2008/4/30

暑い日  季節

今日は暑かった。家の中はひんやりしているのだが、外は汗ばむ陽気だった。

この陽気に誘われてトカゲも出てきた。
クリックすると元のサイズで表示します
(携帯写真)わかるかな?緑の葉っぱの下の右側の段差の線と間違えそうな場所にいる。保護色だから見にくい。撮影も難しかった。チョロチョロと走る姿はかわいかった。

クレマチスの花もあっという間にたくさん咲いた。
クリックすると元のサイズで表示します
ゆっくり一つ一つ咲いて、長く楽しませてほしいような気もする。

今近所の住宅街ではシャクナゲが咲いてきれい。鈴蘭を植えている家も多い。可憐な花を咲かせている。写真を撮りたいけど、よその家だから怪しまれてしまう

今、この暑さでは真夏はどうなるんだろう。去年のような猛暑じゃ、今からうんざりだ。
0

2008/4/29

ホームの力・千葉戦  サッカー(マリノス)

今日は最初から、手拍子が聞こえた。2階バックスタンドにいたのだが、試合開始から手拍子が響き渡っていた。みんな気合が入っているなぁ。

でも私はまだ風邪気味です。気合があんまり入らない。

ジェフ千葉は市原の時代から、好きなチーム。いつもフェアな緊迫した試合をしてきた。サポーターもまだ勝ち星のないチームを心から応援している。

だけど、千葉のサポーターソングはちょっと物悲しくないですか?短調の曲だから。太鼓の音は迫力なんだけど。

マリノスの先発は前と変わらず。少し気分変えた方がいいんじゃないかと思っていた。最初からマリノスペースだけど、やっぱりかったるい。スピード感がないサッカー。

そうそう、携帯の先発メンバー速報メールは、相手チームが先に届くようになったんだね。今日も先に開けたのは相手チーム。ジンクスを消すためにアームバンドを早めに付けた。この辺、本当に迷信深くてアホらしいんだけど、やめられない。でも今日勝ったから、どっちのチームから開けてももう平気だ。

冴えない展開に風穴を開けたのは、中澤の足でのゴールだった。クリックすると元のサイズで表示します
バンザイ。ゴール!ありがとう祐二。

これは大島が粘って、その後、みんなが頑張ってCKになったもの。

このゴールは22分だって。中澤に縁のある数字。

千葉の攻撃は怖くなかったが、一点差はどんな形で追いつかれるかわからない。それに、やたらFK、CKを進呈してしまう。

この辺から私も気合を入れて応援する。風邪を吹き飛ばさなくては。

前半にもう1点取っておくと楽なんだけどね、と話した直後、小宮山のシュート。相手選手に当って、ゴール上か、と思ったら、急速に落ちて、ゴールに吸い込まれた。

小宮山のあの角度のシュートは脅威。小宮山ゾーン。とにかくシュートは強く打てばいいんだよね。彼のシュートはユニークなのが多い気がする。

小宮山って、なんかふてぶてしいと言うか、強気というか、いい根性だよね。
クリックすると元のサイズで表示します
「ただ今のホイッスルはオフサイドです」を撮ったのだけど、分かるかなぁ?

後半、開始まもなく、隼麿のゴールが決まる。隼麿はゴール裏に向かって両手を合わせ頭を下げる。まぁサポーターに心配かけたからね。選手とサポーターとのつながりを感じた。
クリックすると元のサイズで表示します
みんなで祝福。

後半始まってすぐのゴールは千葉にとって痛手だったろう。気落ちしているのがわかった。ボールへの寄せ、ダッシュもマリノスの方が断然早い。

だから、この後追加点を奪えなかったのが残念だ。

千葉の選手はよく痛んだ。いつも「やざわ」「やざわ」という声が聞こえた。がんばっていたんだね。あとボスナーも山瀬と坂田のシュートを体を張って防いだ。

千葉の選手、本当に様変わり。馬場はFC東京だったよね、池田は清水?試合はほぼ決まったので、千葉の携帯サイトで選手名鑑を見てしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
山瀬のFK。

今日はアーリアも出場。坂田には点を取って欲しかった。大島はふかすな。中澤にシュートを習うといいんじゃない(いつも全力でプレーしているのはわかっているよ、あ、100試合出場おめでとう

ゴール裏での勝利の挨拶は、インタビューで遅れた中澤を待っていた。待っている選手達も、ゴール裏も、必死で走ってくる中澤も、なんか、本当に仲間って感じで、一体感があった。笑顔もいっぱいだった。
クリックすると元のサイズで表示します
3−0。

応援歌もチャントもコールも(どれがどれかよくわかんないけど)、とても適切でバックスタンドにいても合せやすかった。いつも以上に一体感を醸し出すことができた理由だと思う。

今日は家族連れも多かった。近くにいた子どもたち、赤ちゃん、みんないい子だったね。ぐずりもせず、泣きもせず、本当に可愛かった。

マリノスは快勝。今日は「ホーム」の温かさを感じた。こういう雰囲気なら、家族連れも子どもグループもまた足を運んでくれると思う。

千葉は心配だ。オシムさんの代表監督就任以来、いろいろあって、こんなにチームが変わってしまった。でも伝統あるチームだ。次の試合は千葉を応援するから、サポーターもあきらめずに応援し続けて欲しい。
0

2008/4/28

カタカナ語  生活

新横浜に出来たのは「ルービックプラザ?」「いいえ、キュービックプラザ」。

これはみんなよく間違えるらしい。

新横浜で会話。熱海に行くのに新幹線でなくても「アスティで行くのでもいいよね」。「アスティじゃなくて、アクティー」。

「アスティ」は「キュービックプラザ別館」になる前の新横浜駅ビルの旧称だった。

こんな間違いは年中。

バイオリンのきれいな曲を聴いて「これ、美しきアクアマリンだよね」「美しきロスマリン」。

「この映画最後にカタスロ?があるんだって。何だっけカタルス・・・?カルロスじゃ人の名前だし。」「破壊があるの?」「じゃなくて、スッとするらしい」「カタルシス」そうだった。

「中国は聖火騒動でフランス系スーパーのダルフール不買運動だって」「ダルフールでなくカルフール。ダルフール問題でも中国は批判されているけどね」あ、はい。

「あの人のドラッドヘア、目だってるね。」「ドレッドヘア」あ

まだあったけど忘れちゃった。今度メモしておこうと思う。

カタカナの名前はまず覚えない。サッカー選手はデコとかルーニーとか、ベッカムとかラウル、ピエロ、カカ、メッシとか短いのは覚えられる。ちょっと長くてもガッツゥゾは顔に似合っているから覚えた。

ジュリとシャビは短いから覚えるけど、どっちがどっちかすぐ分からなくなる。エメルソンやエジミウソンはたくさんいて分からない。

最悪はオランダ選手。セルティックの10番は「リンク」としか覚えないよ。

ジーコのチーム名もいつも「フェネル何とか」で済ます。

この先、難しい名前の選手やチーム名を覚えることはないだろうなぁ。俳優の名前も、新しい人は覚えられない。ミドルネームのある人なんか絶望的だ。もう「昔の名前で出ています」みたいな人しかわからない。

でもハリソン・フォードの名前が出てこないのは情けなかった。「インディ・ジョーンズ」の人、になっちゃったもんね。
0

2008/4/27

DVDレコーダーの整理  サッカー(その他)

先日CL準決勝の録画に失敗したので、DVDレコーダー(HDD)の中を整理することにした。

でも過去の録画を見ると、ついつい、これ何だっけ?と思って、見てしまう。娘は「鹿男あおによし」なんか見始めてしまった。「面白いねぇこれ」

ウチの録画は「サッカー」「映画」「フィギュアスケート」が3大カテゴリー。あと「のだめ」。

映画は「ミュンヘン」を削除。「オール・アバウト・マイマザー」も「リトルミスサンシャイン」は見てれば削除してもいいけど、見てない。消せないなぁ。

サッカーは今年1月のキリンカップ。「何だっけ?」「あ、マリノス祭りの試合」とか言って、「中澤」「山瀬」「山瀬」のゴールを堪能。(関係ないところは早送り)。

「今年の開幕戦・対浦和」の後の「スーパーサッカー」も勝利の余韻とともに再視聴。未央ちゃんのチアガールも見る。盛り上がったね。

昨年のトヨタカップ(通称)。ミランの練習を見に行ったっけ。楽しかったなぁ。一昨年のバルサの試合もまだある。古いのはDVDに落とさなくちゃ。

マリノスvsバルサのプレシーズンマッチは「もう見ないよね」「消そうか」う〜ん。でももう見られないかと思うと惜しい気がする。残す。

「横浜ダービー8.11」もある。その後の「キック・オフ・マリノス」も。

「セルティックvsマンU」。俊輔の歴史的FKの試合。これは永久保存版。

そのうち、U16のアジア大会決勝「日本対北朝鮮」も見つけた。これも忘れがたい試合だ。日本が追いつく後半から見る。柿谷の個人技に惚れ惚れ。端戸もよくあの時間に同点シュートを決めたよ。

そして、延長後半の河野の2点。河野君はヴェルディの試合に出て、点を決めている。名古屋に勝った試合も殊勲者だった。

彼は、小机でのヴェルディ戦で少ない時間だったけどプレーするのを見たことがある。すばっしっこい。

マリノスの金井君や、宏太もトップの試合で活躍できるよう頑張れ。でもマリノスは選手層が厚いから

この試合は「黄金世代」が優勝して以来12年ぶりのアジア優勝だった。みんな大きく育ってね。

この試合も永久保存版だな。

結局あんまり削除はなかった。DVDに落とす作業は容量の問題があるので、録画をチャプター分けしてCMや解説をカットしたり、結構手間がかかる。家族に頼むしかない。

ということは相変わらず、録画残量は少ないってことだ。結局今日はDVDの整理でなく、思い出に浸る時間となってしまった
0

2008/4/26

風邪引きの週末  サッカー(マリノス)

引き続き風邪です。

大分戦はメール速報頼り。まず、先発メンバーのお知らせが来る。

マリノスのメンバーが来て、次に対戦相手が来る。でもメールに気づいた時には大抵両方来ている。

ここで私のジンクスは、まず最初のメールでマリノスの先発メンバーを確認すること。

昨年かな、このジンクスに気がついたのは。迷信深いけど、結構気にしている。

で、昨日は受信メールをよくよく確認して、最初に来たメールを開けた。

「大分トリニータ」!?

もう一度携帯を確認する。でも間違いなく最初が「大分」で2番目が「マリノス」だった。

なんか嫌な予感

最初のメールは大分の得点。ずっと間があいて、ひょっとして同点?と思ったメールは、「本日の試合結果」だった

ジンクスは生きていたけど、私の責任じゃない。マリノスの担当者ちゃんとしてくれ!

ネットニュースで見ると「完敗」と書いてあった。試合評も「およそ勝てる気がしなかった」というのが多かった。

清水との試合もかったるい展開だった。惰性でメンバー編成をしていたらいけないんじゃないかな。

スポーツニュースを見ていた家族は「大島ぁ」と叫んでいたけど。
0

2008/4/25

ブログ紹介  

今日は尊敬する友人のブログを紹介します。

ベトナム発ー子供たちは今

ベトナム・ダナンで子どもたちの施設「希望の村」に駐在し、子どもたちの活動を支援しています。ぜひご覧下さい。

で、今日の私は風邪です。

冬の間風邪をひかなかった。

2月頃花粉症発症かと思ったが、その後3〜4月花粉真っ盛りの頃、くしゃみをしている人がいるそばで私は何ともなかった。だから、花粉症もまだ大丈夫みたいだ。

でも今になって、風邪をひいた。夜はなんともなかったのに、朝起きたら喉が痛かった。微熱に鼻づまりにせき。GW間際に風邪って冴えないなぁ。
0

2008/4/24

クレマチスの花、他  生活

今年もクレマチスが咲きました。
クリックすると元のサイズで表示します

まだ、蕾がたくさんあるのでこれから次々咲くだろう。でも花が小さい。庭で咲いているクレマチスの花はこの倍くらいの大きさがある。

日本画の画題によく使われている。ひょっとしたら描かれているクレマチス(鉄線)の絵の方が好きかもしれない。この花のつるは結構性質(タチ)が悪くて、扱いにくい。

さて、今朝は欧州CLのバルサ対マンUだった。録画予約していたので、朝、「さて見よう」と思ったら「ディスクがいっぱいで録画出来ませんでした」。「ドリームガールズ」「不都合な真実」「硫黄島からの手紙」とか映画がいっぱい録ってあるから、もう空きがなかった。

8時過ぎから再放送があった。開始直後にバルサのハンドがあって、マンUがPKを獲得した。でもC・ロナウドが失敗。あれはサポーターが阻止したようなもんだね。

見たのはそこまで(本当に最初の方だけ)。なんか、試合評を読むとバルサに復調の兆しがあるそうだね。次がいよいよガチンコ勝負になる。29日深夜なら連休中だから、睡眠不足の心配をしなくてもいい。

ACLはガンバの試合を途切れ途切れに見た。でも得点シーンはちゃんと見た。山崎君よかったね。2点目なんかかなり技巧的。マリノスに入った時は期待されたけど、(04年チャンピオンシップのプレーは印象に残っている)、性格が温厚なのかな、なかなか点が取れなかった。

大分からガンバと言うことは出世だよね。レギュラーが取れるといいと思う。惜しみなく動くタイプだと思うので、これからも地道に活躍してください。

「サポティスタ」で「グラスゴーダービーで俊輔が人種差別的中傷を受ける」という記事を読んだ。「Nakamura Ate My Dog」と言う弾幕と歌。you tubeで見ると、歌は英語初歩で習う身体の部分を指していく手遊び歌だよね。

日本人は犬は食べないけど、スコットランドから見たら、中国も韓国も日本も一緒だわね。

7年前パリの駅で、「ニーハオ」と声をかけられて、つい反射的に「ニーハオ」って答えてしまった。中国語を習っていたので。言ってから、「あ、『コンニチワ』って言わなくちゃいけなかったのに」と反省した。

韓国人も何かというと「犬を食べる」と言われて嫌だろうなぁ。韓国にはおいしいものがたくさんあるのに。私たちだって「鯨を食べる」と言われると、食べてないって反論したくなる。(昔はお世話になったけど)。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ