2008/6/17

散歩で出合った記念碑  旅・散歩

先日、野毛山〜藤棚商店街まで歩いた時に見かけた記念碑。

野毛山にある佐久間象山顕彰碑。
クリックすると元のサイズで表示します

横浜開港100周年を記念して建てられたと言う。もうすぐ150周年だから、約50年前か。

佐久間象山はペリー来航時、横浜にいて、幕府に対して諸外国との通商と横浜開港を強く推したと言う。横浜開港の父だね。

象山は、幕末物歴史劇では必ず出てくるが、自信過剰な嫌味な人物として描かれることが多い。

しかし、とにかく当時としては傑出した知識人だった。吉田松陰も彼の弟子。惜しいことに尊皇攘夷派に京都で暗殺された。視野の狭い頑迷な人々に、一歩先に世界を知った人々が無残に圧殺されてしまう例は象山に限らない。今もそうかもしれない。

数年位前だっか、彼の出身地松代を訪れた際、佐久間象山記念館に行った。驚くべき才能だと言うことが実感できた。

この時は、松代藩主・真田邸や真田宝物館、皆神山・大本営地下壕(戦争末期に東京の重要機関を移設するために作った地下壕)にも行った。この地下壕は戦争史跡の一つ。

松代というと、40年くらい前、群発地震で有名だった。あれは何だったのだろう。今はもうないのだろうか?

野毛山公園にはもう一つ中村汀女の句碑「蕗のたうおもいおもいの夕汽笛」がある。汀女は横浜に住んでいたことがあるので、横浜にちなむ句として、この句碑が建てられたようだ。

この句はあんまりピンとこない。「蕗の薹」が題材なのはいいけど。

汀女の句で好きなのは、有名な
「咳の子のなぞなぞあそびきりもなや」

その他に、
「引いてやる子の手のぬくき朧かな」
「外にも出よ触るるばかりに春の月」
「走り出て闇やはらかや蛍狩」

優しくてきれいな句だとおもう。汀女というと、あの白髪上品なお顔立ちと着物姿、意外な熊本弁の訛りある話し方が記憶にある。

野毛山公園についてはこちらが詳しい⇒横浜線沿線公園探訪・野毛山公園

クリックすると元のサイズで表示します
藤棚町の丘にあった「希望が丘高校発祥の地」の記念碑。

こんな所にこんな碑が?!と驚いた。希望が丘高校は今は相鉄線の「希望が丘」にあるはず。

希望が丘高校はそもそも神奈川一中、一高だった。沿革を見ると明治30年(1897年)に尋常中学として開校。その後神奈川一中となる。この間、名称は色々変わる。昭和20年5月空襲により校舎消失。六浦へ移転、昭和25年希望が丘高校と改称。26年保土ヶ谷区二俣川町に移転。現在地旭区南希望が丘。

神奈川(横浜)一中が、横浜駅からこんな離れたところの山の上にあったのかと、ちょっと不思議だ。明治の頃は、交通・生活の便がよかったのだろうか。教育にふさわしい地だったのだろうか?

ニ中だった横浜翠嵐高校も考えてみれば、横浜駅からやや離れた三ッ沢の山の上だ。似たようなものかもしれない。

横浜の県立高校は山・坂の上にあるのが多いような気がする。坂の多い街のせいだね。あ、臨海部は平坦地だ。一概にはいえないか。

散歩は、有名場所でなくても、思いがけないものに出合うから面白い。歴史や文学の勉強になるなぁ。
0

2008/6/16

今日は短く  サッカー(その他)

宮城内陸地震の被害の実態がわかるにつれ、その凄まじさに驚くばかりだ。阪神淡路地震の5倍という数字はどれ程のものだったのか。あの崩壊した山はこんなことが起こるのかと恐ろしい。

戦後入植して森を開墾し、農業を営んでいた人々。どれ程の汗を流したことだろうか。「最後がこれなのか」とため息を漏らしていた老人に、慰めの言葉は思い浮かばない。

被災者の皆様にお見舞い申し上げます。

さて、今日未明のユーロも激戦だった。試合のレベルの高さ、劇的展開の面白さもさることながら、サッカーの試合を見る楽しさは、その国の民族、文化、歴史を垣間見ることができることだ。

またラテン系、ゲルマン系、スラブ系は外見も違うとか、人種的特徴も興味深いし、地理的な或いは歴史的・政治的関係を再確認できる。また、移民の状況とか現状も知ることが出来る。サッカーに限ってもいろいろな因縁話があるしね。

そんな中、後藤建生さんの
【後藤健生コラム】かつて欧州サッカー先進国だった「中欧」諸国歴史を知れば現代サッカーの観戦も面白さ倍増!を読んだ。

ACミランを作ったのは英国人で、最初の「FCミラン」が「ACミラン」になったものの、「ミラノ」でなく、英語読みの「ミラン」はそのまま残っているとか、

英国人以外が作ったのが「国際的なクラブ」という意味で名づけられた「インテルナツィオナーレ・ミラノ」(インテル)だったとか。こちらは「ミラノ」だね。

また、FCバルセロナを作ったのはスイス人だったとか。

知れば知るほど面白い。

日本のことでは武藤文雄講釈師が「長沼健」さんを偲ぶ文章を書いている。これもいろいろ教えられた。長沼健氏逝去(上)、 (下)。ぜひご一読を。

また、別の話だが、マリノスサポのマスター氏のブログ「フットボールは未来の兵器である」が久しぶりに更新(「個人的なご報告」など)された。相変わらずの多読ぶりです。再び本の話や音楽の話を読めるのかと思うと、素直に嬉しい。

例の事件は不起訴だったそうで、あの大きな神奈川新聞の記事は何だったのだろうか、やっぱり何らかの意図があったのだろうか、などと穿った見方をしたくなる。

ともあれ、マリノスの強力な応援者が戻ってきたことを喜びたいと思います。
0

2008/6/15

サッカー観戦三昧の雑談  サッカー(代表)

タイ戦は快勝でよかったですね。最終予選進出も決定したし。テレビからも日本のサポーターの声がよく聞こえた。応援に行かれた皆様、お疲れ様そしてありがとう。

いよいよ本当のW杯予選が始まる。どの組に入るかが大きなポイントらしい。それと厳しい日程。Jリーグやナビスコ、ACLもある。日程はもっと考えないといけないと思う。欧州と違ってアジアは広すぎるよ。

タイ戦は力の差があるから勝つとは思っていたけど、それでも何が起こるかわからないのがサッカーだから、2点目を取るまではヒヤヒヤしていた。小心者なので。

試合終了後、川口が俊輔に話しかけていた時の表情が柔らかくて、とてもよかった。川口が胸のところを叩いていたのは「気持ちがみんなに通じた」とでも言っていたのかな(妄想)。

山瀬が出ていないのは驚きだったが、岡田監督はメッセージを込めたみたいね。

今日の朝日新聞、中鉢記者の記事は、日本の課題を具体的に書いていた。これはジーコの時にはなかった。試合後の選手のコメントも具体的。

「もっとサイドチェンジを仕掛けて相手を横に広げて、そこから壁パスで崩したい」(松井)

この試合ではないけど、サッカーダイジェスト6.24号の「中村俊輔・戦記」(オマーン戦)も実に細かく具体的な話だ。

彼らは問題点がよく見えているのだと思う。

これらと比べて、6.12カメルーン戦後の本田はアバウトだ。「(略)ただ、後半は意図するサッカーができなかった。身体能力の差なのか、何なのか、これからピデオを見て分析する」。試合中には課題が見えなかったようだ。

6.11朝日・忠鉢さんの記事「俊輔先輩のリーダーシップ」。俊輔が内田や長友に連係を作るために試合前も、試合中も、試合後もコミュニケーションを取っていると書いている。

「『試合中も周りとの連係を作った』(中略)『詳しくは言えないが、俊さんに連係を教えてもらった』(内田)(中略)「中村の出したパスと出さなかったパスがどう動いていたらいいかを内田に教えていた」

俊輔も、松井も、長谷部も、最新のサッカーに日々触れているわけだから、日本に足りないものがはっきりと見えるのだろう。問題を解決するのは「連係」だから、このチームの中でもっと熟成してほしいと思う。彼らの経験をぜひ生かしてください。

先の「俊輔先輩」の記事。衝撃的な文章がある。
続きを読む
0

2008/6/14

ユーログループC・TV観戦  サッカー(その他)

夜、ジャスミン茶を飲んだら、眠れなくなってしまった。ポットに残っていた濃いのを飲んでしまったせいだと思う。

それで、そのままユーロ2008グループC「イタリア対ルーマニア」を見ることにした。これが面白くて眠気は完全に吹き飛んだ。

イタリアはオランダに3−0で負けているから、この試合はどうしても勝たなくてはならない。最初から積極的だった。次々と攻撃の手を繰り出してくる。受けるルーマニアも瀬戸際で強い。

イタリアのクロスの速いこと。ポワーンというクロスは皆無。ちょっと当てればそのままゴールするような強くて早いクロスだ。

でもどうにもゴールをこじ開けられない。トーニのシュートが枠を捉えきれない。捉えたのは微妙なオフサイドで取り消された。

でも前回の試合より自分勝手なプレーは減ってチームプレーを心がけているように見えた。デル・ピエロもいい動きなんだけどね。二人のゴールを見たい。

ルーマニアはムトゥに任せているような攻撃だった。

前半にルーマニア選手同士がヘディングでぶつかって、一人が電動自動車で運ばれて行った。立ち上がれず、目のところにガーゼを当てていた。車に乗せる時もすごく慎重だったので重傷のように見えた。もう一人は額にガーゼを貼った。血が出ているようだった。ヘディングの時痛いだろうなぁ。

こんな事故があってもルーマニアの闘志は衰えなかった。

後半、ザンブロッタの信じられないミスから、ムトゥがゴール。ヘディングのバックパスをかっさらった。イタリアが押していただけに「え〜?!」と絶句してしまった。

イタリアはすぐに反撃。CKをバヌッチが押し込んだ。イタリア選手も知らない人が増えた。ガッツゥゾも出てないし、アンブロジーニも出ていなかった。

同点でイタリアガンバレ!の時にPK献上。なんかイタリアに厳しい審判だったね。「イタリアさよなら」と思った。

が、ブッフォンが止めた!その時の雄叫び。深夜なのに、ウチでも声を挙げてしまった。(本当に酔狂なことに、家族3人で見ていた)

でもイタリアは勝てませんでした。でも「即敗退」ではないのが救い。

次のオランダ対フランスも勢いで見た、といってもカイトの得点が決まった後は夢うつつで、後半目を覚ました時にオランダの素晴らしい2点目が決まった。あの速さはすごいよ。

でも、フランスもアンリの得点で2−1と1点差になる。まだわからないぞ、と思っていたら、3点目が入り、万事休す。オランダは更に1点を加えて4−1。オランダ強し。

試合後、オランダ選手達は観客席一番前にいた家族のところへ行き、子供達を抱き上げた。子供達がみな超カワユイ。

ライブで見たのはオランダ−イタリアと、この2試合だけ。あ、ドイツークロアチアは最初の方だけ見た。ドイツがU23日本代表並に遅くてどうしたんだろう?と思った。翌朝負けたと知った。

後はスポーツニュースのハイライト。オーストリアのPKを決めたヴァスティッチは懐かしい。「男爵」って雰囲気。守る方のGKはセルティックでおなじみの選手だ。知ってる顔で面白かった。

セルティックと言えば、MBLのファイナルにボストン・セルティックスが出ている。やはりユニフォームは緑なんだね。朝家事をしながら、チラッと見たら、LAレイカーズの応援にジャック・ニコルスンやウィル・スミス、ジャスティン・ティンバーレイクとか映っていたね。

試合はレイカーズが2レグで20点くらい差をつけていたので、決まりと思ってテレビを消した。なんと夕刊を見たら、セルティックスが「王手」だって。逆転。面白い試合だったろうね〜。

やっぱりスポーツはライブに限る。でも体力が続かないし、こんなことに熱中するなんて「おばか」もいいとこ、と反省する。

でも、今日は代表のタイ戦がある。深夜はスウェーデン対スペインがある。困ったものだ。
0

2008/6/13

別の試合?カメルーン戦  サッカー(代表)

(今回も長文です。書いているうちに色々思い出してしまう)

U23の日本代表対カメルーン代表戦。試合評を読むと、どれも評価が高い。反町監督も手ごたえを感じているようだ。

同じ試合の話だろうか。

「日本は連動性があって、スピードがあった。」

そうか?そんな見ごたえのある試合じゃなかった。私は何を見てきたのだろうか?別の試合?

クリックすると元のサイズで表示します
朝は大雨だったが、この時間は夕焼け。

仕事の後、娘と待ち合わせて外苑前に。周富徳さんの店でラーメンを食べて、7時少し前に国立着。Nzさんが良席を確保しておいてくれた。ありがとうございます。

先発発表。田中裕介くんが先発だったので、見に来た甲斐があった。

本田拓は何故反町監督が重用するかわからない、上田麻也ってどこの選手だっけ?梶山は10番にふさわしいかな?などと勝手なことを話す。

クリックすると元のサイズで表示します
キックオフ。

最初の好機。梅崎→森本。これを決められないんじゃFWとは言えない。森本はこのビッグチャンスを逃してから、プレーに精彩を欠いた。動き方が周りと合っていなかった。周りが森本を生かすこともできなかった。

私は裕介の動きがとても気になった。Nzさんは梅崎が気になったみたい。裕介は無難に務めていた。梅崎、谷口は頑張っていたね。
クリックすると元のサイズで表示します
12番田中裕介

あのちょっと惜しかった攻撃。裕介の大きかったかな?と思ったクロスは梅崎が巧く合わせた。が、間一髪相手GKに防がれてしまった。

裕介は積極的に上ろうとしたけど周りが遅い。ボール持ちながら、どこに出そうか迷っていた。「上がれ上がれ!」と観客は叫んだけど、停滞。

「ここはオマーンじゃないんだから、もっと走れるはず」。とても涼しい気候。

すごく慎重、すごく鈍重。誰かが前線にボールを運んでもMF・FWみんなが足を止めて様子を見ている。「動けよぉ!」と声が上がる。

左右にだって、前後にだってもっと動けるだろうに。

一方カメルーンも体格はいいけど、あんまり動きはよくなかった。「時差ぼけ?」と言いたくなった。攻撃も散発。

一番元気だったのは、カメルーンの応援団だった。大きな声援がよく響いていた。見ると7〜8人しかいないんだよね。

カメルーンの唯一のチャンスはCKからのヘディング。これは西川がかろうじて防ぐ。反射神経がいいねぇ。西川は抜群。

ハーフタイム。ゴール裏で嬌声が響く。何?と見ると背広姿の男性がいる。体格がいい?釜本さん?で、ワンセグをつける。野球の古田さんだった。反町監督と対談したのは知ってるけど、何故彼がレポーターをするの?訳わかんない。

後半開始。カメルーンの選手交代。入る選手が「オレオレ」なので思わず微笑んでしまう。アフリカの選手は「ン」から始まる選手が多いので、それも面白い。

森本に代えて李くん。彼の方が点を取れそうな気がした。後半開始時に代えても良かったと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
7番水野

06年秋、私はこのチームは「水野のチーム」と書いた。今は様変わりだ。

(この時もチームについて私は同じことを書いている。)

水野は後半途中から出場するが、なかなかボールに触れない。でも終盤にいいスルーパスとFKがあった。梶山とか、本田圭のスルーパスはほとんど決まらなかった。DFが簡単にカット。
(イニエスタ→ビジャのあのスルーパスはすごかったなぁ。)
クリックすると元のサイズで表示します
最後惜しかったFK。本田圭と水野。

次々に選手交代した。出てくる選手が豪華だった。この年代、層は厚い。でもチームの芯はあるのだろうか。大守護神・西川以外は固まりきれないように感じた。

本田圭はボールが集まっていて、彼が今日の試合のキーマンかもしれないけど、本人が自負するほど、抜きん出た力はないよ。展開力に疑問。またヒールパスを失敗すると、「決まらないヒールなんかすんな」と厳しい声が飛んだ。

このチーム、声を出し合っているのだろうか。カメルーンのGKの声が一番聞こえていた。

観客も少ないし、選手の動きも緩慢だし、勝負のかかった試合でもないし、何だかまったり、ゆったり、のんびりのゲームだった。草サッカーを応援する家族のような雰囲気。「癒しのゲームだね」なんて言い合った。

でも、試合評はどれも高評価。プロが見るとそうなのかなぁ。どうしても高評価の理由がわからない。

クリックすると元のサイズで表示します
ピッチを一周。手を挙げているのが西川。上機嫌でニコニコと手を振っていた。その後ろに裕介。まずまず。森本は渋い表情。

キャァキャァ若い女性たちの声が響いていた。ウチワとかまるでジャニーズのようだった。ギャルじゃないのに「谷口〜」と連呼している女性もいた。いつものサッカー観戦とあまりに違うのでびっくりびっくりだった。

代表18人がもうすぐ決まる。反町さんも山本さんのように迷走せず(既に迷走気味だけど)、腹をくくって選手を選んでください。もっと熱い戦えるチームに!

0

2008/6/12

五輪代表カメルーン戦  サッカー(代表)

観客一万5千人。この試合を見に行く人はかなり物好きかも。

朝、大雨だったのでバイトに出かける時から万全の支度。大荷物。こんな思いまでして観戦に出かけた。

それで、あの試合かい、という思い。

なんていうか、「癒し」のゲーム。ピリピリ感・緊迫感なし。選手は走らない、様子見ばかり。

観客ものんびり観戦。大体選手がわからない。どこのチーム?歳幾つ?なんて言いながら見てる。

後ろの方では若い女の子たちが「もりもと〜♪」と叫んでいる。ゴール裏もキャアキャア声が多かったね。

何なんだろう、この空気。

まぁ、詳しくは明日書きます。
0

2008/6/10


今日は4時に起きて、「オランダ対イタリア」を見た。いやぁあれほど差がついてしまうなんて。

最後の方は、まるで全仏決勝のナダル対フェデラーみたいに一方的になってしまった。ナダルはやっぱり強かった。試合時間も短かったね。ウィンブルドンもナダルが取りそう。それくらい、圧倒的に強かった。

オランダの1点目は、ちょっとイタリアに気の毒のような気もした。でも、2点目は素晴らしかった。イタリアのCKくずれから一気にゴール前に運び、あっさりゴール。

「あっさり」と見えるけど、その際の左サイドへ大きく出したボール、右へ振って、ヘディングで落とし、それをそのままシュートと、卓越した技術がある。そして、みんなよく走っている。

オシム前監督が「日本選手はもっと走らなければなりません」と言ったこと。「技術のある選手は走らないで良いと思っている。それは誤りです」と言ったこと。

オランダのプレーを見ていると、「あぁ、こういうことか」とよく理解できる。

とにかく、プレーが早い。足も早いし、パスも速いしシュートも速い、判断も早い。

欧州サッカーは面白い、欧州サッカーを見ていると日本サッカーなんてレベル低い、日本は当分追いつけないね・・・云々の言葉は「その通り」と思ってしまう。

その通りだけど、でも日本やJリーグを応援するよ。つまんないというのと、応援するのは別の問題。

イタリアは3点差完封負けは痛い。トニが決めてればね。フリーの味方がいるのに打ったり、完全フリーなのにふかしたり、パっとしなかった。

2点取られてからのイタリアの攻撃は迷いがあった。守備もバタバタしていた。カンナバーロの不在が大きいのだろうか。

結局今日は4時間しか寝ていない。毛布を洗ったり、梅ジュースを作ったり、梅酒をつけたりしていたら、ずっと起きてしまった。

早起きも悪くない。NHK教育の英語番組「赤毛のアンを読む」なんか見てしまった。マシューが死んだ夜、アンとマリラがしみじみ話す場面だった。朝からジーンとして涙が出ちゃった。

さ、早寝早起き。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ