2008/4/29

ホームの力・千葉戦  サッカー(マリノス)

今日は最初から、手拍子が聞こえた。2階バックスタンドにいたのだが、試合開始から手拍子が響き渡っていた。みんな気合が入っているなぁ。

でも私はまだ風邪気味です。気合があんまり入らない。

ジェフ千葉は市原の時代から、好きなチーム。いつもフェアな緊迫した試合をしてきた。サポーターもまだ勝ち星のないチームを心から応援している。

だけど、千葉のサポーターソングはちょっと物悲しくないですか?短調の曲だから。太鼓の音は迫力なんだけど。

マリノスの先発は前と変わらず。少し気分変えた方がいいんじゃないかと思っていた。最初からマリノスペースだけど、やっぱりかったるい。スピード感がないサッカー。

そうそう、携帯の先発メンバー速報メールは、相手チームが先に届くようになったんだね。今日も先に開けたのは相手チーム。ジンクスを消すためにアームバンドを早めに付けた。この辺、本当に迷信深くてアホらしいんだけど、やめられない。でも今日勝ったから、どっちのチームから開けてももう平気だ。

冴えない展開に風穴を開けたのは、中澤の足でのゴールだった。クリックすると元のサイズで表示します
バンザイ。ゴール!ありがとう祐二。

これは大島が粘って、その後、みんなが頑張ってCKになったもの。

このゴールは22分だって。中澤に縁のある数字。

千葉の攻撃は怖くなかったが、一点差はどんな形で追いつかれるかわからない。それに、やたらFK、CKを進呈してしまう。

この辺から私も気合を入れて応援する。風邪を吹き飛ばさなくては。

前半にもう1点取っておくと楽なんだけどね、と話した直後、小宮山のシュート。相手選手に当って、ゴール上か、と思ったら、急速に落ちて、ゴールに吸い込まれた。

小宮山のあの角度のシュートは脅威。小宮山ゾーン。とにかくシュートは強く打てばいいんだよね。彼のシュートはユニークなのが多い気がする。

小宮山って、なんかふてぶてしいと言うか、強気というか、いい根性だよね。
クリックすると元のサイズで表示します
「ただ今のホイッスルはオフサイドです」を撮ったのだけど、分かるかなぁ?

後半、開始まもなく、隼麿のゴールが決まる。隼麿はゴール裏に向かって両手を合わせ頭を下げる。まぁサポーターに心配かけたからね。選手とサポーターとのつながりを感じた。
クリックすると元のサイズで表示します
みんなで祝福。

後半始まってすぐのゴールは千葉にとって痛手だったろう。気落ちしているのがわかった。ボールへの寄せ、ダッシュもマリノスの方が断然早い。

だから、この後追加点を奪えなかったのが残念だ。

千葉の選手はよく痛んだ。いつも「やざわ」「やざわ」という声が聞こえた。がんばっていたんだね。あとボスナーも山瀬と坂田のシュートを体を張って防いだ。

千葉の選手、本当に様変わり。馬場はFC東京だったよね、池田は清水?試合はほぼ決まったので、千葉の携帯サイトで選手名鑑を見てしまった。

クリックすると元のサイズで表示します
山瀬のFK。

今日はアーリアも出場。坂田には点を取って欲しかった。大島はふかすな。中澤にシュートを習うといいんじゃない(いつも全力でプレーしているのはわかっているよ、あ、100試合出場おめでとう

ゴール裏での勝利の挨拶は、インタビューで遅れた中澤を待っていた。待っている選手達も、ゴール裏も、必死で走ってくる中澤も、なんか、本当に仲間って感じで、一体感があった。笑顔もいっぱいだった。
クリックすると元のサイズで表示します
3−0。

応援歌もチャントもコールも(どれがどれかよくわかんないけど)、とても適切でバックスタンドにいても合せやすかった。いつも以上に一体感を醸し出すことができた理由だと思う。

今日は家族連れも多かった。近くにいた子どもたち、赤ちゃん、みんないい子だったね。ぐずりもせず、泣きもせず、本当に可愛かった。

マリノスは快勝。今日は「ホーム」の温かさを感じた。こういう雰囲気なら、家族連れも子どもグループもまた足を運んでくれると思う。

千葉は心配だ。オシムさんの代表監督就任以来、いろいろあって、こんなにチームが変わってしまった。でも伝統あるチームだ。次の試合は千葉を応援するから、サポーターもあきらめずに応援し続けて欲しい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ