2008/6/30

俊輔「察知力」  本・文学

今日未明のユーロ08決勝。スペイン優勝!見事な勝利だった。

試合もいいけど、決勝戦は終了後が感動的だ。

優勝カップを持ち上げるシーン。いつ見てもカッコイイ。

スペインの選手達が「♪カンピオーネ、カンピオーネ」を歌っていたね。

一方、悲しそうなドイツの選手達。シュバイン・シュタイガー(この名前は覚えた)が泣いていた。バラックも右目を切って痛々しい。プラティニに慰められていた。

セルヒオ・ラモスは16番の白いユニを着ていて、何故かな?と思っていたら、放送中に親友で今は亡きアントニオ・プエルタのユニと説明があった。なんだかジーンと来た。

さて、田中裕介君は五輪代表に選ばれなかった。怪我もあったし、仕方ないか。応援する選手がいなくなってしまった。



タイトルの中村俊輔「察知力」。売れているらしい。朝日新聞の日曜・読書欄でも取り上げられていた。

読者の4割が女性だそうだ。サッカーファンだけでなくビジネスマンにも読まれているとか。ビジネスマンに狙いをつけてサッカー本らしくない小見出しもつけたという。

俊輔の話をまとめたものだから、あっという間に読めてしまう。

そう目新しい話はない。強いて言えば、レッジーナに入団したての頃、シャワーを浴びても泡がなかなか消えないので、不思議に思って後ろを向いたら同僚がずっとシャンプーをかけ続けていたとか。

俊輔のNo.1FKは何か?とか。

00年スロバキア戦(というから宮城スタジアム杮落としのゲーム)のFKだそうだ。確かにすごいFKだったね。あの時、俊輔は背番号何番だった?

試合後スロバキア監督が「印象に残った選手は?」に14番だったか、25番だったか「○番」と俊輔の番号を言った。あの試合は俊輔A代表初先発だったそうだ。まだひよっこだったね。

そのスロバキアチームにバルガ(190cm)がいて、その後セルティックでチームメートになったそうだ。彼は「俺の髪に当ったから入った」と言ったとか。

私は一番のFKは、マンUとの試合、ホームで決めたFKだと思っていたよ。

しかしまぁ、俊輔は向上心のかたまり。何かしら課題を見つけてはクリアしていく。際限がない。

疲れないだろうか。苦痛じゃないだろうか。強迫観念に駆られないだろうか。

伊達公子さんは連戦連戦で、テニスが苦痛になり、それが26歳での引退になったという。そういうことはないのかな?

俊輔は、まだ努力することが楽しいんだろうね。

この本の題になっている「察知力」はこじつけのような気もする。サッカーならいいけど、ビジネスに生かすとなると、「迎合」とか、嫌な言葉の「KY」にもなりかねない。

状況判断の早さ、正確さならわかるけど。

朝日新聞には「(編集部は)『試合後の質問にも意図を察知して上手に答えていた。彼の言葉は大勢の人に届くと思っていました』という。プレーだけでなく、試合後の言葉も要注意になってきた」とあった。

書いているのは小柳さんという編集者。気づくの遅いよ。

俊輔について、真っ先に私が注目したのは、プレーの楽しさばかりでなく、それ以上に語る言葉の面白さだった。

インタビューで語る言葉の、率直さ、天然。

有名な、ヒデとの話「レレレのおじさん」。

シドニー五輪の頃、「チーム皆さん仲が良さそうですね」の質問に「う〜ん」と言って「サッカー以外では」と言ったんだよ。笑ってしまった。

トルシエとの「左」問題も面白かったし。

この本では、ミランやバルサとの話も出てくるが、テレビ・雑誌で語っていたサッカー話ほど詳しくない。

俊輔はインタビューでメッシのボールの持ち方とか走り方、バルサの連係の特徴とかを語ると、実に具体的で「そうなのか、初めて聞いた」的な話が多かった。

まぁビジネス本・体裁を狙ったんじゃ、そういう話はないわね。

すぐに読めるし、サッカー・俊輔ファンだけでなく、何か目標をもつ若い方にお奨めします。
0

2008/6/29

追加・磐田戦  サッカー(マリノス)

磐田戦からの帰途、家族が「大宮戦みたいだったね」と言う。?と思ったが、06年、岡田監督が辞任するきっかけになった試合だった。今、当時のblogを読んだら、昨日の試合と同じことが書いてある

マリサポの観戦記を幾つか読んだ。気になったのは、練習がとてもゆる〜いということ。

早野さんの時より練習が楽になってしまったのだろうか。だとしたら、この結果は当然だな。

さて、磐田戦。いつもより早く行ったのはピッチ見学があったからです。

クリックすると元のサイズで表示します
第3ゲートが開く。ここから入場。ご近所のIさんにばったり会う。

クリックすると元のサイズで表示します
マーメーズのチァ。看板が邪魔。

ピッチ見学と言っても、選手はあんまり近くない。三ッ沢の方がずっと近い。

ピッチから観客席を見る。Nさんやりえすけさんに手を振る。あちらからも手を振ってくれたm(__)m。

観客席からの声はよく聞こえる。特に子どもの声がはっきり聞こえるのにはびっくりだ。日産は広すぎて応援の効果が薄いように思うけど、そんなことはないと実感した。選手に声援はじかに届く。

クリックすると元のサイズで表示します
選手の挨拶。

写真は沢山撮ったのだが、いいのはほとんどなかった。選手が動いているから難しい。
クリックすると元のサイズで表示します
ロニーとアーリア。

ピッチは広々して気持ちよかった。心が晴れ晴れしてくる。また申し込もうかな。

それにしても昨日でよかった。今日だったらずぶぬれだ。

さて、明日未明はユーロ08決勝。もちろんスペインを応援します。
0

2008/6/28

徒労感・ジュビロ戦  サッカー(マリノス)

Jリーグ再開。久しぶりのマリノス!いつもギリギリに行く私がなんと5時20分には日産スタジアムにいた。

トリコロールランサーズではなく、トリコロールマーメイズのお披露目も見た。ワルノス君一家も見た。

(シーズン途中に何故チアが変わったの?何かあった?)
クリックすると元のサイズで表示します
ワルノス・ワルノスクィーンのダンス。

ヴェルディ戦はまだ怒りがあったから、一気呵成にblogを書いた。今日は徒労感ばかりある。

何をウキウキしてスタジアムに行ったのだろう。空しくなった。

ジュビロも強くない。やたら倒れて傷んで、フィジカル弱いなぁなんて思っていた。カレンなんかチョロイもんだった。

そのジュビロに1発でやられてしまった。それでも以前は追いつける、いや逆転できる、と思ったけど、今日はその可能性を感じなかった。
(でも「トルコだましい(魂)!」と叫んだよ)

選手に気迫が感じられなかった。

逆に、ジュビロの萬代くんが哲也にプレッシャーをかけに行って、ボールを必死に追いかけてピッチを半周ぐらいした。あの一生懸命さ、マリノスの選手にあったか?

能活が強い表情で15番加賀に手振り身振りしながら指示していたでしょ。そういう勝ちたい気持ちを前面に出していたか。

クリックすると元のサイズで表示します
CK。得点の匂いなし。中澤と相性のいい遠藤が欲しいと思っちゃったよ。

マリノスは下手になっている。特に後半、見るに耐えない。誰もいないところにクロス上げてどうするの?前に相手DFがいるのにゴロのクロス(パス)じゃ簡単に蹴りかえされるでしょうが。

坂田だってシュートの打ち方を忘れてしまったみたい。

残り時間がない時マイボールは大切にしなくちゃならないのに、みすみすミスでボールを失った。それが2回や3回じゃない。ミスが多すぎる。

代表戦でのプレーに「頭悪いなぁ」という声があったけど、その言葉が何度も頭をよぎった。

動きがバラバラだった。どうやって点を取るのか、まったく道筋がない。
クリックすると元のサイズで表示します
うなだれてゴール裏へ行く選手達。ゴール裏はブーイングだった。

中断期間何をしていたのか。監督はどういう練習をしているのか。大体何を考えているのか?今のサッカーだと泥沼だよ。

次の試合、こんなだったら、監督退陣も考えた方がいいと思う。

(こんなblog書かないですむよう、次の試合頼みます。)
0

2008/6/27

スペイン強し、他雑談  サッカー(その他)

ロシア対スペインの試合は後半から見た。

ビジャ(ビリャと書く新聞もあるけどどっち?)がいなかった。

小気味いいパスが回って、でもイニエスタが中央へ入って行くので、ちょっと持ちすぎでは?あんなにDFがいるところでどうやってシュートを打つの?(ここまでを一瞬のうちに考えた)

ところがイニエスタはスッとシュートのような・クロスのようなパス、そこに狭い間をすり抜けてシャビが走りこんできた、パッと足を出すとボールはネットへ。

「お〜お」と思わず歓声のようなため息のような声を出してしまった。

イニエスタがボールを持ってから、私は後ろやファーにいる選手に目が行っていたけど、中央に走りこんでくるシャビには全く気づかなかった。絶妙の飛び込み。

その後F・トーレスの惜しいシュートもあった。シュートに失敗して芝生に倒れたトーレスの「失敗しちゃった」、という表情は少年のように可愛らしかったね。

そのトーレスとシャビが交代。入っていくのがシャビ・アロンソとグイサなんだからスペインは層が厚い。

で、交代したセスクとグイサで2点目。オフサイドと思うほど見事に抜け出た。リプレイで見ると確かにオフサイドじゃない。セスクの浮きパスは巧かった。

ロシアは全然攻められない。アルシャービンは出ているの?と家族と言いあってしまうくらい存在感がない。「あ、いた」と画面を見たけど、ほとんど映らずスペインの攻撃になってしまう。

ロシアは戦意喪失のようにも見えた。雨の試合、サンドニの日本代表のようになす術がなかった。

2−0でほぼ決着が着いていたが、3点目で万事休す。

点を取るたび、スペイン皇太子夫妻がテレビに映った。1点目はあの美しい妃がガッツポーズ。2点目は抱き合っていた。

幸せそうだね、皇太子妃。「雅子様もこういう風に開けっぴろげに楽しめればいいのに」、なんてサッカーと関係ないことを考えた。私の古い友人が、もう十何年も人前に出てこない。人が大勢いるところは怖いのだそうだ。それを考えると雅子様も、苦しいだろうなぁと思ってしまう。心が休まるように、もっともっと自由にさせて差し上げればいいのに。

スペインと言えば、ナダルもサッカーが気にかかっているみたいね。ウィンブルドンの試合を早く終わらせて、サッカーを見たいと言っていたらしい。叔父さんが仏W杯サッカースペイン代表だったそうだ。

ナダルはやはり芝は苦手みたい。クレーほど圧倒的ではなかった。それにテニスウェアもちょっとダサい。

普段は、精悍な面貌、浅黒い肌に緑のウェアやバンダナがよく似合う。だけどウィンブルドン規定の白だと、ランニングにステテコ+鉢巻に見えてしまう。駱駝の腹巻をしたら「バカボンのパパ」だよ、と言ったら「えー」と娘に叱られた。

最近、息子がサッカー全日本級という方と話をした。「全日本」と言うあたりに年齢が感じられる。

セレクションの時、技術が上の選手は沢山いたが、どういうわけか選ばれた。その理由は「足の速さと体幹の強さ」だったそうだ。

中高校生くらいまでは日本は世界トップレベルだそうだ。その後が難しいらしい。それはコーチの問題だと言う。日本もコーチが世界トップレベルになる必要があるとのこと。

それとブラジルが今は有望選手が少なくなっているそうだ。街角サッカーから這い上がってくる選手が以前ほど多くないとか&ハングリー精神に欠けるとか。

「ユーロを見ていると、いろんな国にブラジル出身者がいて、相変わらずブラジルはサッカー大国と思うけど」と言うと、「最後の世代じゃないですかね」。

ふ〜ん。「アフリカ時代ですか?」

「いや、アジアですよ」
「中東?」
「いや日本!(笑)」

息子さんに期待します。
0

2008/6/26

ネジ花  季節

今年も「ネジ花」の季節になった。芝生の中で咲いている。

クリックすると元のサイズで表示します
ネジバナ

右巻きと左巻きがあるそうだ。これは右巻きかな?

埼玉の田舎に住んでいた頃、この花を見たことはなかった。横浜に転居してから、身近な花になった。

横浜、公園の芝生、というだけで、何やら西欧のイメージがある。

ネジバナのまたの名はモジズリ(捩摺)。モジズリといえば、

百人一首・古今集の
「みちのくのしのぶもじずり誰ゆえに乱れそめにし我ならなくに」

伊勢物語の第1段「初冠」でも使われている。教科書に載っていた。

こんな和風と「ネジバナ」とはイメージが一致しない。

ということで調べてみたら、この歌と「ネジバナ=モジズリ」は関係ないそうだ。

シノブの茎や葉の色素を布にすりつけて表したねじれたような模様。また、そのすり模様の衣服。昔、陸奥(むつ)の国信夫(しのぶ)郡(福島県福島市)で産した。もじずり。しのぶもじずり。(大辞泉より)

疑問が解決。

0

2008/6/25

さらに考える  サッカー(代表)

(6/26読みにくいので少々訂正しました)

バーレーン戦からの帰りの電車の中で、男性二人がサッカーについて語り合っていた。ユーロや、代表の戦いぶり。そして「おばさん4人組」のこと。

「おばさん達、選手にキャーキャー言う。遠藤選手ってかわいい、とか言うんだよ。驚いたな」「サッカーでそういうのを見に来る人もいるんだな」「でも、ファン層が広がるのはいいことだよ」

この「おばさん4人組」は私とは関係ない、全く知らない人たちのことです(笑)

でも似たようなものか。

私もサッカーをしたことがあるわけでもなく、何にも知らないミーハーファンだ。でもサッカー観戦を続けていると、なんとなく感じるものはある。

以下、3点について。

1.内田のゴールにマリノス03年劇的優勝時の久保のシュートを重ね合わせた人もいたらしい。

あの時と同じように、「勝ちたい気持ち」がゴールに結びついたと。

でも、違うと思うんだよm(__)m

あの時も確かに雨が降っていた。ロスタイムのふんわりシュートで勝利、も同じ。

でも一方のチームは優勝がかかっていた。一方のチームにもわずかながら優勝の可能性があった。だから優勝を賭けた試合だった。消化試合ではなかった。

そして、一方は開始早々点を奪われ、しかもGKが一発退場だった。10人での戦いだった。

それでも、ではなく、それゆえに戦いぶりは果敢だった。リードしている方が逆に受身でひどく消極的だった。同点は時間の問題だった。

判定に文句を言う選手がいると、監督とコーチが「もういいから走れ」とピッチ際まで出てきて、激しく指示した。

選手は走りぬいた。

だから、「勝ちたいという気持ちがロスタイムのゴールを生んだ」のは心から納得できる。その後の優勝はごほうびだったね。

選手の気持がひしひし伝わった。絶対こんな形で負けたくはない、ホームで相手の優勝を見たくない。勝つんだ!

バーレーン戦ではそれほどの強い気持ちは感じられなかった。あったとしたら、私の見なかった10分だ。それではあの90分間のジュビロ戦とは違う。

2.さて、もう一つ。これはよく言ってくれた、という李国秀さん(「junyaーishikawa blog」より)

「初キャップの本田は物足りなかった。速さで勝負するタイプでないとはいえ彼のところで攻撃のテンポが落ちてしまった。」

「このシリーズを通して、代表レベルの選手に達しているか否かと観た時に本田選手は無理だと考えます。」
〜〜引用終わり〜〜

私は前から本田圭選手が好きじゃない。本人が自負するほど(偉そうなことを言うんだよね)の選手じゃないと思ってます。(本田選手のファンごめんなさい)

3.もう一度岡田監督について。

(1)岡田監督は限られた時間・戦力の中で、結果を出すことには手腕を発揮する監督だと思う。

でも、その上積みはどうなのか。ジョホールバールの後のW杯本番。2連覇の後のマリノス。

新たな段階にチームを引き上げられたのか。

その点でとても不満がある。

(2)もう一つ、「いくら監督がこうやれ、と言ってもやるのは選手だから、選手が考えなければならない」みたいなことを言うでしょう。それも?だ。

昨日の朝日新聞に載っていた大黒のインタビュー記事。
「戦術の決めごとも細かい。監督のやりたいサッカーがはっきりしていて、それを理解していないと試合にも出してくれない。練習で点を決めても『そうじゃない』と言われることもある」

戦術のきめごとも細かいんだって。

杉山茂樹さんの「4-2-3-1」を読むと「戦術」は重要だなぁと思うしね。監督の力が大きいと思う。

さて、明日未明の「ドイツ−トルコ」戦は岡田監督が解説だ。どんな解説をするのか楽しみだ。本当は「ロシア−スペイン」を解説してほしいけどね(これも解説するのかな?)。

3日間にわたってバーレーン戦について、いろいろ書きました。私の不満が最終予選で解消されることを望みます。

今日は俊輔の「察知力」(幻冬舎新書)を買ってきた。これから読みます。
0

2008/6/24

バーレーン戦で考えたこと  サッカー(代表)

昨日、急いで書いたので、いろいろ誤りがありましたm(__)m。とりあえず訂正しましたが、まだ間違っているかも

なんか、勝つと有頂天、ぱっとしない試合だとブツブツ文句ばかり、って我ながらレベルが低いなぁと思う。

あの試合、「運が良くて勝てただけ」という意見と、「運で片付けるな、勝ちたいという気持ちの強さが勝利を呼び込んだ」という意見があった。

この試合は正直言って、消化試合だった。昨日、勝っても負けても大した問題じゃない、と書いた。だから、「運」だとか「気持ち」だとかはどうでもいい。重要なのはどのような内容だったか、だと思うんだ。

岡田監督は「一度負けた相手に二度と負けない」「プライドを賭けた戦い」と言った。しかし、後半30分くらいまで、チームからそんな強い気持ちは感じられなかった。淡白だった。

さすがにこのまま0−0じゃ情けない、と思ったのか、30分過ぎから、必死さが見えるようになった。サポーターだって、黙っていられない。ゴール裏の応援の声はぐんと大きくなったし、観客席からは叱咤激励の声(或いは罵倒)の声が飛んでいた。

(これって、ドイツW杯の予選でもよくあった風景だ。いつもギリギリ勝利)

巻が出てきたあたりで私は帰った。80分の戦いぶりでもう十分だと思った。

日本が勝ったのはよかったし、監督・選手の勝ちたい気持ちも、勝たせたいサポーターの気持ちも尊いものだと思う。

だけど、日本の戦いぶりは、大いに問題がある。ペナルティエリアの近くまではボールを運ぶんだから、それから先に、もっと工夫が欲しい。あのバーレーンの守備を破るには策が足りなかった。

バーレーンの守備を打破するのが「勝ちたい強い気持ち」じゃ、駄目なんじゃないの。

このことを言う人があんまりいない。湯浅健二さんはべた褒めだしね。誉めている場合?

バーレーンのマチャラ監督はこういったんだよ。
「(日本は)最後はわれわれのGKのミスによって勝利した。(略)日本には有数のプロフェッショナルの選手たちがいてヨーロッパでプレーする選手が何人もいるが、バーレーンの選手は、海外でプレーする選手もクウェートとカタールでプレーする数人がいるだけで、残りの選手は国内でプレーするアマチュアだ。」

もっと内容を吟味して然るべきじゃないか。

私は岡田監督の「選手が泥臭く点を取ってくれたことが嬉しい」には違和感がある。スマートにカッコよく点を取って欲しい。圧倒的に強く、勝ってほしい。

セルジオ越後さんの意見に賛成。

「しつこいくらいにサイドから仕掛けるとか、緩急をつけて相手ペナルティーエリア付近で勝負したり、スルーパスでDFの裏を狙うといったことを積極的に」しなくちゃ最終予選も厳しいと。

6月2日のオマーン戦は多彩な攻撃が少しは見えたような気がした。とはいえこのオマーン戦でも後半は工夫がなかった。今になると、結局相手が弱かったのかなぁという気さえする。

一ヶ月間、厳しい戦いをしてきて、チームに連係やら、判断の早さやら、運動量とか上積みができたのだろうか。バーレーン戦の80分を見て成果が感じられなかった。

(追記6/26:スポナビに宇都宮徹壱さんの試合評があった。同感)
 
「極論するなら、これが現時点における日本代表の実力なのである。しかも残念なことに、今の代表からは劇的な飛躍を予感させるだけの伸びしろが、まるで感じられない」

「これまで『格下』と勝手に思い込んできたバーレーンに対し、トータルで互角の戦いを演じてしまったという現実を、われわれは重く受け止める必要がある。確かに、試合には勝った。だが、われわれの『プライド』は、ものの見事に打ち砕かれたのだ。」
〜〜追記:引用ここまで〜〜

戸塚啓さんの意見。

「岡田監督が『チームのまとまり』をしばしば口にするようになってきた。この日の記者会見でも『ひとつのチームになってきた』と繰り返している。」

「ただ、あえて『一体感』を強調しなかったオシム前監督のチームにも、しっかりとしたまとまりはあった。岡田監督が『チームになってきた』と言うたびにジーコを思い出し、僕は少し不安な気持ちになる。」

〜〜引用終わり〜〜
そうなんだ。「勝ちたい気持ち」とか「泥臭く」とか、もういい、と言いたい。「チームがまとまってきた」なら圧倒的にスマートに勝ってちょうだい!!

時々、私はなぜこんなに不満なんだろうと考える。と気づくのは、日本は「アジアを越えた」のではなかったのか、という思いだ。

つまりトルシエ時代の2000年アジアカップ・レバノン大会。あの日本代表は圧倒的に強かった。その後、選手はうまくなり、経験も積んだ。日本チームもW杯に02、06年と出場した。

それなのに、一向に進歩したという気分になれない。

特に、バーレーン戦の22日は早朝オランダ対ロシアの試合と見てしまった。ヒディングの指揮するロシアの戦いぶりを見てしまったのだ。

ああいうサッカーを見たい。渇望感は深い。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ