2008/2/29

演劇を見てきた  政治

今日、「歌わせたい男たち」(永井愛作・演出 戸田恵子主演)を見てきた。

クリックすると元のサイズで表示します
三谷幸喜さんから戸田恵子さん、近藤芳正さんへのお花。下のほうにはベッキーの名前も。(携帯写真)

クリックすると元のサイズで表示します
堺正章さん、ブラザートムさんから。(携帯写真)

中上雅巳さんも出演しているので、妻の「山瀬まみ」さんからの花もあった。

写真はごく一部でロビーには花があふれていた。今日が初日で、満席だった。

今回は再演。05年に上演され、その年数々の演劇賞(朝日舞台芸術賞グランプリ・秋元松代賞、読売演劇大賞最優秀作品賞・最優秀演出賞・最優秀女優賞)を受賞している。

この演劇は、東京都の「日の丸・君が代強制」問題を描いている。最初から笑い声の絶えない舞台だ。だが、見終わった後は重い苦いものが残り、「あ〜なんて時代に生きているんだろうか」とため息をついてしまう。涙が出るといった方がいいかな。

俳優陣が素晴らしい。平日夜はまだ残席があるそうなので、ぜひご覧下さい。(3月23日まで)

この演劇を見るために、新宿・紀伊国屋ホールへ行った。紀伊国屋ホールは一体何年ぶりだろう。20代初めに行ったきりだから、はぁ〜古い話だ。

黒テント(68/71黒色テント)が小川真由美を客演に迎えた舞台だった。テントでなく、ホール公演だった。清水紘治や斉藤晴彦などおなじみのメンバーが出演していた。どういう劇だったか忘れた。「阿部定もの」だったかな?

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ