックの攻撃のリズムが生まれた。でもセルティックのFWは下手だよ。なかなか点が入りそうにない。試合もそろそろ終わりの頃、俊輔がファウルを受けた。

そして、お得意のFKを決めた。セルティックって俊輔のチームなんだなぁ。

0−1で勝利。

ちょうどいいところを見られてラッキー

ところで、水野はいつから出るのだろう。
0

2008/2/24

女子サッカー&MMT遠望  サッカー(代表)

女子サッカー決勝、後半17分3−0で勝っている!優勝間違いない

追記:優勝おめでとう

いやぁ強かった。3戦全勝。総得点8点、得失点差6点。

北朝鮮戦ロスタイム、澤の逆転ループシュートが女子サッカーの歴史を切り開いたんだ

写真は「そごう」からマリノスタウンを写した。試合中のようだった。
クリックすると元のサイズで表示します
(携帯写真)

強風でつばさ橋やベイブリッジがくっきり見え、波立つ海や運河が青く澄んで見えた。きれいだった。マリノスタウンはすごい場所にあるなぁ。

0

2008/2/24

勝てなかったね。  サッカー(代表)

山瀬のシュートで追いついた時、絶対勝て!と思ったけれど、頭の片隅では「無理じゃないかな」と思いがあった。だって、ゴール決められそうな人が山瀬、憲剛以外にいる?

でも、「なでしこ」はロスタイムに逆転弾を打ったんだと思い直して応援したんだけど・・・。最後勝ちきれないのは何故?ジーコの時は変な運があったのかなぁ。

残り時間が少なくなってからの交代=矢野や播戸には可能性を感じなかった。

韓国はやっぱり上手かった。これがサッカーの試合だと思った。中国戦はありえない。

(スカパーで中国対北朝鮮戦のロスタイムだけを見た《たまたまチャンネルを替えていたらやっていた》。ロスタイムが7分!もあった。退場者が2人出ていると言っていた。また荒れたのか。この試合は解説が水沼さんだった。久しぶり〜。)

山瀬の大活躍と中澤の大奮闘を見られたから、東アジア選手権は楽しくはあった。怒って熱くなったのも含めて、気持ちが盛り上がった。

だけど、不満もある。岡田監督の選手起用方法がまず、理解できない。ダイナミックな攻撃がない点も。チマチマして見える。遅いし。更に中澤に大きな負担のかかる守備も疑問。けが人のことを割り引いても、だ。

俊輔や闘莉王が加われば、解決されるのだろうか。そうも思えないなぁ。

オシムさんのサッカーはどこへ行っちゃったんだろう。そもそもオシムさんのサッカーってどういうのだっけ?歳のせいか物忘れがひどくて。昨年のオーストリア・スイス遠征の試合や、アジアカップのオーストラリア戦を見直してみようかな。

まぁW杯アジア予選くらい大丈夫と信じている。それに応援する気持ちは変わらない。

中澤と山瀬お疲れ様。チームに帰って、また素晴らしいプレーを見せてください。

マリノスは練習試合をいくつかこなしているけれど、観戦記などを読むと、どうもイマイチのようだなぁ。弱いみたい。チームが若いせいはあるけれど、このまま開幕を迎えて大丈夫だろうか。

川崎や浦和、鹿島は強そうだよ

眠くなったのでまとまらないまま終わり。外は強風が吹いている。昨日〜今日は変な天気の日だった。

(文章の変なところを直しました。2/24)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ