2008/2/27

サッカー馬鹿につける薬  本・文学

「サッカー馬鹿につける薬」を今読み終わった。

以下雑な感想。

この本のことは前から知っていた。毎日「サポティスタ」を開くたびに目に入るからね。

でも表紙の絵が嫌だった。どうしてあんなイラストを表紙にしたのだろう。おばさんにはとても抵抗がある。



でも本屋で手に取って1〜2ページ読んだところで、レジに並んでいた。「カバーはどうなさいますか?」「もちろんかけてください」

読んでとても懐かしかった。「そうだったなぁ」とか「そうそう」と思いながら読んだ。

最初の話がJAWOC更新中止、スポナビのYAHOO移管、「isize sports閉鎖」だからね。

あの2002年の熱い日々を思い出した。深夜W杯チケットサイトで「メロン」「みかん」だの言いながらネット申込を必死でやったっけ。朝4時から5時が狙い目だとか、裏ワザを教えてもらったり。全滅だったけど。

ジーコに失望し続けた4年間。勝利を祈る一方で、ジーコ解任のためには敗北が必要、と気持ちを切り裂かれた日々。

「規律のトルシエ、自由のジーコ」なんて川淵キャプテンの嘘をヨイショし続けるマスコミに苛立った。

トルシエ解任論批判論の時も、私の考えははネットの大多数と同じ「トルシエ支持」だった。ジーコ批判もネット大多数と同じだった。

サッカーサイトへののめりこみはこの頃からなんだなぁ。既存のマスコミは信用ならなかった。



続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ