2008/5/3

重みの理解の差ヴ戦  サッカー(マリノス)

クラシコの重みを本当に分かっていたのはヴェルディだった。マリノスのサポーターも分かっていたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
サポーターは勝っていた。あと勝ったのはハーフタイムの何とかキックの少年だね。あの雰囲気で勝ったのは本当に偉い

だけど、分かっていない人がいたと思う。桑原監督です!

臆病な私はあんまり断定調でものを言わないのだけど、でも言いたいよ。今日は歯がゆかった。漫然と試合に入って、漫然と負けた。

何故、千葉戦と同じ先発なの?イエローをもらい足も痛めたらしき裕介を何故替えなかった?バテバテのロペスを引っ張りすぎ。あの時間、あの攻めでは坂田は良さが全然生きない。意味わかんない。

相手にプレスに行くのは山瀬だけ。様子見が多かったよ。「クラシコ」が本当に分かっていたら、もっと動いたはず。

それに何!あのパニックの守備。「鉄壁DF」が聞いてあきれる

もう悔しい悔しい。この悔しさは昨年の横浜FC敗戦に匹敵する。

「那須ユニ」を着ていた娘の「乙女心」を踏みにじった「那須」を絶対ギャフンと言わせる、そのために3,000円も出して、SA席を買ったんだよん。

最後の方マリノスの攻撃の時、「なすぅ邪魔すんなぁ!」と叫んでたもんね。隣の少年にジロって見られてしまった。

フッキは最初から審判に文句言い続けていた。早く警告を受ければいいと思っていたけど、終わってみれば、あれはフッキの闘争心だった。柱谷もずっとピッチ際に立って大きなジェスチャーで指示していた。選手と喧嘩までしていた。

内容なんかあんまり覚えていない。

フッキの1点目はサイドで囲んでいたのに、その裏へスッとボールを出された段階で、80%決まり。裕介がズッコケなければ、防げたかなぁ?そうとも思えない。

2点目はブラジル人2人であっさり取ってしまった。よく走ったよ2人。(それに比べると縦への突進がマリノスの2人には欠けてる)

これでDFも哲也もパニクった。土肥のふてぶてしさが哲也にも欲しいね。3点目はそのドタバタの中であのいやらしい福西に決められた。

それとも、中盤の差?

クリックすると元のサイズで表示します
ロニーの1点目。追いついて嬉しかったけど

勇蔵は久しぶりに「オラオラ」とやりあっていた。

(回想:国立のメインアウェイ側の席はU20壮行試合以来。オーストラリア戦で、勇蔵が一人で5〜6人くらいを相手にもみあっていた。)

残り時間少なくなって、中澤が上がってきて必死でプレーしていた。このままでは終われないよ。

場面場面では選手は一生懸命やっていたと思うよ。でも、決定的に何かが足りないんだよ。
クリックすると元のサイズで表示します
CK。決めたのもあったけど、ボールの先に誰もいないこともあった

クロスは下手だし(技術の問題)、スルーパス(昨年の川崎戦の憲剛!)なんか皆無だし、判断が遅いし。

でも、やっぱり走りが足りないのだろうなぁ。日程も厳しくてキツいだろうけど、でも勝つにはハードワークしかないんじゃないの。

「気持ちを切り替えて」と選手も、応援するみんなも言うのだろうけど、私は言いたくない。

やっぱり、問題点を監督はきちんと把握しなくちゃいけないと思う。

清水戦も、大分戦も、千葉戦も、今日も、結局おんなじだよ。相手が強いか弱いかだけで問題点は持ち越しだもの。

あ〜くやしい。くやしい。してやられたことが本当にくやしい。
クリックすると元のサイズで表示します
ブーイングしました。このゲームの重みを本当にわかっていたか?

冷静になったら、また書く(かもしれない)。

今日はスポーツニュースも見ずに寝る。ホントに気分悪い。
0

2008/5/2

明日はクラシコ  サッカー(マリノス)

マリノスとヴェルディの試合を「クラシコ」と言い出したのはいつからなんだろう。サッカー史に弱いのでよくわからない。

私は、マスター氏が「ACLへ行きたがっているヴェルディサポ向け」にトークショー(?)をした時に、言ったんじゃないかと思ったのだけど、今調べたら違った。

「フットボールは未来への兵器である」の06年1月26日のblogにある。
************************
【最後に】
・これを伝えたくてやってきた
・ナショナルダービーは日産−読売 
************************

「クラシコ」じゃなくて「ナショナルダービー」と言ったんだね。でも、すごく印象に残っている。

Jリーグ開幕戦がマリノス対ヴェルディだったのは、超有名。その前の日産ー読売から長い歴史がある(らしい)。知らなくてごめんm(__)m

J開幕の直前、偶然テレビで見た試合もこのカードだったと思う。私は、日本サッカーはつまらないと思っていたから、その時見た試合には、「へぇ!」とびっくりした。でも、テレビは試合の途中なのに、放送時間の関係で終了してしまった。これ、何の試合だったのだろう?天皇杯だったら、最後まで放送するだろうし。

日本サッカー再認識・再評価がこの試合だった。だからJリーグ開幕が楽しみだった。

Jリーグ開幕戦は絶対に忘れないよ。(テレビ観戦)

あの頃、Jリーグのチケットはプラチナチケットでなかなか入手できなかった。
それに、古い人間である私はその頃、サッカー観戦のために家を空けることは考えられなかった。

ヴェルディとの試合を見たのはいつが最初だろう?

観戦記を書き始めたのは03年から。
03年8月16日日産スタジアム 
2−2の引き分け 真夏なのに強い雨が降って、寒い日だった。

04年5月9日日産スタジアム 
3−1で勝利 ロスタイムに2点。エムボマがいた。

04年11月28日味の素スタジアム 
浦和とのチャンピオンズシップを控えて、チームはどんな調子なのか知りたくて、初めて味スタに行った。こんな状態で戦えるのかと心配になった。この時DEENのライブと松坂夫人になった柴田アナを見た。

05年2月26日日産スタジアム 
ゼロックススーパーカップ 2−2PK負け 思い出しても腹の立つ試合だった。この年、ヴェルディは降格。マリノスも中位力になってしまった。

02年の俊輔サヨナラ試合ももちろん見に行った。俊輔のための試合だったね。サッカー写真撮影が趣味の知人からあの日の俊輔の写真をたくさんもらった(今どこにあるんだろう?秘蔵しちゃったのでわからない。)。ビデオも残してあると思う。

あの時は、隼麿はヴェルディにいた。この試合での隼麿を川淵キャプテンが誉めたんだよね。マルキーニョスもヴェルディだったと思う。

それ以外にも見ているんだけど、記録してないと忘れちゃう。中澤が敵だった時も見てるはず。上野のシュートが中澤に当ってゴールになった試合とか。

ともかく明日は、どうしても勝たなくちゃ。応援でも圧倒しよう!
0

2008/5/1

ルポ貧困大国アメリカ  本・文学

話題の書、堤未果著「ルポ貧困大国アメリカ」(岩波新書)を読んだ。



一気に読んでしまった。今、アメリカはこんなになっているのか。

サブプライムローン問題は世界の金融界を揺るがしている。そもそもが貧困層を狙った詐欺みたいなものだった。

ハリケーン・カトリーナの被害は予算削減による民営化の人災だった。今なお、貧しい人々は元の住居に戻れず、生活再建ができない。

医療と保険の問題は、マイケル・ムーア監督ドキュメンタリー「シッコ」で、余すことなく描かれた。保険会社の収益第一主義から、人々が医療から締め出されていく。そして疲弊し、崩壊していく医療現場。

学生ローン、教育ローンでも借金から抜け出せなくなってしまう。

一度の病気、災害で貧困層に転落する。失業→借金、あっという間に貧困から抜け出せなくなってしまう。不法移民は最貧困層に転落する。

行き着く先が「戦争」。貧しい学生は軍のリクルーターのターゲット。これは同じくマイケル・ムーア監督の「華氏911」で描かれている。

貧困に苦しむトラック運転手の働き先は「イラク」。民間企業の戦争請負業務だ。

まさに「『弱者』が食い物にされ、人間らしく生きるための生存権を奪われた挙句、使い捨てされていく」

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ