2008/5/22

見ました!欧州CL決勝  サッカー(その他)

と言っても、ちゃんと見たのは前半。後半の途中から延長戦は記憶が途切れている。

だけど、C・ロナウドとランパートの得点は見たし、劇的PK戦はちゃんと見たよ

PK戦の始まる前、家族に「C・ロナウドがはずす気がする」と言ったら、はずした。すごい予知能力(笑)

でもテリー=キャプテンがはずすとは思わなかったな。

ファンデルサールはPK戦の一人目、04年チャンピオンシップ2戦時の浦和GK山岸のように落ち着きがなく、手足をバタバタさせていた。こりゃダメだと思った。

でもロナウドがはずしたあたりから落ち着いてきたね。この辺から闘志が前面に見えてきた。

しかし、勝負は残酷だね。座り込んで立てないテリーの姿はもらい泣きしそう。バラックも泣いていた。

C・ロナウドも突っ伏したまま泣いていた。勝利の立役者→戦犯→功労者だから、ジェットコースター。感極まるね。

決勝の一番いいシーンは紙吹雪の中で優勝カップを持ち上げるところだけど、今回はスタンドで優勝カップ授与があり、そこで掲げた。ピッチに戻って、写真撮影の時に黄金の紙吹雪が舞い(すごい量)スモークがたかれた。

いつもと同じやりかたの方が劇的演出だと思うなぁ。

決勝=頂上の試合は、最初からため息だ。スピードや技術が違いすぎるね。C・ロナウドにつながったパスワークなんか、わぉという感じ。一番警戒されるロナウドが何故ドフリーになってしまうのか。

いつもペナルティエリアでどん詰まりになる日本代表やマリノスのサッカーとは大違い。

ランパートのゴールの一つ前の、中盤からPAの真ん中にいるFWへまっすぐ入ったパスも唸る。あんなのマリノスの試合じゃ見たことない。まぁ見たことのないプレーばかりなんだけど。

今日は雨の中、激しい試合だったね。激しいぶつかり合いで流血もあった。延長戦ではドロクバにレッドカード。カードも多かったと思う(途中居眠りしたからわからない)。

試合中パクチソンを探したけどいなかった。ベンチ入りもなかったのかな。

これで、年末はマンUを見ることが出来る。チケット絶対確保。

昨日、トゥーロン国際トーナメントも見た。だから寝不足で、目が腫れているよ。

この試合、先発だけでも確かめようかなと午前1時過ぎにテレビをつけた。そしたら田中裕介が出ているので、つい見てしまった。彼、積極的に前線に走りこんでいたし、守備も果敢にタックルをしてボールを奪っていたね。

オランダが2軍とは知らずに見ていたので、「ワールドユースの時とは大違い、日本の成長に比べてオランダは早熟でその後の成長がないな」なんて思っていた。

日本の選手は、良く走っていた。特に谷口くんが頑張っていた。

中盤は圧倒なんだけど、やっぱり最後のところで時間がかかり過ぎて、シュートまで行かない。これはずっと日本の課題だね。

それと後半は、オランダに押し込まれる場面も多くてちょっと問題かな。

水野はFKで枠を大きくはずしたり、キックの精度が悪かった。ガッカリ。

今日は、朝まだ興奮が収まらないうちに書きました。寝不足の一日は辛い長い一日になりそうだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ